友人に500円貸したら借金のカタに妹をよこしてきたのだけれど、俺は一体どうすればいいんだろう 2
読みたい読んだ
読みたい
読んだ

友人に500円貸したら借金のカタに妹をよこしてきたのだけれど、俺は一体どうすればいいんだろう 2

ひと夏のワンルームドキドキ 同棲生活第2弾!!
著者: としぞう (著者) / 雪子 (イラスト)
シリーズ:友人に500円貸したら借金のカタに妹をよこしてきたのだけれど、俺は一体どうすればいいんだろう(ファミ通文庫)

  • BOOKWALKER電子版
  • Amazon紙書籍

あらすじ紹介

「でも、先輩は今、私と暮らしてるじゃないですか!」
兄の借金(500円)のカタとして白木求の部屋に押しかけてきた宮前朱莉。絶世の美少女との同棲生活は、小さなアクシデントはありつつも何故か順調にすぎていた。とはいえ朱莉は受験生。求と兄と同じ大学を目指す彼女のために、オープンキャンパスに同行することになった。そして当日の朝。「きちゃった」と、懐かしくも見知った美少女が、いきなり求の部屋を訪ねてきて――!? 朱莉の親友りっちゃん襲来&オープンキャンパスに海水浴! 思わぬイベント満載の、ひと夏のワンルームドキドキ同棲生活第2弾!!

みんなのデータ

  • 9
    評価する
  • 12
    読みたい

みんなからのレビュー

  • 芳樹

    【BW】兄の借金の形となり「嬉々として」求のもとにやってきた朱莉との同居生活も早二週間。煩悩を理性でねじ伏せ何事もなく過ごしていたところに、朱莉の親友りっちゃんが突如やってきて…。オープンキャンパスや海水浴とイベント満載の第2巻。健気に迫る朱莉に対し、「好意のはずがない」という求の自信のなさはどこからくるのか。同衾まで許しておいて…。そんな求は朱莉が帰ってしまう残り数週間で彼女の想いを自覚して、彼女に答えを出してあげられるのか。続きを楽しみにしています。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • よっち

    小さなアクシデントはありつつも、何故か順調過ぎていた朱莉との同棲生活。そんな二人が生活する求の部屋に、突然朱莉の親友みのりが襲来する第二弾。朱莉たちの前に突如現れた彼女の親友みのりと求の意外な繋がり。二人と一緒に行くオープンキャンパスや海水浴だったりとイベントが続く中で、朱莉は求との距離を縮めようと一生懸命アプローチしていて可愛かったですけど、求の筋金入りの鈍感っぷりはほんとなかなか手強いですね…(苦笑)そんな展開が微笑ましかったからこそ、その後にあったみのりの過去エピがまた違った意味で印象に残りました。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • nishiyan

    小さなアクシデントはあるものの朱莉との同棲生活を順調に過ごしてきた求。そんなある日、二人の元に朱莉の親友りっちゃんこと求とは旧知の仲のみのりが強襲する本巻。オープンキャンパスに海水浴&旅行とイベント満載で結愛&みのりのサポートを受けながら求にグイグイ迫るも要所でヘタレる朱莉が愛らしい。しかし他人の好意を受け入れたら死ぬ設定でもあるのかと思うぐらい求の鈍感さには…(笑)。みのりの過去話といい、ヒロイン陣がこうも報われないのは可哀想すぎる。このドキドキの夏休みも終盤を迎える次巻がどうなるのか。楽しみです。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • rotti619

    兄の借金のカタ(500円)と称し、なし崩し的に夏休みの間主人公歩の元へ転がり込んできた朱莉との同居生活も後半、相談相手のりっちゃんの登場やオープンキャンパス、泊りがけの海水浴と、夏を満喫する第2巻。りっちゃんと歩の意外な関係や従姉妹の結愛との近すぎる距離感等、朱莉の心配は耐えないが基本的には歩と馴染んでイチャイチャ生活を送っていた。歩の鈍感具合も半端ないが、朱莉の方も現状に満足していて中々踏み込めずにいるが、残り日数的に間に合うのだろうか不安になる。最後のりっちゃんの独白は気持ちがわかるだけに切なかった。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • サキイカスルメ

    今回は朱莉の親友りっちゃん襲来と、みんなで海に行く夏を楽しむ2巻。面白かった。可愛い!やっぱり可愛いピュアラブコメよい。今回は少しの間だけ同居少女が増えて、主人公求にとって朱莉という存在の特別さが少しわかった感じなのかなと。求と朱莉の2人だけだと、ほわほわした状態のままだったのでりっちゃんの後押しは必要でしたね。初々しいカップルっぽい求と朱莉のやり取りも大好きなので、同衾事件や海でのお嫁さん発言とか可愛くてよかったです。楽しい同居生活も終わりが見えてきて、どうなっていくのか。続きも読みたいです。 続きを読む…

    ネタバレあり
powered by読書メーター

製品情報

  • レーベル
  • 発売日
    2022/03/30
  • 定価
    748円(本体680円+税)
  • ISBN
    9784047369313

感想をシェアしよう

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える
Close
この作品を評価しよう!
Excellent!!!
Very Good!!
Good!
評価入力した作品の著者とイラストレーターは新刊通知の対象として登録するよ。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
この作品の感想を3つ選択してね!
評価と感想はキミのパートナーが記憶するよ。
たくさん登録をしてね!
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
Close
Close
注意
この作品の「読んだ」を取り消しますか?
あなたの評価と感想が削除され、
本棚からこの作品がなくなります。
はい。取り消します。
キャンセル
注意
この操作を取り消しますか?
はい。取り消します。
キャンセル
エラー
ログインして下さい。
ログイン
キャンセル
成功
本棚の「読みたい」に追加しました。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
OK