神狩 1〈下〉 英霊殲滅戦線
読みたい読んだ
読みたい
読んだ

神狩 1〈下〉 英霊殲滅戦線

殲滅せよ――最強の偉人を、護国の稀人を、悪辣たる神を
著者: 安井健太郎 (著者) / kakao (イラスト)
シリーズ:「神狩」シリーズ(オーバーラップ文庫)

  • BOOKWALKER電子版
  • Amazon紙書籍

あらすじ紹介

殲滅せよ――最強の偉人を、護国の稀人を、悪辣たる神を

「稀人は神だ。しかし、よくない神だ。お帰り願おう――それが、神逐(かんやらい)さ」
その日、政府転覆をもくろむ由井正雪(ゆいしょうせつ)の企てが現実のものとなった。
大火に包まれた穢土(えど)には禍津神(まがつかみ)があふれ、そして割れた空からは護国の稀人が襲来。
禍津神を狩る「神狩(カガリ)」を生業とする征十郎(せいじゅうろう)は、これを殲滅せんと己に秘められた絶大なる力を開放する――。
そしてかの弓の名手・与一(よいち)、稀代の陰陽師・土御門各務(つちみかどかがみ)とともに戦い続ける征十郎の前に、正雪が現れるのであった……。
「八百万もいるんだ、ひとりぐらい増えたって誰も困らないだろうよ」
安井健太郎が綴る新伝奇バトルファンタジー。第1巻後編。

みんなのデータ

  • 0
    評価する
  • 1
    読みたい

みんなからのレビュー

  • よっち

    政府転覆をもくろむ由井正雪の企てが現実のものとなり、大火に包まれた穢土には禍津神が溢れ、そして割れた空からは護国の稀人が襲来。征十郎は、これを殲滅せんと己に秘められた絶大なる力を開放する第二弾。小夜や弓の名手・与一、稀代の陰陽師・土御門各務とともに戦い続ける征十郎の前に現れる正雪。柳生十兵衛も登場しましたけど、話し合いが平穏に終わるわけもなく今回も激しいバトルの連続で、さらには未来からやって来たものとまで戦ってしまう何でもありの展開はやたらスケールが大きいですけど、今後の物語の方向性が気になるところです。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • しぇん

    ちょっとアクセントのちょっと……、とは、一体?歴史上の偉人がごちゃまぜになってカオスですね。物語はどんどん進んでいきますが、安井先生らしく、歩くたびに戦闘シーンに突入な感じでした。物語の収拾つくのかが心配です 続きを読む…

    ネタバレあり
  • ひぬ

    政府転落を狙う由井正雪の企みを阻止しようと動く征十郎達ですが、防げずに穢土は大火に包まれてしまいます。禍津神が溢れ、そして護国の稀人も襲来し、絶対絶命になると思いきや、征十郎と小夜は対抗すべく、切り札を出します。会話が極端に減り、血飛沫が舞うアクション三昧の乱戦に次ぐ乱戦でした。様々な衝撃的な事実もあり、種明かしの連続でした。小夜自身も何かしらの秘密を抱えていたのは上巻の時点で明らかでしたが、二人してそうくるのは驚きでした。もちろんまだ謎もあって気になりますが、これは果たして続刊が出るのかな… 続きを読む…

    ネタバレあり
  • のれん

    剣劇も銃劇も神話も歴史もファンタジーもSFも全部やりたい!という野望を一作に詰めている。上巻で見せたスケールを飛び越える多次元世界には仰天。 和風『ナグナロク』と作者も語るものの、主人公が年の功なのか泰然自若としていて新鮮。もちろんロケットスタートのまま壁をぶち抜くような次々と増えるバトルと敵は相変わらずだが、ギリギリでも余裕な男に寄り添うヒロインの構図は中々画になってるのではないだろうか。 最後まで謎を増やすけど、かっ飛ばした爽快感が残るエンドは最早作者の味であろう。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • 秋良

    政権転覆の阻止をするはずが、ちょっと斬りあったりなんだりしてる間に未来からの侵攻を阻止する話に変わっていた。いやこれハヤカワあたりでがっつりSFにしてもいいんでは。まあ問題の解決手段は安定の「邪魔する奴はぶっ殺す」で、それを読みたいがために読んでるのかもしれない。最後まで完走してほしい。 続きを読む…

    ネタバレあり
powered by読書メーター

製品情報

感想をシェアしよう

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える
Close
この作品を評価しよう!
Excellent!!!
Very Good!!
Good!
評価入力した作品の著者とイラストレーターは新刊通知の対象として登録するよ。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
この作品の感想を3つ選択してね!
評価と感想はキミのパートナーが記憶するよ。
たくさん登録をしてね!
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
Close
みんなの感想
Close
注意
この作品の「読んだ」を取り消しますか?
あなたの評価と感想が削除され、
本棚からこの作品がなくなります。
はい。取り消します。
キャンセル
注意
この操作を取り消しますか?
はい。取り消します。
キャンセル
エラー
ログインして下さい。
ログイン
キャンセル
成功
本棚の「読みたい」に追加しました。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
OK