追放されるたびにスキルを手に入れた俺が、100の異世界で2周目無双 1
読みたい読んだ
読みたい
読んだ

追放されるたびにスキルを手に入れた俺が、100の異世界で2周目無双 1

追放されると強くなる青年が、最強になってニューゲーム!
著者: 日之浦拓 (著) / GreeN (イラスト)
シリーズ:追放されるたびにスキルを手に入れた俺が、100の異世界で2周目無双(HJ文庫)

  • BOOKWALKER電子版
  • Amazon紙書籍

あらすじ紹介

追放されると強くなる青年が、最強になってニューゲーム!

100の異世界で100の勇者パーティから追放された傭兵エドは、追放されるたびに超強力な「追放スキル」を手に入れ、いつしか最強の存在になっていた!
そんなエドは自分が追放された異世界が悲惨な結末を迎えたことを知る。かつて仲間だったエルフの少女ティアを救うため、最強になった彼は全てをやり直して100の異世界を再攻略する!!
2周目チートと超強力スキル×100をフル活用で、100の異世界を無双し直す、強くてニューゲームな異世界冒険譚!

パートナーのおすすめレビュー

  • 「ざまぁ」とはちょっと違う! 胸アツ追放ものを味わうッス!

    ディアナ
    ディアナ
    神の力で異空間に飛ばされた青年、エドが元の世界に帰る条件は「異なる100の世界で100の勇者パーティに加入し、100回追放される」こと。異世界ごとに勇者パーティから追放されたらクリア判定。ご褒美にスキルをひとつもらえるんスよ。なんだか面白そうな設定じゃないッスか!?

    けど最初のうちは荷物持ちなんかの雑用しかできないから、土下座をする勢いで勇者パーティに入れてもらうんス。で、最終的には「追放される」ためにそれなりに無能っぽく振る舞う、と。なかなかに厳しい立ち回りッスねぇ。

    そんなこんなで出会いと追放を繰り返し、ようやく100回達成。元の世界に帰る前に一つだけこれまで冒険した世界のその後を見ることができるっていうんで、エドが選んだのは一番最初に訪れた世界だったんス。高慢だけど仲間想いの勇者・アレクシス、なんでも筋肉で解決しようとする武僧のゴンゾ、明るいエルフの女の子・ティア。懐かしい彼らのその後どうなったんスかね…?

    ところがエドが目にしたのは彼らの世界がバッドエンドを迎えていたという事実。

    追放されたとはいえ、大切なかつての仲間たちを放っておけないッス! さあ、これまで引き継いだスキルと知識でかつての仲間を救いに行くッスよ! エドの二周目の冒険にワクワクが止まらないッス!
  • 最高のカタルシスが味わえる異世界二周目冒険譚!

    レオン
    レオン
    エドが100回目の追放でもらったスキルは、《たった一度の請求権》。その名の通り一度しか使えないんだ。だけどエドは、バッドエンドを迎えた仲間の運命を変えるために迷わず発動!

    100番目のスキルにして熱い展開だよね。スキルと知識は引き継いだまま、もう一度いちから追放クエストに挑むんだ。要は2周目ってこと。強くてニューゲームの始まりだよ!

    今回も荷物持ちとしてパーティ加入からスタート。バッドエンドを迎える運命にある勇者たちに出会ったエドは、まずスキル《彷徨い人の宝物庫》で、異空間に無限に物が保管できることをアピール! それから《失せ物狂いの羅針盤》のスキルで、伝説の聖剣もあっさり探し出す。便利すぎるスキルには仲間もびっくりだよ! そのうえ地理や未来の出来事まで把握しているんだから、この荷物持ちだけにするのはもったいなさすぎだね。

    もちろん、戦闘スキルも豊富さ。《追い風の足》で走り抜け、敵からくらった攻撃は《円環反響》のカウンターで跳ね返し、血の刃を作り出して魔物を討伐! 回復だってスキルで一瞬だから、まさに無双状態なんだ。前回は荷物持ちが限界だったエドが、共に戦える「真の仲間」と認められるのも当然の結果だよね。

    チートな異世界二周目冒険譚は爽快感がとにかくすごい。最高のカタルシスを味わって欲しいな!

みんなのデータ

  • 9
    評価する
  • 9
    読みたい

みんなからのレビュー

  • 芳樹

    【BW】追放されることが次の物語の始まりになるという新機軸。100の世界で勇者パーティを追放され、その度に破格の力「追放スキル」を得たエドが、かつて追放された異世界が不幸な結末を迎えたことを知り、再び100の世界を攻略するハイファンタジーです。そのきっかけとなった最初の世界の仲間の美少女エルフ・ティアが健気でとても可愛い。ご都合主義が随所に出てくるけれど、登場人物たちの努力を損なうことなく未来へ繋がるものであれば、ご都合主義だって最高!じゃない?次の世界ではどんな冒険が待っているのか。続きが楽しみです。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • リク

    こんなにカッコいい追放モノ初めて読んだ。正直、タイトル的に期待せずに読み始めたけれど、いい意味で裏切られた。100の世界を追放されて得たスキルを駆使して、主人公不在の運命を変える。主人公を追放したあとに苦戦する勇者パーティー、実は最強だった主人公といった追放モノのお約束を、2周目という要素によって嫌味がないドラマティックなものに昇華させていた。そして別れは追放されるという部分も文句が出ないくらい綺麗に決まっていた。追放モノの正解を見てしまった感。作者は天才か? まだ99の世界が待っているし、続きも楽しみ。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • ハイちん

    主人公の目的がとてもユニーク。1勇者のパーティーに加入し、3仲間として半年以上活動したのち、3パーティーから追放される、という条件をクリアしないといけない。で、追放されるたびにスキルを得て強くなっていく。100回の追放を経て最強に近い能力を得た主人が、過去の後悔を断ち切るため強くなった状態でクエストを最初からやり直す。2周目でも追放される必要がある。勇者の仲間として有能である必要があるが、あまりに有能だと追放されることが難しくなるので、ほどほどに有能でなくてはならないというバランスが面白かったな。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • 真白優樹

    100の異世界で追放されるたびにスキルを得た青年が、バッドエンドを迎えた一つ目の世界を救うべく立ち上がる物語。―――否定し変えろ、最悪な結末なんて。追放がゴールであるからこそ独特の明るさがあり、気性的に良い奴等が勢揃いしている事もあり肩の力を抜いて読める物語であり、昨今の当たり前の追放ものとは一味違った面白さのある物語である。旅の道連れを得て向かう新たな世界。果たして今度の世界で待っている仲間とは。そして全ての世界をもう一度巡った先、青年は本当に元の世界へ帰れるのか。 次巻も須らく期待であるべし。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • くもり

    とても面白かった!嬉しいラストに頬が緩みっぱなしですよ。もう一度100年をやり直すなんて凄い決断だし、そうしてやり直した結果も見事だった。こんなに信頼されてどうやって追放されるのかと思ったらそれもこれ以上ないタイミングだったね。パーティーのメンバーも個性豊かで好きだったから、もっとこのメンバーでの旅が読んでたくて別れが寂しかったけど、こんなご褒美が待ってたとは。続きもお願いしたい! 続きを読む…

    ネタバレあり
powered by読書メーター

製品情報

  • レーベル
  • 発売日
    2022/02/01
  • 定価
    715円(本体650円+税)
  • ISBN
    9784798627205

感想をシェアしよう

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える
Close
この作品を評価しよう!
Excellent!!!
Very Good!!
Good!
評価入力した作品の著者とイラストレーターは新刊通知の対象として登録するよ。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
この作品の感想を3つ選択してね!
評価と感想はキミのパートナーが記憶するよ。
たくさん登録をしてね!
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
Close
Close
注意
この作品の「読んだ」を取り消しますか?
あなたの評価と感想が削除され、
本棚からこの作品がなくなります。
はい。取り消します。
キャンセル
注意
この操作を取り消しますか?
はい。取り消します。
キャンセル
エラー
ログインして下さい。
ログイン
キャンセル
成功
本棚の「読みたい」に追加しました。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
OK