幼なじみが絶対に負けないラブコメ 9
読みたい読んだ
読みたい
読んだ

幼なじみが絶対に負けないラブコメ 9

家出した末晴が行き着く先は!? ヒロインたちのバレンタインレース開幕!
著者: 二丸 修一 (著者) / しぐれうい (イラスト)
シリーズ:幼なじみが絶対に負けないラブコメ(電撃文庫)

  • BOOKWALKER電子版
  • Amazon紙書籍

あらすじ紹介

 みんな、高校生なら一度くらいは家出したことあるよなっ! うざい親父とずっと一緒なんか耐えらんねー! ……なんて勢いで家出したものの、哲彦には門前払いを喰らい、このまま冬空の中で野宿……と思ったら白草から救いの電話が!
 天敵・紫苑ちゃんの目をかいくぐり、白草の部屋へと辿りつくと、白草の雰囲気がいつもと違うような……? いや、クリスマスに黒羽から『公開告白』されたばかりだろ、俺。我慢するんだ。でも、部屋で二人きりとか耐えらんねー。
 バレンタインを前に、勝負をかけようと意気込む白草。一歩リードしている黒羽と、虎視眈々とチャンスを狙う真理愛に打ち勝つことができるのか!? ヒロインたちの戦略渦巻く聖戦開幕の第9巻!

みんなのデータ

  • 17
    評価する
  • 12
    読みたい

みんなからのレビュー

  • 海月

    まさかの作者さんスランプだったとは…。コンスタントに出てたぶん心配しました。今回は主に二つ、親子喧嘩とバレンタイン。だけど一番大事なのは3月ですね。8巻の次回予告ではもう少し昔話が入るかと思ったらあまり入らなかった。でもお父ちゃん初登場でなかなかいいキャラしてらっしゃる(笑) 予告的にはまだやるみたいなのでこのままどうなるかなるべく新刊ペースで読んでいきたいです。 あ!自分の推しはシロだったのでシロファンの方は1巻以来の神回です! 続きを読む…

    ネタバレあり
  • 芳樹

    【BW】今回も表紙に痺れる。必死感に満ちた表情から白草の強い思いがヒシヒシと伝わってきて、このシーンはどこで登場するのかとワクワクしながら読み進めました。黒羽の公開告白で水をあけられてた白草と真理愛が焦る中、父親と喧嘩した末晴が家出することになる今回は、末晴を想う白草の内面と「家族とは?」に焦点があてられます。告白したいけどできないという葛藤に苦しむ白草の姿に、彼女を応援したい気持ちで一杯になりました。末晴は本当に罪な男だよ。次回から三年生編ということで、彼らの関係がどう変化していくのか気になりますね。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • くんぴー

    時はバレンタインデー。世間の恋する乙女たちがこぞって動くイベント。そんな行事にあの三人が動かないわけがなく、現状より一歩進んだ景色を目指して奮起する。そんな中で、ハルの家族関係がギクシャクした時は、ハルのためにと、色々と策を練る三人は良きライバルであったり。はたまた、実は他二人を出し抜こうとしていたりと。おさまけらしさがありました。哲彦の目的のもう一つである「幼なじみ」。それが一体何なのか。とても気になります。次はいよいよ三年生。ちょっと長いなぁとは思うけど、面白いから良し。白草さん頑張りました✨ 続きを読む…

    ネタバレあり
  • よっち

    父親と衝突して勢いで家出した末晴。哲彦には門前払いを喰らい、このまま冬空の中で野宿…と思ったら白草から救いの電話が掛かってくる第九弾。黒羽の公開告白に焦りを隠せない白草とモモたちという状況で、今回は白草がバレンタインを前に、勝負をかけようと意気込む展開でしたけど、思いとは裏腹に土壇場でのヘタレっぷりをたびたび露呈する一方で、彼女の末晴への想いはどこまでも真摯で、紫苑にはドン引きされてましたけど、でもまああれが彼女らしい告白だったといえばそうなのかもしれないですね(苦笑)新学期を迎えてどうなるか続巻に期待。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • kid

    第9巻、末晴は、父親と言い争い、耐えらないと家出したものの、哲彦には門前払い、このままでは真冬の野宿…と思ったら、なんと白草から救いの電話が!なんとか白草の部屋へと辿りつくと、いつもの白草と雰囲気が違うような…?クリスマスに黒羽から『公開告白』されたばかり、我慢だ。でも部屋で二人きり…。バレンタインに、勝負をかけようと意気込む白草。一歩リードしている黒羽と、虎視眈々とチャンスを狙う真理愛に打ち勝つことができるのか!何度も末晴に告白しようとする白草だが…ラストのネタバレにちょっぴり震えた!次巻も楽しみです! 続きを読む…

    ネタバレあり
powered by読書メーター

製品情報

  • レーベル
  • 発売日
    2022/02/10
  • 定価
    704円(本体640円+税)
  • ISBN
    9784049139020

感想をシェアしよう

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える
Close
この作品を評価しよう!
Excellent!!!
Very Good!!
Good!
評価入力した作品の著者とイラストレーターは新刊通知の対象として登録するよ。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
この作品の感想を3つ選択してね!
評価と感想はキミのパートナーが記憶するよ。
たくさん登録をしてね!
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
Close
Close
注意
この作品の「読んだ」を取り消しますか?
あなたの評価と感想が削除され、
本棚からこの作品がなくなります。
はい。取り消します。
キャンセル
注意
この操作を取り消しますか?
はい。取り消します。
キャンセル
エラー
ログインして下さい。
ログイン
キャンセル
成功
本棚の「読みたい」に追加しました。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
OK