悪役令嬢、セシリア・シルビィは死にたくないので男装することにした。 4
読みたい読んだ
読みたい
読んだ

悪役令嬢、セシリア・シルビィは死にたくないので男装することにした。 4

ついにラスボスと対峙!? セシリアの運命はいかに──!
著者: 秋桜ヒロロ (著者) / ダンミル (イラスト)
シリーズ:悪役令嬢、セシリア・シルビィは死にたくないので男装することにした。(角川ビーンズ文庫)

  • BOOKWALKER電子版
  • Amazon紙書籍

あらすじ紹介

死亡フラグ回避のため、男装して学院生活を送る悪役令嬢・セシリア。
降神祭の功績を称えられ、神殿へと招かれた一行は司祭エルザのもと、現在の神子に謁見することに! 
そして『障り』の根源を絶つ選定の剣を手に入れようと動き出すが、それはストーリーの黒幕へと繋がり──。
その上オスカーに男装がバレた!? セシリアに最大の危機が迫る! 「嫌がらないなら手放さない」
大人気男装ラブコメ、大展開のシリーズ第4弾!

みんなのデータ

  • 0
    評価する
  • 0
    読みたい

みんなからのレビュー

  • わたー

    ★★★★★ギルがデレた…ギルがデレたぞ…障りの大本を断つ「選定の剣」を手に入れるため、神殿を探索するリーンとセシリア。しかし、剣は既にジャニス王子に奪われたあとで…といった内容。そんな、黒幕周りの進捗はさておき、今回は何といっても洞窟のシーンがクライマックスだろう。ついにオスカーが男装のことを…いや、男女二人っきりで洞窟に避難するとか、ベッタベタ過ぎる展開なんだけど、だからこそ好きって気持ちが抑えられない。ただ、個人的にはセシリアの前世での最推しが自分であることを知ったギルの反応が淡泊だったのが気になる。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • nishiyan

    降神祭の功績を称えられ、神殿へと招かれたセシリアたち。神殿に隠されている『障り』の根源を断つ選定の剣を手に入れようと動くも、黒幕ジャニス王子らに妨害される本巻。黒幕側の思惑が分かったことで世界が抱える闇が明かされた点は面白かった。今回の最大の見どころはオスカーがセシリアの秘密を知る洞窟であの場面だろう。全てを知ったことでオスカーはようやくギルバートと対等な位置でセシリアを巡って争える訳で、これからの恋のさや当てにも期待。そしてエピローグ。リーンのように生きられたらセシリアも楽なのだろうが…。次巻が楽しみ。 続きを読む…

    ネタバレあり
powered by読書メーター

製品情報

感想をシェアしよう

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える
Close
この作品を評価しよう!
Excellent!!!
Very Good!!
Good!
評価入力した作品の著者とイラストレーターは新刊通知の対象として登録するよ。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
この作品の感想を3つ選択してね!
評価と感想はキミのパートナーが記憶するよ。
たくさん登録をしてね!
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
Close
みんなの感想
Close
注意
この作品の「読んだ」を取り消しますか?
あなたの評価と感想が削除され、
本棚からこの作品がなくなります。
はい。取り消します。
キャンセル
注意
この操作を取り消しますか?
はい。取り消します。
キャンセル
エラー
ログインして下さい。
ログイン
キャンセル
成功
本棚の「読みたい」に追加しました。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
OK