君は初恋の人、の娘 3
読みたい読んだ
読みたい
読んだ

君は初恋の人、の娘 3

和奏の告白を受けて、戸惑う一悟。
その現場を目の当たりにしたルナも激しく心揺さぶられていた。

常識的に考えれば、一悟は和奏と結ばれるべき。
一悟は、ルナは、それぞれどんな選択をとるのか……。

けして許されない純愛物語、第三弾。
著者: 機村械人 (著者) / いちかわはる (イラストレーター)
シリーズ:「君は初恋の人、の娘」シリーズ(GA文庫)

  • BOOKWALKER電子版
  • Amazon紙書籍

あらすじ紹介

和奏の告白を受けて、戸惑う一悟。
その現場を目の当たりにしたルナも激しく心揺さぶられていた。

常識的に考えれば、一悟は和奏と結ばれるべき。
一悟は、ルナは、それぞれどんな選択をとるのか……。

けして許されない純愛物語、第三弾。


「私、イッチを取られたくない」
和奏の告白により、一悟とルナを取り巻く世界は大きく変化した。
ルナ、和奏……二人との間に生まれた三角関係の狭間で、一悟の心も大きく揺れ動いてしまう。
一方、ルナもまた、自身が一悟の傍にいてもいいのか、和奏こそが本当に一悟に相応しい女性なのではないかと懊悩を抱くようになる。
常識、倫理、弊害、現実……向き合うべき問題に追い詰められた時、ルナと一悟が出した結論は――。

「私を、恋人にしてくれますか?」
すべてはその言葉から始まった。そして、二人は遂に未来を選び取る。
社会人×初恋の人の娘による、許されない純愛物語――決着の最終巻。

みんなのデータ

  • 9
    評価する
  • 6
    読みたい

みんなからのレビュー

  • ツン

    ワカナナさん視点で読んでしまいました。カラーイラストのところ見てわかっていたけど、切なかった。。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • 芳樹

    一悟へ告白した和奏。それを目の当たりにしたルナ。二人の女性から想いを告げられた一悟。それぞれがこれで良いのかと葛藤し、ついに未来を選択する今回。女子高生と社会人の年の差ものという社会倫理上許されざるテーマでしたが、ルナが突然自分の前から姿を消した「初恋の人の娘」であることと一悟が極めて良識的であることで、背徳感を感じさせない『純愛物語』に昇華したのだと思います。エピローグもこれまで語られてきたそれぞれの思いが結実されており、これしかない、というものでした。とても素敵な作品でした。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • よっち

    思ってもみなかった和奏の告白を受けて戸惑う一悟。その現場を目の当たりにして激しく心揺さぶられるルナ。和奏の告白をきっかけに一悟とルナを取り巻く状況が大きく変化してしまう第三弾。ルナ、和奏との間に生まれた三角関係の狭間で一悟は心が大きく揺れ動いてしまう一方で、自身が一悟の傍にいていいのか、和奏こそが本当に一悟に相応しい女性なのではないかと懊悩を抱くルナ。向き合うべき様々な問題に追い詰められながらも、それぞれの思いに真摯に向き合ったことで見出した一悟の思いがあって、とてもこの物語らしい結末だったと思いました。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • kid

    第3巻最終巻、和奏の告白により、一悟とルナを取り巻く世界は大きく変化した。ルナ、和奏… 二人との間に生まれた三角関係の狭間で、一悟の心も大きく揺れ動いてしまう。ルナもまた自身が一悟の傍にいてもいいのか、和奏こそが本当に一悟に相応しい女性なのではないかと懊悩を抱くようになる。常識、倫理、弊害、現実…向き合うべき問題に追い詰められた時、ルナと一悟が出した結論は…。「私を恋人にしてくれますか?」すべてはその言葉から始まった。二人は遂に未来を選び取る。とても素敵な物語でアフターも良かった!機村先生お疲れ様でした。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • まっさん

    ★★★ 想いを交わす事無く離れ離れになってしまった初恋の女性の娘との恋愛劇を描く恋物語の完結巻。前二巻と比べると今巻の満足度は高く、終わり方が好みの流れだった事もあって読後感は良かったです。 ストーリー全体を通して主軸となっていた初恋の女性に瓜二つな娘、しかもJKとの恋愛劇という意味では綺麗な着地点を選んだ印象ですし、良くも悪くもストレス展開が殆ど描かれなかった所はライトノベルという枠組みで見ると大衆受けする良作だったのかなと思います。 ただ、二点程気になる部分もありました。 一つ目は、一巻当初から言→ 続きを読む…

    ネタバレあり
powered by読書メーター

製品情報

  • レーベル
  • 発売日
    2022/02/15
  • 定価
    748円(本体680円+税)
  • ISBN
    9784815614379

感想をシェアしよう

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える
Close
この作品を評価しよう!
Excellent!!!
Very Good!!
Good!
評価入力した作品の著者とイラストレーターは新刊通知の対象として登録するよ。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
この作品の感想を3つ選択してね!
評価と感想はキミのパートナーが記憶するよ。
たくさん登録をしてね!
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
Close
みんなの感想
Close
注意
この作品の「読んだ」を取り消しますか?
あなたの評価と感想が削除され、
本棚からこの作品がなくなります。
はい。取り消します。
キャンセル
注意
この操作を取り消しますか?
はい。取り消します。
キャンセル
エラー
ログインして下さい。
ログイン
キャンセル
成功
本棚の「読みたい」に追加しました。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
OK