世界最速のレベルアップ 3
読みたい読んだ
読みたい
読んだ

世界最速のレベルアップ 3

最強の冒険者との邂逅、最悪の破壊者との対峙――更なる覚醒の刻、来る!
著者: 八又ナガト (著者) / fame (イラスト)
シリーズ:世界最速のレベルアップ(角川スニーカー文庫)

  • BOOKWALKER電子版
  • Amazon紙書籍

あらすじ紹介

凛の前に現れたSランク冒険者の如月クレア。彼女の目的は凛をギルド【宵月】に勧誘することで――。更なるレベルアップの機会を手に入れた凛だったが、それはダンジョンの新たな謎と絶望への挑戦を意味していた!

みんなのデータ

  • 0
    評価する
  • 2
    読みたい

みんなからのレビュー

  • しぇん

    二巻で気になっていましたが、どんどん長くなるステータスとスキルの描写どするのか。もう巻末だけに書くべきレベルな気がしていますが。物語は重要人物らしいヒロインが登場。魅力的なのが良いですが、既に一巻の登場人物とかついていけない問題もどうするのか。今巻では窮鼠猫を噛むみたいな描写をさしこんでましたが限界あるだろし難しそうですね 続きを読む…

    ネタバレあり
  • ランドセル太郎

    凛はSランク冒険者クレアから、ギルド【宵闇】に勧誘される。仮入団をし、最初に行ったのは新ダンジョンの攻略。凛は見学として付いていったが、様々な緊急事態が。凛はそこで今まで隠していた《ダンジョン内転移》を使い…。クレアと出会い、新ダンジョンを踏破し、とんでもなく格上の相手と戦うなど、凛のチートぶりを否応なく体感できました。クレアがSランクになった理由は明かされませんでしたが、「守るものがある…」と言っていたので、次明かされるかな?あと、なろうはストップしてるけど続刊出るんかな?好きな作品だから頼む…。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • 真白優樹

    日本で十二人目のSランクであるクレアにギルドへと勧誘される中、新たな迷宮に更なる強敵が現れる今巻。―――目に映るものを守る為、限界を今、ここで越えろ。 Sランクの魔物から異世界からの来訪者である吸血王まで。まだまだ世界は広いと言わんばかりに強者が現れ襲い掛かってくる巻であり、凛が更に限界を超え新たな力を掴む、更に熱さと面白さが増していく巻である。更なる力と、新たに見つけた目標。更なる飛躍を誓う凛はどんな強さを得るのか。この先、どんな強者が彼の前に姿を現す事になるのか。 次巻も勿論楽しみである。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • nawade

    ★★★☆☆ 毎回毎回、自分より倍以上のレベルのボスキャラをジャイアントキリングする展開は飽きてきたが、今回のボスキャラはその辺のレベル差を意識させない作りのバトルになっていたのは、作者もマンネリ感がでていることを誓いしているからであろうか?Web版の更新が途絶えているので書籍版が追いついてしまったが、Web版の更新が再開されるのか、Web版は撤退するのか、動向が気になる。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • 18mf_

    【ネタバレ】凛のレベルアップと同様、3巻も一気読み。この類の話は、主人公の性格と、ヒロインのチョロさ次第で熱中できる場合も、あれば不快になる場合もありますが、この作品は熱中できる部類に入ると思います。凛は、スキルこそユニークですが、基本考えて、努力してそのユニークスキルをフル活用しているので、好感が持てます。新ヒロインも登場し、今後の展開も楽しみです。 続きを読む…

    ネタバレあり
powered by読書メーター

製品情報

感想をシェアしよう

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える
Close
この作品を評価しよう!
Excellent!!!
Very Good!!
Good!
評価入力した作品の著者とイラストレーターは新刊通知の対象として登録するよ。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
この作品の感想を3つ選択してね!
評価と感想はキミのパートナーが記憶するよ。
たくさん登録をしてね!
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
Close
みんなの感想
Close
注意
この作品の「読んだ」を取り消しますか?
あなたの評価と感想が削除され、
本棚からこの作品がなくなります。
はい。取り消します。
キャンセル
注意
この操作を取り消しますか?
はい。取り消します。
キャンセル
エラー
ログインして下さい。
ログイン
キャンセル
成功
本棚の「読みたい」に追加しました。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
OK