ある魔女が死ぬまで 終わりの言葉と始まりの涙
読みたい読んだ
読みたい
読んだ

ある魔女が死ぬまで 終わりの言葉と始まりの涙

定められた別れの宣告から始まる、魔女の師弟のひととせの物語。
著者: (著者) / コレフジ (イラスト)
シリーズ:ある魔女が死ぬまで(電撃の新文芸)

  • BOOKWALKER電子版
  • Amazon紙書籍

あらすじ紹介

★電撃の新文芸2周年記念コンテスト〈熱い師弟関係〉部門 大賞★

「お前、あと一年で死ぬよ、呪いのせいでね」
「は?」

 十七歳の誕生日。見習い魔女のメグは、師である永年の魔女ファウストから余命宣告を受ける。呪いを解く方法は、人の嬉し涙を千粒集めて『命の種』を生み出すことだけ。メグは涙を集めるため、閉じていた自分の世界を広げ、たくさんの人と関わっていく。出会い、別れ、友情、愛情――そして、涙。たくさんの想いを受け取り約束を誓ったその先で、メグは魔女として大切なことを学び、そして師が自分に授けようとするものに気づいていく。

「私、全然お師匠様に恩返しできてない。だから、まだ――」

 明るく愉快で少し切ない、魔女の師弟が送るひととせの物語。

パートナーのおすすめレビュー

  • 過酷な運命に立ち向かう二人の、師弟を越えた親子のような絆!!

    つむぎ
    つむぎ
    電撃の新文芸2周年記念コンテスト〈熱い師弟関係〉部門、大賞作品は、死の呪いをかけられた見習い魔女・メグが、限られた時間でひたむきに生きようとする感動作ですよ!

    余命は残り1年。初めは事実を素直に受け止められなかったメグ。しかし母親を亡くした少女との出会いをきっかけに、「死」や「生きる」とはなにかを考えるようになります。当たり前の日常を噛みしめ、一日一日を大切に生きようとするメグを見ていると、胸が苦しくなってしまいますね……。

    ですがメグの師匠、ファウストは「メグには運命に抗う力がある」と信じていました。だからこそ、彼女に残りの余命を伝えたんです。メグも「自分が余命を伝えられたのには、何か理由がある」と信じて、一年後の未来を迎えるため、前に進むんです。言葉を交わさなくても、お互いを理解しあっている師匠と弟子からは、親子の絆をも感じられて、心が温かくなってしまいます!

    そしてメグは、時計を大切にする親友、魔法嫌いの少女など、様々な人物と関わりあい、人助けを通して成長していくんです。誰かが誰かを想うからこそ生まれる悩みに、メグが真摯に向きあっていく。泣けるエピソードの数々が収められた一冊ですよ!
  • 残された時間はわずか。それでも人々に寄り添い、思いやるメグの強さに涙なの

    ノエル
    ノエル
    17歳の誕生日にメグがかけられた呪い『死の宣告』は、 どれほどすごい魔女でも解くことができないの ……。

    でもメグは、魔法に呪われても、いっさい魔法を恨んでいないんだ~。その理由はメグの幼少期にあるんだよ。実はメグ、昔はよくいじめられてたの……。孤児でなかなか街になじめなかったことが原因みたい。そんなメグに居場所をつくってくれたのが、魔女のファウストと魔法だったの! だからメグはいまでもすごく魔法に感謝してて、魔法が大好きなんだよ!

    ファウストは世界でトップレベルに賢い七賢人のひとり。古い魔法にとっても詳しいの。それで呪いを治せないかわりに、寿命を延ばす方法をメグに教えてくれたんだよ! なんでも、人が喜んだ時に流す涙を千粒集めれば、メグは一年後も生きられるんだって!   それなら、困ってる人を助けるのが一番だよね!

    メグは人助けをするときに、ただ涙を集めるんじゃなくて、一人ひとりに寄り添って問題を解決してあげるの。自分がつらいときに、人に優しくできるのってすごいと思う! 相手を思いやる強さを持っているメグを見てたら、うるっときちゃった! 人助けをした分だけ、メグにも幸せなことが起こるといいのになぁ~。

みんなのデータ

  • 9
    評価する
  • 14
    読みたい

みんなからのレビュー

  • 寂しがり屋の狼さん

    『お前、あと一年で死ぬよ、呪いのせいでね』17歳の誕生日。見習い魔女のメグは、師である永年の魔女ファウストから余命宣告を受ける。呪いを解く方法は、人の嬉し涙を千粒集めて『命の種』を生み出すことだけ…出合い、別れ、友情、愛情…そして涙。たくさんの想いを受け取り約束を誓ったその先でメグは魔女として大切なことを学び、そして師が自分に授けようとするものに気づいていく… 続きを読む…

    ネタバレあり
  • よっち

    十七歳の誕生日。師匠から呪いで一年の余命宣告を受けた見習い魔女メグ。呪いを解く方法は人の嬉し涙を千粒集めて『命の種』を生み出すことだけ。メグは閉じていた自分の世界を広げたくさんの人と関わっていくファンタジー。親友フィーネの大切な時計、死神に魅入られてしまったおばあちゃん、英知の魔女や祝福の魔女との出会い、そして嬉し涙を集めようとするあまりに忘れかけていた大切なこと。時に迷うことがあってもポジティブでつい人のために頑張ってしまう、周囲の人たちに認められ愛されているメグの優しい物語をまた読みたいと思いました。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • かなで

    永年の魔女ファウストの弟子、メグ・ラズベリーは、十七歳の誕生日に、『あと一年で死ぬ』と師匠から告げられる。呪いのような言葉に対抗するためには、人が嬉しい時に流す涙を千個集めないといけないというストーリー。→テンポは良かったと思うし、口の悪さも気にはならなかったけれど、どうにもストーリーが薄っぺらく感じてしまう。ソフィの話とともに狼男と女の人の出会いは良かったと思うけれど。あと、やっぱり死ぬのは師匠だよなあってエピローグを読むまでもなく分かってしまった。あと、嬉し涙は百個くらいでも良かったのでは…? 続きを読む…

    ネタバレあり
  • まるとも

    ...これはめっちゃくちゃ好きだわ。 えぇぇぇ..まじかそうかうわぁぁぁぁ…こういうのほんと好き。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • ぐっち

    「お前、あと1年で死ぬよ」と師匠から告げられた見習い魔女・メグ。うれし涙を1000粒集めると死から逃れられるというが…。いきなり付喪神が死んだり、異界から獣人がやってきたりと何がアリな世界観なのかつかみずらいが、うれし涙のエピソードが優しすぎる。100粒にしておけばよかったんじゃないかと思うほど収集が進まないけど、まあそういうお話なんだろうなー。続巻出るかな? 続きを読む…

    ネタバレあり
powered by読書メーター

みんなのラノベまとめ

  • 自分的2021年新作ベスト10作品
    Tが作成したまとめ自分的2021年新作ベスト10作品で紹介されています。
    0

製品情報

  • レーベル
  • 発売日
    2021/12/17
  • 定価
    1430円(本体1300円+税)
  • ISBN
    9784049140545

感想をシェアしよう

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える
Close
この作品を評価しよう!
Excellent!!!
Very Good!!
Good!
評価入力した作品の著者とイラストレーターは新刊通知の対象として登録するよ。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
この作品の感想を3つ選択してね!
評価と感想はキミのパートナーが記憶するよ。
たくさん登録をしてね!
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
Close
みんなの感想
Close
注意
この作品の「読んだ」を取り消しますか?
あなたの評価と感想が削除され、
本棚からこの作品がなくなります。
はい。取り消します。
キャンセル
注意
この操作を取り消しますか?
はい。取り消します。
キャンセル
エラー
ログインして下さい。
ログイン
キャンセル
成功
本棚の「読みたい」に追加しました。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
OK