ごくペン!
読みたい読んだ
読みたい
読んだ

ごくペン!

偏差値70オーバーのぼくこと五十嵐真太郎がバカの殿堂として名を馳せる毒マムシ学園に転校した重大な理由とは?
著者: 三原みつき (著者) / 相音うしお (イラスト)
シリーズ:ごくペン!(MF文庫J)

キミの評価を教えてね!

作品を購入する

  • BOOKWALKER電子版
  • Amazon紙書籍

あらすじ紹介

偏差値70オーバーのぼくこと五十嵐真太郎がバカの殿堂として名を馳せる毒マムシ学園に転校したのには重大な理由がある! 一緒に東大に入ろうと約束した幼馴染みの権田原凜子がこの学園に通っているという噂を聞いたからだ! 想像以上に古風で脳天気なヤンキーの吹きだまりだが、ツッコミどころ満載のおかしな彼らに思わずツッコミを入れまくっているうちに、ぼくはヤンキーたちから崇められるようになってしまった。そして再会した凜子は――なぜか私設極道の女親分になっているぅ!?

みんなからのレビュー

  • そのぼん

    濃い・・・。なんやかんや濃かったです。一昔前のヤンキーやら任侠やら、ライトノベルらしからぬ雰囲気が漂っていました。この可愛らしいイラストと作品がはたしてイメージに合っていたのか、ちょっと気になりました。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • 中性色

    勲章。後半はまだ勢いがあってよかったけど、それ故に前半は何だったのかとなってしまうほど結びついてないのはどうなのか。ただいろんな時代からその時のヤンキーやスケバン像を持ってきてるのは面白かったかな。しかし、これ続けようがなさすぎる気がするんだが、どう目的を達成するつもりなのだろうか。個人的には菊枝が好み 続きを読む…

    ネタバレあり
  • 読解力なく勢いで読む人

    これは、『バカとテストと召喚獣』を彷彿とさせるバカっぷりですww雰囲気が似てます。主人公のツッコミやらリアクションやら周りのボケやら炸裂して、面白いですww/つまり、バカテスみたいなバカなノリが合わない人にはオススメ出来ませんが、ラノベらしいコメディーをご所望なら是非御一読を!/前半はバカなコメディー、中盤は少しイライラするシリアス、終盤は燃える展開。個人的には、好きな構成で、笑えたし、感動したし、実にライトノベルらしくて良かったですよ。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • 八岐

    素晴らしい。これは素晴らしかった。この物語は革命闘争の物語だ。任侠仁義を旗に掲げ弱者を助け人の尊厳を取り戻すために立ちあがった一人の革命家と、その真実を見極めんと追いすがり、いつしか革命の渦中へ立ち人々に決起を促すこととなる一人のジャーナリストの物語である。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • 星野流人

    幼なじみの少女を探すために、ヤンキーだらけでバカの代名詞とも言える毒マムシ学園に転入してきた、偏差値70オーバーの五十嵐真太郎。ところが彼が探し求めていた幼なじみは、極道の親分になっていた。 バカばっかりだ、これ。九九も満足に言えないようなヤンキーとヤクザたちに囲まれたラブコメで、テーマは“仁侠”。バカたちと真太郎のボケとツッコミは見ていて楽しい。まさかのパロディがあちこちに散りばめられ、バカすぎるボケがぶっ飛んでいておもしろい。凛子とのすれ違い気味な関係や、クライマックスでの番長との戦いもよかった。 続きを読む…

    ネタバレあり
powered by読書メーター

製品情報

  • レーベル
  • 発売日
    2012/08/06
  • 定価
    580円+税
  • ISBN
    9784840130585

この作品についてる#タグ

感想をシェアしよう

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える
Close
この作品を評価しよう!
Excellent!!!
Very Good!!
Good!
評価入力した作品の著者とイラストレーターは新刊通知の対象として登録するよ。
1日1回集計してみんなのデータに反映するよ。
この作品の感想を3つ選択してね!
評価と感想はキミのパートナーが記憶するよ。
たくさん登録をしてね!
1日1回集計してみんなのデータに反映するよ。
Close
みんなの感想
Close
注意
この作品の「読んだ」を取り消しますか?
あなたの評価と感想が削除され、
本棚からこの作品がなくなります。
はい。取り消します。
キャンセル
注意
この操作を取り消しますか?
はい。取り消します。
キャンセル
エラー
通知登録するにはログインして下さい。
ログイン
キャンセル