七聖剣と魔剣の姫
読みたい読んだ
読みたい
読んだ

七聖剣と魔剣の姫

「マガポケ」にてコミカライズ好評連載中! 千年の時を超えて、世界を崩壊から救え――!
著者: 御子柴奈々 (著) / ファルまろ (イラスト)
シリーズ:七聖剣と魔剣の姫(講談社ラノベ文庫)

  • BOOKWALKER電子版
  • Amazon紙書籍

あらすじ紹介

七本の聖剣。七本の魔剣。七本の妖刀。
原初の刀剣と呼ばれるそれらによって引き起こされる、この世界を終わらせる災害――天災。
最強の剣士サクヤは、次の天災を止めるという一族の悲願を果たすため、千年の眠りについた。
そして目覚めたサクヤは、暴漢に襲われそうになっていた少女を助ける。
すると彼女はこう言った――
「わ、私の護衛になってくれませんか!?」
彼女は次の天災が起きるフレイディル王国の王女アイリスで、魔法騎士学院入学のための護衛を探していたらしい。
依頼を請けるサクヤだが、アイリスは呪われた聖王女という異名を持っていて……!?
聖剣、魔剣、妖刀――三種の刀剣を巡る王道学園ファンタジー開幕!

パートナーのおすすめレビュー

  • 理屈抜きに世界観やストーリーを楽しめる王道ファンタジーさ!

    レオン
    レオン
    千年に一度、世界を終わらせるほどの天災を引き起こすとされる【原初の刀剣】。主人公のサクヤは、天災を阻止するべくそれら刀剣の破壊するという使命を帯びた最強剣士の一族なんだ。幼い頃から剣の手ほどきを受けてきた、世界を救う宿命を背負う一族のエリート…設定だけでもワクワクできて、憧れちゃうよね!

    そして、次に天災が起こると予測された地、フレイディル王国でサクヤの戦いは幕を開ける。彼は王女アイリスを暴漢から救ったことで、王女の魔法騎士学院入学のための護衛に抜擢されるんだ。学院のエリート卒業生は【原初の刀剣】のひとつ、聖剣を保有する「聖薔薇騎士団」に入団できるのさ。だからサクヤは王女の護衛という名目で、【原初の刀剣】に近づくために秘密裏に動き出すってわけ!

    一方で【原初の刀剣】の魅力に憑りつかれる者は多く、時には街を騒がせる事件を起こすことも。そんな輩たちともサクヤは戦うことになるんだ。王国では剣と魔法の両方を駆使して戦うのが一般的なんだけど、サクヤは剣術だけで相手をねじ伏せていくんだよ。シンプルだけど、それがすごくカッコいいんだよね! 

    サクヤと刀剣を巡る様々なバトルは圧巻! 連載中のコミカライズ版にも注目だよ!
  • 世界を救う使命を背負う男の子の、何気ない日常に胸がキュッとなります…!

    綾乃
    綾乃
    アイリス王女のお屋敷では、サクヤくんは先輩執事のバルツさんやメイドのルーナちゃんと一緒に家事をこなして、みんなで食卓を囲んで談笑したりするの。世界を救うという使命を背負ったサクヤくんにとってはひと時の安らぎだね。

    でも、サクヤくんが護衛する《呪われた聖王女》ことアイリス王女は、サクヤくんが壊さなくてはならない魔剣をその身に宿しているの…ということは、もしかして彼女を…!? でもアイリス王女の笑顔を見たら、使命を果たす決意も揺らいじゃうよね…。

    そんな王国での生活に慣れてきたある日、学院では魔法剣術部がサクヤくんを簀巻きにして連れ去る事件が起こるんだ。何事かと思ったら、サクヤくんが相当な剣の使い手だってことで、部への勧誘だったの! ちょっと強引だけど必死な感じが伝わってきて笑っちゃった! サクヤくんも気のないふりをしつつ「剣を極めるためだ」とかブツブツ言い訳をしながら、入部して活動に励むことに。何だかんだで学院生活も満喫してるみたい!

    世界を救う過酷な運命を背負ったサクヤくんだからこそ、何気ない日常を楽しんでほしいな。平和な日常を守るため必死に戦う彼のことを、読めばきっと応援したくなっちゃうはずだよ!

みんなのデータ

  • 3
    評価する
  • 7
    読みたい

みんなからのレビュー

  • のれん

    聖剣、魔剣、妖刀となんか最後収まり悪いなと思いきや、既に破壊しているという設定。1000年後の未来転移とかその設定いる? みたいな説明が不要の長物になっているものが多く残念。 ヒロインとの関係性は師弟というか教師と生徒みたいな感じだが、いかんせん掘り下げが薄く、彼女のために剣を執る動機が薄かったかな。 スムーズかつテンポというか先が読みやすいので、古き良きラノベとして懐かしさもあるかもしれない一冊。 聖剣魔剣の能力設定とか、キャラの特異性など武器がなにかしら欲しいなぁと思う。やっぱ地味ですわ。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • 真白優樹

    千年に一度、それぞれ七本存在する聖剣、魔剣、妖刀が天災を起こす世界で千年前から来た少年が魔剣を宿す王女に出会い始まる物語。―――遺志を継ぎ放て、星を継ぐその刃。 何処までも王道な剣と魔法のファンタジーと言った感じのこの物語。魔法に対し絶技で立ち向かう、王道ど真ん中の熱さと面白さのある物語である。始まったばかりの大いなる物語。運命に導かれるかのように剣の集い始める王都で、少年と王女の願いは叶うのか。世界の破滅を目論む者達の思惑を止め、全ての剣を破壊することはできるのだろうか。 次巻も勿論楽しみである。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • リク

    なんだか久しぶりに読んだ気がする千年後設定。そのことからもわかるように、王道な剣と魔法のファンタジー作品。それぞれ七本ずつある聖剣、魔剣、妖刀。それが引き起こす世界の危機を逃れるために剣を握る。これまた王道な熱さがあった。剣での戦いというのはやはり厨二心を擽る。今のところ千年後の人々が抱える思惑は曖昧なままなので、盛り上がっていくのは事情が明らかになっていき次第というところか。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • 尚侍

    とっても面白かった。七本の魔剣というとどうしても違うレーベルの作品を思い浮かべてしまいますが、本作はいい意味で読み味が軽く、設定が複雑な割にさくさく読めるので、ラノベをあまり読んだことがないという人には最適の作品と思います。重厚な設定や読み味の作品はもちろん大歓迎ですが、そういう作品ばかりになってしまうとラノベの裾野が広がらないと思うので、本作のように手軽に読める作品は評価したいですね。物語はまだ始まったばかりなので、今後どのように話が膨らんでいくか、続きが楽しみです。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • らいら

    王道の剣と魔法のファンタジー。 個々の設定は王道な物が多いが、話はスムーズに展開してゆくため、楽しく読んで行ける。 ただ、1巻な事もあり、全体的に設定紹介的な側面も強く、全体的に物足りなさを感じたのも事実。特に、設定や人物の掘り下げが少なく感じた。 今後の展開に期待したい。 続きを読む…

    ネタバレあり
powered by読書メーター

製品情報

感想をシェアしよう

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える
Close
この作品を評価しよう!
Excellent!!!
Very Good!!
Good!
評価入力した作品の著者とイラストレーターは新刊通知の対象として登録するよ。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
この作品の感想を3つ選択してね!
評価と感想はキミのパートナーが記憶するよ。
たくさん登録をしてね!
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
Close
みんなの感想
Close
注意
この作品の「読んだ」を取り消しますか?
あなたの評価と感想が削除され、
本棚からこの作品がなくなります。
はい。取り消します。
キャンセル
注意
この操作を取り消しますか?
はい。取り消します。
キャンセル
エラー
ログインして下さい。
ログイン
キャンセル
成功
本棚の「読みたい」に追加しました。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
OK