現実主義勇者の王国再建記 16
読みたい読んだ
読みたい
読んだ

現実主義勇者の王国再建記 16

この「終焉」は避けられない――
著者: どぜう丸 (著者) / 冬ゆき (イラスト)
シリーズ:「現実主義勇者の王国再建記」シリーズ(オーバーラップ文庫)

  • BOOKWALKER電子版
  • Amazon紙書籍

あらすじ紹介

この「終焉」は避けられない――

全世界を揺るがした「精霊王の呪い」騒動から二年。
ソーマが統治するフリードニア王国は来たる争乱に備えて着実に国力を高めていた。
一方でフウガ率いるハーン大虎王国は勢力拡大を進め、ルナリア正教皇国に加えて傭兵国家ゼムをも支配下に置く。
かくして強力な戦力を手に入れたフウガは、人類最大国家であるグラン・ケイオス帝国に宣戦を布告する。
この事態に介入すべきか悩むハクヤ。
王国の利を図るならフウガとの敵対を避け、帝国の盟友を見捨てるべきであった。
そして決戦の火蓋が無情にも切られ――。
革新的な異世界内政ファンタジー、第16巻!

みんなのデータ

  • 0
    評価する
  • 1
    読みたい

みんなからのレビュー

  • よっち

    全世界を揺るがした「精霊王の呪い」騒動から二年。ルナリア正教皇国に加えて傭兵国家ゼムをも支配下に置いたフウガ率いるハーン大虎王国は勢力拡大を進め、グラン・ケイオス帝国に宣戦を布告する第十六弾。マリアと協力関係にあるソーマに対して先手の布石を打つフウガ、この事態に介入すべきか悩むハクヤ、二方面から帝国に侵攻する大虎王国。状況を見れば見るほど、遅かれ早かれいずれ不可避の事態だったのかな…とは思わなくもなかったですが、各国間の構図が大きく変わる中で痛み分けというか、落ち着くべきところに落ち着いた結末でしたかね。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • sao

    読了。 滅茶苦茶活動的な聖女様、好き。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • nas

    人間同士の話は一段落した感じがあるし次は魔族との話になるのかな。ここから第二部と考えたら流石に10巻もやることはないような気はするけど行ってもおかしくは無いような、世界の謎系の話は好きなのでそこがメインになってくるんだろうなって所が楽しみ 続きを読む…

    ネタバレあり
  • 八岐

    ★★★☆ 一番難しかろうソフトランディングをよくぞまあ成し遂げたものです。巨大化しすぎて機能不全を起こしている組織を解体再編成するのはどんな場合でも困難ですけれど、それを国家がとなると途端にハードルがあがりますし、遺恨も残り民意も損なわれるものですけれど、ソーマの協力を仰いだとは言え、これマリアはほぼフウガをコントロールして良いように利用したとも言えるんですよね。その上で個人の幸せも掴んでみせたのですから、辣腕なんてもんじゃないでしょう。しかしユリガはイチハ君に嫁いで欲しかったな、と個人的には思う所。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • ダック

    前巻より突然2年が経過していたので、少し嫌な予感がしていましたが、これまでの話より格段に面白かったです。ここ数巻マンネリ感を感じていたから尚更そう思うのかもしれませんが…。次巻が楽しみです。 続きを読む…

    ネタバレあり
powered by読書メーター

関連情報

2022年冬 注目のラノベ原作アニメ 大増量試し読みキャンペーン

製品情報

感想をシェアしよう

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える
Close
この作品を評価しよう!
Excellent!!!
Very Good!!
Good!
評価入力した作品の著者とイラストレーターは新刊通知の対象として登録するよ。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
この作品の感想を3つ選択してね!
評価と感想はキミのパートナーが記憶するよ。
たくさん登録をしてね!
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
Close
みんなの感想
Close
注意
この作品の「読んだ」を取り消しますか?
あなたの評価と感想が削除され、
本棚からこの作品がなくなります。
はい。取り消します。
キャンセル
注意
この操作を取り消しますか?
はい。取り消します。
キャンセル
エラー
ログインして下さい。
ログイン
キャンセル
成功
本棚の「読みたい」に追加しました。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
OK