D級冒険者の俺、なぜか勇者パーティーに勧誘されたあげく、王女につきまとわれてる 3
読みたい読んだ
読みたい
読んだ

D級冒険者の俺、なぜか勇者パーティーに勧誘されたあげく、王女につきまとわれてる 3

「ジレイ様だから、好きになったんです」
もう無自覚ではいられない――怠惰なのに強すぎる冒険者の無双ファンタジー、第3幕!
著者: 白青虎猫 (著者) / りいちゅ (イラスト)
シリーズ:「D級冒険者の俺、なぜか勇者パーティーに勧誘されたあげく、王女につきまとわれてる」シリーズ(オーバーラップ文庫)

  • BOOKWALKER電子版
  • Amazon紙書籍

あらすじ紹介

「ジレイ様だから、好きになったんです」
もう無自覚ではいられない――怠惰なのに強すぎる冒険者の無双ファンタジー、第3幕!

魔導学園の生徒たちを救い、魔導国家マギコスマイアでの騒動も一件落着。
その後、ジレイは額に現れた謎の刻印の正体を探るべく、世界の叡智が集う魔導図書館を有する“勇者支援国家”リヴルヒイロへ(レティノアたちも当然のように同行)。
しかし入国目前、現れたのは【才】の勇者・ルーカスだった。
弱き者を認めず、“D級”であるジレイの入国を阻もうとするルーカスに力を示すため、ジレイ達は対抗戦を開き、【才】の勇者パーティーと雌雄を決することに。 
強敵との戦いの最中、成長していくラフィネやイヴ。その原動力は何か。
ジレイはもう、無自覚ではいられない――怠惰な冒険者の無双ファンタジー、第3幕!

みんなのデータ

  • 9
    評価する
  • 3
    読みたい

みんなからのレビュー

  • サケ太

    やはり、好き。ジレイが挑む【才】の勇者との戦い。そして、相変わらずのおせっかい。ラフィネと向き合うジレイの誠実さも見える。しかし、次なる騒動の種も芽生えつつ、次はレティノアの掘り下げか。次巻も楽しみ。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • 真白優樹

    ジレイの顔に浮かんだ刻印の謎を探るべく、世界最大の魔導図書館を有する国へ向かう中、「才」の勇者、ルーカスと激突する今巻。―――許せぬ事を覆す、その心は気づかされる。 イヴやラフィネ、ジレイの内面が克明に描写される中、ジレイが初めて自分から立ち向かう巻であり、彼がラフィネ達の心に向き合い心動かされる、無視できぬ変化の音が響く巻である。解決すべき問題が山積みの中、勇者達の会合の行方とは。あの元気印のレティノアが隠している秘密は、ジレイをどんな問題へと巻き込んでいくのか。 次巻も須らく期待であるべし。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • 菊地

    主人公が駄目ムーブじゃなかった。おかしいぞ? 続きを読む…

    ネタバレあり
  • 怠惰な生活を送りたいジレイになぜかつきまとうラフィネ、イブ、レティの3人。追われるたびに逃げてきたジレイがついに立ち向かいます。それぞれの内面を丁寧に描いていて気持ちのいい読後感です。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • 暁月

    ジレイの本音やラフィネの想いを知れる最高の締めくくりだった。挿絵もとても綺麗で、覚醒したラフィネのシーンはめっちゃカッコ良かった 続きを読む…

    ネタバレあり
powered by読書メーター

製品情報

感想をシェアしよう

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える
Close
この作品を評価しよう!
Excellent!!!
Very Good!!
Good!
評価入力した作品の著者とイラストレーターは新刊通知の対象として登録するよ。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
この作品の感想を3つ選択してね!
評価と感想はキミのパートナーが記憶するよ。
たくさん登録をしてね!
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
Close
みんなの感想
Close
注意
この作品の「読んだ」を取り消しますか?
あなたの評価と感想が削除され、
本棚からこの作品がなくなります。
はい。取り消します。
キャンセル
注意
この操作を取り消しますか?
はい。取り消します。
キャンセル
エラー
ログインして下さい。
ログイン
キャンセル
成功
本棚の「読みたい」に追加しました。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
OK