冷酷皇帝は人質王女を溺愛中なぜかぬいぐるみになって抱かれています 1
読みたい読んだ
読みたい
読んだ

冷酷皇帝は人質王女を溺愛中なぜかぬいぐるみになって抱かれています 1

お飾りの皇妃なのに、陛下が過保護です!? ※ただしぬいぐるみ限定?
著者: 奏 舞音 (著者) / comet (イラスト)
シリーズ:冷酷皇帝は人質王女を溺愛中(ビーズログ文庫)

  • BOOKWALKER電子版
  • Amazon紙書籍

あらすじ紹介

和平のために冷酷皇帝ヴァルトに嫁いだフェルリナ。
ところがある日、刺客に襲われぬいぐるみに憑依してしまう!
やむなく朝から晩まで毎日ヴァルトと一緒に過ごすことになったのだけど――
「かわ……いい」「いいから側にいろ」と陛下がだんだん甘く過保護になり!?
ぬいぐるみの正体は二人だけの重大機密!
溺愛されまくりの激甘ラブコメ!!

パートナーのおすすめレビュー

  • 冷酷皇帝が溺愛しているのは…ぬいぐるみ!?

    エムリス
    エムリス
    虐げられていた王女フェルリナが嫁いだのは、敵国――しかも『冷酷無慈悲』の皇帝ヴァルト。交流するのは週に1度、と形だけの夫婦ですが、親睦を深めたい彼女は皇帝をイメージしたお手製の”クマのぬいぐるみ”を贈ることにしたのです。しかしその矢先……あぁ、なんたる不運! なんと彼女の魂がそのぬいぐるみに憑依してしまったのです!

    皇帝の前にいるのは、事態を説明する"ぬいぐるみ"ことフェルリナ。ふわふわの短い手足を懸命に動かす姿はなんとも愛らしいですが、彼は至って冷静沈着。彼女の陰謀を疑い、自身の「監視下に置く」と言うのです。

    いやはや、こんな状況でも顔色一つ変えないとは、さすが皇帝──おや? どうやらそうでもないみたいですねぇ。彼女が見上げれば視線を逸らし、ぽてぽて動けば天を仰ぐ……さらには『あの可愛さは罪』とまで。ふふ、冷酷皇帝でも彼女の愛らしさには抗えなかったご様子☆

    それからの彼は溺愛が止まりません。朝から晩まで寄り添い、公務まで共にする! もちろん、彼女の仕草に『可愛い!』と叫ぶ本心をひた隠しながら、ですよ☆ いったい彼が愛してるのは”ぬいぐるみ“と”フェルリナ“どちらなんでしょうね♪

    冷酷皇帝が萌え悶える姿を堪能できる本作。ギャップ萌えの真髄、貴方も感じてみませんか?
  • 優しくて純粋な王女フェルリナの健気さに心打たれちゃう!

    宙
    王女でありながら、王家から冷遇されていたフェルリナ。食事は余り物だし、お風呂だって入れない。躾と称して鞭で打たれたりもして……挙句、敵国の皇帝に嫁がされちゃうんだ!

    皇妃になったとはいえ、彼女は敗戦国から送られた人質。だから当然、酷い扱いを──って、あれ? 暖かいお風呂に食事、さらに綺麗な部屋まで!? なんか、想像してた待遇と全然違うね?

    でも、元敵国の王女を警戒していた侍女達は、彼女を困らせようとしてたみたい。湯浴みや着替えを手伝わず、食事も並べない。つまり、職務放棄ってやつ! けど、世話をされたことのないフェルリナはそれを"気遣い"だって勘違いしてたんだ。しかも、みんな親切で優しいって感激して、手作りの贈り物までするんだよ。その純粋さには、侍女じゃなくても心打たれちゃうよね!

    それに彼女は『皇妃』としても頑張ろうとするんだ! 冷酷と呼ばれる皇帝が、民の幸せのために努力をする姿を見て、彼の役に立ちたいって思うようになるんだよ。帝国の通貨や地理を勉強して、王族の教養を身につける! さらに、初対面の臣下を覚えて、やるべき責任を果たそうとするんだ! 

    旦那様を(ぬいぐるみとして)癒しながら、前向きに頑張る彼女にほっこりすること間違いなしだよ!

みんなのデータ

  • 0
    評価する
  • 1
    読みたい

みんなからのレビュー

  • サキイカスルメ

    和平のために結婚した虐げられていた王女フェルリナと冷酷皇帝フェルリナフェルリナが賊に襲われた結果、なぜかクマのぬいぐるみへ憑依してしまうラブコメ。主人公たちの生い立ちや始まりはシリアスですが、ぬいぐるみになってからは楽しいラブコメでした。冷酷皇帝がぬいぐるみを抱えて仕事をしてるんですが!皇帝おかしくなったのでは!?と周りが騒いでるの面白かったです。主人公フェルリナがとにかくかわいい!健気で一生懸命な女の子で、すごく好きです。2人の関係は円満になりましたが、謎が残されたままなので続くのかな? 続きを読む…

    ネタバレあり
  • 雪苺

    和平の為に冷酷皇帝に嫁いだフェルリナはある日刺客に襲われぬいぐるみに憑依してしまう。ぬいぐるみの正体は二人だけの秘密で彼女の内面を知り惹かれていく話。読了後はぬいぐるみの愛らしさに悶える皇帝しか記憶にない。皇妃が贈ってくれたぬいぐるみと親睦を深める冷酷皇帝、王城の人達驚愕の表情になるよね。熱のこもった情熱的な視線をぬいぐるみに向ける場面で仮に第三者が見たらと想像したら笑ってしまった。結果的にぬいぐるみを持った事で反乱分子を一掃する為の計画だったかのように見えてしまう件。挿絵がどれも可愛かったし楽しかった。 続きを読む…

    ネタバレあり
powered by読書メーター

製品情報

  • レーベル
  • 発売日
    2022/01/15
  • 定価
    748円(本体680円+税)
  • ISBN
    9784047368910

感想をシェアしよう

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える
Close
この作品を評価しよう!
Excellent!!!
Very Good!!
Good!
評価入力した作品の著者とイラストレーターは新刊通知の対象として登録するよ。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
この作品の感想を3つ選択してね!
評価と感想はキミのパートナーが記憶するよ。
たくさん登録をしてね!
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
Close
みんなの感想
Close
注意
この作品の「読んだ」を取り消しますか?
あなたの評価と感想が削除され、
本棚からこの作品がなくなります。
はい。取り消します。
キャンセル
注意
この操作を取り消しますか?
はい。取り消します。
キャンセル
エラー
ログインして下さい。
ログイン
キャンセル
成功
本棚の「読みたい」に追加しました。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
OK