劣等人の魔剣使い スキルボードを駆使して最強に至る 3
読みたい読んだ
読みたい
読んだ

劣等人の魔剣使い スキルボードを駆使して最強に至る 3

スキルボードを駆使して頂点をめざせ! 王都ユステルに向かう透とエステル――そこに待ち受けるのは兇悪な……!?
著者: 萩鵜アキ (著) / かやはら (イラスト)
シリーズ:劣等人の魔剣使い(Kラノベブックス)

あらすじ紹介

異世界に転生した水梳透は、レベルが上がらない“劣等人”であった――はずだが、
神様からもらったスキルボードを駆使することで、短期間でレベルが上昇。
フィンリスの危機を救ってみせた。
その功績により念願の一軒家を与えられた、透とエステル。
なぜかリリィも加わっての新しい生活が始まり、
珍しい食材と料理と剣と魔術の鍛錬漬けの日々を過ごしていた。
そんなある日、王都・ユステルでの警備任務の依頼を受け――。
透とエステルを、王都にて待ち受ける新たな出会い。
そして、さらなる危機が迫り来る……!?

みんなのデータ

  • 3
    評価する
  • 1
    読みたい

みんなからのレビュー

  • 18mf_

    【ネタバレ】フィンリスの騒動を治めた報酬で受け取った自宅に帰ると、何故か騒動で家を失ったリリィが、というところで終わった前巻、今巻でその理由が明らかに。もう少しエステルが嫉妬する系の理由かと思いきや、もう少し俗っぽい理由でした。無事解決後、今度は指名依頼で王都へ。王都では、遂にエステルの過去が明らかに。またも騒動に巻き込まれるも、何とか切り抜ける。これら騒動の原因を解決して行った先が物語の完結、なのでしょうか。続きが気になります。 続きを読む…

    ネタバレあり
powered by読書メーター

製品情報

感想をシェアしよう

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える
Close
この作品を評価しよう!
Excellent!!!
Very Good!!
Good!
評価入力した作品の著者とイラストレーターは新刊通知の対象として登録するよ。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
この作品の感想を3つ選択してね!
評価と感想はキミのパートナーが記憶するよ。
たくさん登録をしてね!
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
Close
みんなの感想
Close
注意
この作品の「読んだ」を取り消しますか?
あなたの評価と感想が削除され、
本棚からこの作品がなくなります。
はい。取り消します。
キャンセル
注意
この操作を取り消しますか?
はい。取り消します。
キャンセル
エラー
ログインして下さい。
ログイン
キャンセル
成功
本棚の「読みたい」に追加しました。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
OK