ひきこまり吸血姫の悶々 7
読みたい読んだ
読みたい
読んだ

ひきこまり吸血姫の悶々 7

「たとえ世界がひっくり返っても私は引きこもる!!!」

第11回GA文庫大賞《優秀賞》
自己評価↓最低 他者評価↑最高 ダメダメ美少女が大勝利!
著者: 小林湖底 (著者) / りいちゅ (イラストレーター)
シリーズ:「ひきこまり吸血姫の悶々」シリーズ(GA文庫)

  • BOOKWALKER電子版
  • Amazon紙書籍

あらすじ紹介

「たとえ世界がひっくり返っても私は引きこもる!!!」

第11回GA文庫大賞《優秀賞》

自己評価↓最低 他者評価↑最高 ダメダメ美少女が大勝利!


コマリ結婚!?

囚われの姫を救うため夭仙郷にコマリ立つ!


長き歴史を誇る国「夭仙郷」。

だが、その皇帝は気力を失い、
丞相の専横によって王権は衰え、
姫であるアイラン・リンズは
丞相と結婚させられることが決まっていた。

このままでは国が丞相に乗っ取られてしまう。

追い詰められたリンズは、コマリに助けを求めるのだった。


「結婚してほしいの」

「はぁぁぁぁ!?!?!?!?!?」


丞相と対決してコマリが花嫁を奪い、結婚を阻止してほしいというのだ。

ほかに頼るべき味方のいないリンズを救うため、
コマリは夭仙郷へと乗り込んでいく。

だが、丞相の専横の裏では、さらに恐るべき陰謀が進行していた……。

国を、姫を救うため、コマリが神秘の夭仙郷を駆け抜ける!

みんなのデータ

  • 0
    評価する
  • 1
    読みたい

みんなからのレビュー

  • ナギ

    コマリの結婚が焦点になる巻でした。表から策略を練る者、裏で手を引く者。最後にはごちゃまぜになって敵対する者を叩き潰す……いつものドラゴンボール展開ですが、少しずつですが全く同じようにならないように配慮されていますね。なので私のように様式美として同じオチ展開を望む者にも一定の満足感を与えてくれます。死んでも生き返るという設定を避けた本当に死んでしまう状況も増えてきて、どこか緊張感がなかった部分も解消されつつあります。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • のれん

    分かりやすく分断された各勢力の理想の統一戦記でもあったのか、今作。 いや主人公はそのままだけど、毎回舞台となる国を変えて英雄譚を作るだけだと思ったけどなんかスケール大きくなってんな。 善政もまた滅ぼされたものたちにとっては苛政であるという指摘は重要。どういう政策にしても必ず出る悪というか膿をどう扱うか。それこそ政治であろう。 そこまで考える作品ではないかもしれないけれど、少なくともコマリ一人で国家と人民に与える影響力の責任感を持ち始めたことがターニングポイント。次巻の新展開に期待。 続きを読む…

    ネタバレあり
powered by読書メーター

製品情報

  • レーベル
  • 発売日
    2022/01/15
  • 定価
    770円(本体700円+税)
  • ISBN
    9784815613785

感想をシェアしよう

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える
Close
この作品を評価しよう!
Excellent!!!
Very Good!!
Good!
評価入力した作品の著者とイラストレーターは新刊通知の対象として登録するよ。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
この作品の感想を3つ選択してね!
評価と感想はキミのパートナーが記憶するよ。
たくさん登録をしてね!
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
Close
みんなの感想
Close
注意
この作品の「読んだ」を取り消しますか?
あなたの評価と感想が削除され、
本棚からこの作品がなくなります。
はい。取り消します。
キャンセル
注意
この操作を取り消しますか?
はい。取り消します。
キャンセル
エラー
ログインして下さい。
ログイン
キャンセル
成功
本棚の「読みたい」に追加しました。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
OK