佐々木とピーちゃん 4 異能力者と魔法少女がデスゲーム勢を巻き込んで喧嘩を始めました~並びに巨大怪獣が日本来訪のお知らせ~
読みたい読んだ
読みたい
読んだ

佐々木とピーちゃん 4 異能力者と魔法少女がデスゲーム勢を巻き込んで喧嘩を始めました~並びに巨大怪獣が日本来訪のお知らせ~

冴えない中年×文鳥賢者のクロスオーバーエンタメ第四弾!
著者: ぶんころり (著者) / カントク (イラスト)
シリーズ:佐々木とピーちゃん

  • BOOKWALKER電子版
  • Amazon紙書籍

あらすじ紹介

お酒に酔っ払ったピーちゃんのミスにより、二人静が用意した拠点の存在がインターネットに流出。
これを確認したことで同所には、お隣さんを筆頭にして、星崎さんや魔法少女、エルザ様と各界の少女たちが集結した。
当然のようにいがみ合う面々。
魔法や異能力、銃弾やマジカルが右へ左へ飛び交う。
その傍らで佐々木には上司から新たなお仕事が与えられる。
太平洋の大海原に巨大怪獣、来訪のお知らせ。
佐々木は局員として二人静や星崎さんと共に、その調査に向かうことになった。
他方、お隣さんとアバドン少年の周囲では、天使とその使徒たちによる企みが蠢く。
ゲストに自衛隊をお迎えしてお送りする巨大怪獣襲来×各界クロスオーバー編、冴えない中年と文鳥賢者は無事に地球の平和を守れるのか。
ヒロインたちの関係が加速していく、待望の第四巻!

みんなのデータ

  • 3
    評価する
  • 1
    読みたい

みんなからのレビュー

  • なっぱaaua

    このラノ単行本部門1位オメデトウございます。異世界ファンタジー&異能バトル&魔法少女&天使と悪魔の代理戦争とごった煮世界に怪獣がやってきた。このごちゃ混ぜ感の中、物語として成立しているのが凄すぎる。今迄の展開でお隣さんに二人静、星崎さんに魔法少女が温泉宿で食事をしているシーンを想像出来ただろうか。エルザ様の含めれば佐々木ハーレムなんだろうけど半分は未成年だからお気をつけあそばせ。しかしお隣さん母は呆気なかった。ヤンデレお隣さんからすると願ったりなんだろうが。クラーケン退治はやっぱりそう来たか。~続く~ 続きを読む…

    ネタバレあり
  • こも 零細企業営業

    なかなかの面白さ。魔法を使える佐々木達。超能力、特異体質が使える超常現象対策室、マジカルな魔法少女達、そして悪魔と天使のデスゲームが複雑に混んでしまう。そんな状況にピーちゃんの世界から水性龍の亜種が太平洋上に現れ日本に接近。その偵察に派遣させられる佐々木達は色々と巻き込まれて、沈没した船のクルーを救助して、水性龍の亜種に攻撃されて気を失った魔法少女を救出したり奮闘する。さらに悪魔と天使のデスゲームの隔離結界を利用して、水性龍の亜種を退治する作戦を立案するのだが、悪魔側はお隣さんが居るから余裕。天使側が、、 続きを読む…

    ネタバレあり
  • アウル

    前巻の衝撃的な終わり方から今回の修羅場どうなる事かと思ったらとりあえずはそういう風に落ち着けるのね。一旦は落ち着いたと思ったらまた異世界から魔物が登場し、大怪獣ものに大変身してるしw巻数重ねるごとにドンドン混沌として面白いし予想できないのがまた面白い。果たして今後がどうなっていくのか楽しみだわ。お隣さんもお隣さんでなくなり果たしてどうなるのかな。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • AKF-ZERO

    3巻ラストの修羅場から何がどうしてこうなったな「一仕事終えた後のビールは堪らんのう!」(のじゃロリ談)な表紙。事態は一転、異世界異能魔法少女デスゲーム勢vs大怪獣へ。大小様々なイベントの連続で読者を飽きさせない作風に磨きがかかっており、これを破綻させない筆力の高さには驚かされます。まさかラノベで今まで謎だったうなぎが何処から来てるかなんてネタを目にするとは。発想が凄い。イラストも最高です。お隣さんのパジャマ姿からのびる御御足がががが。眼福です。温泉での星崎さんも眼福です。カントクさんは神でした。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • ささきち

    告知の時は佐々木楽しんでるなーwなんて思っていたが手に取って表紙を見ると後ろにビオランテ見たいなバケモンおるなと気づいた4巻。前回のあの修羅場からスタートしたわけだが予想外に静かーに収まって一安心?ヒロインレースの結果は何一つ分からんというか変わらなかったが、実力差はこれで決まったかね〜エルザは場外として星崎がテコ入れ必須レベルで魔法少女は現実空間なら最強でお隣さんは異空間に入らないと厳しいが入れば魔法少女にすら勝てると。ヒロイン同士でバトル可能性もあるだけにどうなっていくのか楽しみです。 続きを読む…

    ネタバレあり
powered by読書メーター

製品情報

  • レーベル
  • 発売日
    2021/11/25
  • 定価
    1430円(本体1300円+税)
  • ISBN
    9784046809155

感想をシェアしよう

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える
Close
この作品を評価しよう!
Excellent!!!
Very Good!!
Good!
評価入力した作品の著者とイラストレーターは新刊通知の対象として登録するよ。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
この作品の感想を3つ選択してね!
評価と感想はキミのパートナーが記憶するよ。
たくさん登録をしてね!
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
Close
みんなの感想
Close
注意
この作品の「読んだ」を取り消しますか?
あなたの評価と感想が削除され、
本棚からこの作品がなくなります。
はい。取り消します。
キャンセル
注意
この操作を取り消しますか?
はい。取り消します。
キャンセル
エラー
ログインして下さい。
ログイン
キャンセル
成功
本棚の「読みたい」に追加しました。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
OK