可愛い可愛い彼女がいるから、お姉ちゃんは諦めましょう?
読みたい読んだ
読みたい
読んだ

可愛い可愛い彼女がいるから、お姉ちゃんは諦めましょう?

告白する相手を間違えた! 誤爆から始まるこの恋の行方は予測不能!?
著者: 上月司 (著者) / ろうか (イラスト)
シリーズ:可愛い可愛い彼女がいるから、お姉ちゃんは諦めましょう?(電撃文庫)

  • BOOKWALKER電子版
  • Amazon紙書籍

あらすじ紹介

「ハイ、センパイ。あーん、ですよ」
 僕の彼女は可愛い。こんなに綺麗で可愛くて甘え上手な彼女がいるなんて、普通に考えれば幸せ以外の何でもない──はずなのに、僕が胃をキリキリさせて苦悶しているのには理由がある。
 僕が想いを寄せる、城之崎ゆかり先輩に告白を決意したその日は、二人きりで放課後の司書室で作業と決まっていた。
 これぞ好機と司書室に先輩が入ったのを確認し、思いの丈をぶつける……が。
「好きです! 付き合って下さ──ぃっ!?」
 告白した相手が見知らぬ美少女だと気付きフリーズしていると、隣の保管庫から出てきたのは先輩だった!!
「“お姉ちゃん”──告白されたので、この人と付き合うことになりました」
 先輩と後輩、姉と妹、あなたはどっち派? 誤爆から始まるこの恋の行方は!?

みんなのデータ

  • 6
    評価する
  • 8
    読みたい

みんなからのレビュー

  • まっさん

    ★★★☆ これはなかなか良かった作品。良い意味で最後までサクサク読み進める事が出来、砂糖強めでも甘すぎないちょうど良い塩梅の良ラブコメ作品という印象を受けました。 物語はいたって単純で、ある日想いを寄せる一つ上の先輩に告白したところ誤って一つ下の妹にその丈をぶつけてしまい、何故か妹がそれを受け入れ交際がスタートしてしまうというもの。正直序盤はヒロインが主人公の間違い告白を受け入れた理由が全く分からなかった事もあってあまり感情移入が出来ず、この手の現代ラブコメ物には少し厳しいかなという印象を持っていまし→ 続きを読む…

    ネタバレあり
  • TERU

    同じ図書委員の先輩に恋をした僕は、 先輩と作業で二人きりになる、放課後の司書室で告白をする事を決意。 遂にやってきた告白の瞬間!司書室に入るやいなや、先輩の姿を確認もせず勢いのままに
「好きです! 付き合って下さ──ぃっ!?」
告白した相手は見知らぬ美少女だった...?あれ先輩じゃない!?すると、隣の保管庫から先輩が出てきて...
「“お姉ちゃん”──告白されたので、この人と付き合うことになりました」 告白を誤爆した挙句に相手は好きな人の妹だと... 続きを読む…

    ネタバレあり
  • 真白優樹

    実家のケーキ屋が潰れかけている少年が、間違えて憧れの先輩の妹に告白してしまい始まる物語。―――時に奔放、感じたままに。その輝きは純粋に。 告白の誤爆と言う中々にない状況から始まるドタバタ感の強いラブコメと言える物語であり、可愛い妹に振り回される、そんな甘酸っぱい展開が目白押しな物語である。振り回されたい皆様は是非。始まったばかりの三角関係、未だに固まっていない関係と揺れる想いは何処へ行くのか。この先、先輩か、はたまた妹か。いつか選ぶ時に少年は一体、どんな選択肢を選ぶのか。 次巻も須らく期待であるべし。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • alleine05

    面白かった。どこまでもポジティブかつパワフルなエイミー可愛い盛りだくさんな作品だった。告白が誤爆してつきあうことになったということで下手したら主人公にもヒロインにも好感が持てなくなりそうなところだけど、そのへんはちゃんとこういう流れならこうするのもわからなくもないと許容範囲だったのも、ストーカーなどの不穏要素もあったもののそれほど大ごとにならなかったのも良かった。要するにとても自分の好みに合う作品だった。ダブルヒロインというには姉の出番が少なかったので、できれば続きもあってほしい。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • rotti619

    同じ図書委員の城之崎ゆかりへ告白をしようとしたら、そこにいたのが妹の詠美の方で、何故かOKが出てしまうというお話。主人公往人としては早々になかったことにして、告白し直したいのだが、父親の洋菓子店の閉店の危機を救う恩を受けて無下にもできないし、詠美の積極性も凄いし…と、彼女の良さに惹かれていくことになる。この作品の良い所は、詠美が好きになった理由が姉のゆかりへの当てつけとかではなかったのと、それがきっかけで往人が決断した所。ベテラン作家らしい場にあるものを全て利用して上手に物語を動かしていた。オチは笑った。 続きを読む…

    ネタバレあり
powered by読書メーター

製品情報

  • レーベル
  • 発売日
    2021/12/10
  • 定価
    704円(本体640円+税)
  • ISBN
    9784049139488

感想をシェアしよう

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える
Close
この作品を評価しよう!
Excellent!!!
Very Good!!
Good!
評価入力した作品の著者とイラストレーターは新刊通知の対象として登録するよ。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
この作品の感想を3つ選択してね!
評価と感想はキミのパートナーが記憶するよ。
たくさん登録をしてね!
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
Close
Close
注意
この作品の「読んだ」を取り消しますか?
あなたの評価と感想が削除され、
本棚からこの作品がなくなります。
はい。取り消します。
キャンセル
注意
この操作を取り消しますか?
はい。取り消します。
キャンセル
エラー
ログインして下さい。
ログイン
キャンセル
成功
本棚の「読みたい」に追加しました。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
OK