才女のお世話 高嶺の花だらけな名門校で、学院一のお嬢様(生活能力皆無)を陰ながらお世話することになりました 2
読みたい読んだ
読みたい
読んだ

才女のお世話 高嶺の花だらけな名門校で、学院一のお嬢様(生活能力皆無)を陰ながらお世話することになりました 2

「わたくし、あなたが気に入りました」 完璧を演じるお嬢様とお世話係の甘々ラブコメ、待望の第2弾!!
著者: 坂石遊作 (著) / みわべさくら (イラスト)
シリーズ:才女のお世話(HJ文庫)

  • BOOKWALKER電子版
  • Amazon紙書籍

あらすじ紹介

「わたくし、あなたが気に入りました」 
完璧を演じるお嬢様とお世話係の甘々ラブコメ、待望の第2弾!!

『完璧』を演じる実は怠惰なお嬢様・雛子と、甲斐甲斐しく彼女の面倒をみる元一般庶民のお世話係・伊月。
彼への想いから素直になれずにいる雛子の態度を、お世話係として未熟だからだと勘違いした伊月は、より実践的なレッスンを受けることに。しかし、そのお相手は雛子をライバル視するお嬢様・天王寺美麗で――

「どうやらわたくしは、努力する人が好きみたいですわ」

さらに、美麗に持ち込まれた縁談をきっかけに、伊月が奔走することにもなって!? 
お嬢様とお世話係の恋物語、待望の第2弾!!

みんなのデータ

  • 18
    評価する
  • 7
    読みたい

みんなからのレビュー

  • 芳樹

    雛子の様子がおかしいのはお世話係としての未熟さゆえかと思った伊月が、スキルアップを目指し雛子をライバル視する天王寺美麗に弟子入りすることになるが…。圧倒的な美麗回でした。天王寺家のためと努力に努力を重ねる美麗は気高い。でも”普通の”女の子でありたいことも心の奥底にあるというところに切なさを感じました。そんな彼女への伊月が告げる一言が彼女の殻を破る、という展開が心に響きます。物語が大きく動くわけでは無い今回ですが、美麗が物語の舞台に立つためには必須なエピソードだったと思います。続きがとても楽しみです。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • わたー

    ★★★★★主人公を異性として意識しだしたことで、よそよそしい態度をとってしまう雛子。そんな彼女の変化を、何故か自分の従者としての実力不足が原因と勘違いして、天王寺さんに助力を乞うという内容。彼女と共に時間を過ごすうちに、努力家なところや、負けず嫌いなところといった彼女の魅力がより鮮明に見えてきていて非常によかった。また、とある事情によって彼女が抱いていた悩みと、その悩みに起因する「婚約」について、主人公なりの誠実さで解決に導いたこともポイント高い。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • オセロ

    雛子の様子がおかしくなった原因が自分のお世話係としての実力不足だと勘違いした伊月は、お茶会でマナーを指摘された天王寺美麗の元でお世話係としてのレベルアップを図るべく様々なことを勉強することに。 美麗の教え方の上手さと伊月の向上心の高さからどんどん礼儀作法が上達していく一方で、明らかになる美麗の悩みと天王寺家として生きる覚悟。 そんな美麗の本当の幸せを思い、伊月が美麗の両親の本当の気持ちを気付かせる展開は胸熱でしたね。 また、今回は出番が少ないにも関わらず雛子の可愛さも健在で次巻も楽しみです。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • よっち

    彼への想いを自覚して素直になれずにいる雛子の態度を、お世話係として未熟だからだと勘違いした伊月。より実践的なレッスンを受けるため雛子をライバル視するお嬢様・天王寺美麗に様々なことを学ぶ第二弾。ツンデレお嬢様かと思っていた美麗は熱心な教え上手で、着々とレベルアップしてゆく伊月。一方、努力し続けなければいけない事情を抱えていた美麗に持ち込まれた縁談。彼女にとってそれは幸せなことなのか、心配した伊月が奔走する展開はなかなか良かったですけど、今回出番が少なめだった雛子もまたなかなか存在感があって続巻が楽しみです。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • まっさん

    ★★★★ 表は才色兼備、裏では自堕落で生活能力皆無な財閥令嬢を陰ながら支える為に奮闘する。一人の平凡な男の子を描いた物語第二弾。 またメインヒロインよりサブヒロインに惹かれる呪いにかかってしまった今巻…表紙に描かれているメインヒロイン・雛子をライバル視している財閥令嬢・美麗の魅力が天元突破している今巻では、ただただ彼女と主人公の気の置けないやり取りを楽しむ事ができ、そこにちょくちょく挟まれるメインヒロイン・雛子の可愛らしさも堪能する事ができる良いラブコメ作品である。今作はヒロインの魅力に加えて主人公に→ 続きを読む…

    ネタバレあり
powered by読書メーター

製品情報

  • レーベル
  • 発売日
    2021/12/01
  • 定価
    715円(本体650円+税)
  • ISBN
    9784798626772

感想をシェアしよう

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える
Close
この作品を評価しよう!
Excellent!!!
Very Good!!
Good!
評価入力した作品の著者とイラストレーターは新刊通知の対象として登録するよ。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
この作品の感想を3つ選択してね!
評価と感想はキミのパートナーが記憶するよ。
たくさん登録をしてね!
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
Close
Close
注意
この作品の「読んだ」を取り消しますか?
あなたの評価と感想が削除され、
本棚からこの作品がなくなります。
はい。取り消します。
キャンセル
注意
この操作を取り消しますか?
はい。取り消します。
キャンセル
エラー
ログインして下さい。
ログイン
キャンセル
成功
本棚の「読みたい」に追加しました。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
OK