処刑少女の生きる道 7 ロスト
読みたい読んだ
読みたい
読んだ

処刑少女の生きる道 7 ロスト

TVアニメ4月1日放送開始!
著者: 佐藤真登 (著者) / ニリツ (イラストレーター)
シリーズ:「処刑少女の生きる道」シリーズ

  • BOOKWALKER電子版
  • Amazon紙書籍

あらすじ紹介

TVアニメ2022年4月1日放送開始!

新章突入!
吹雪のなか、“星落とし”の幕が開く。
彼女が彼女を殺すための物語、廻天の第7巻!!

「だから、この【時】を懸けて、あの子を取り戻すのよ」

導師『陽炎』との激戦から半年。
第一身分に追われるメノウたちは、北の大地にいた。
マヤの持つ1000年前の記憶によれば、北の空に浮かぶ四大人災・星骸の白濁液内に眠る“情報”がアカリを取り戻すための鍵になるという。
10年に一度の“孵化”のタイミングを狙い、第一身分の追っ手をかわしながら星骸に接近するメノウ一行。
しかしその前に、最強の神官にして【白】の代行者・異端審問官ミシェルが立ちはだかり――。

新章突入! 吹雪のなか、“星落とし”の幕が開く。
彼女が彼女を殺すための物語、廻天の第7巻!!

みんなのデータ

  • 3
    評価する
  • 3
    読みたい

みんなからのレビュー

  • 芳樹

    【電子】『陽炎』との激戦から半年が経ち、メノウはアカリを取り戻すために北の地へ。迷いを振り切ったメノウが格好良い。モモが去りアカリを失い、メノウを取り巻くメンバーが一新。万魔殿のマヤ、絡繰世のアビィ、そしてサハラと皆クセが強く、これまでとは違ったキャラどうしの掛け合いが楽しい。ハクアたちの過去に触れることで、前回示された世界の秘密がさらに補完されこれまでの伏線が回収される展開も良かった。さて、最後に登場したメノウと袂を分かったモモは、彼女とってどういう存在になるのでしょうか。続きが楽しみです。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • リク

    メノウが仲間のもとを離れ、チグハグなメンバーでの行動。こうして見ると改めて思うが、淡々としてるだけでメノウのコミュ力半端ないな。目的があるとはいえこのメンバーで上手くやってるの本当にすごい。あと、今回でサハラがかなり好きになった。この子は巻き込まれ系主人公の素質があるな。そう言い切れるのはもはや信頼以上の何かでしょう。そしてこのラスト。期待以上に不安が高まるけど、メノウの未来はどうなる? 続きを読む…

    ネタバレあり
  • 八岐

    ★★★☆ サハラさん、なんか以前よりも雑念を捨ててシンプルに小物らしさに磨きをかけてきた事で、小物界の大物らしい風情を手に入れ出してるなあ。何気に無視できない存在感を示しだしているし。メノウはメノウでそれは忘れたらあかんやろう!という所から率先して忘れていく潔さ。この子はこの子で極端から極端に走るというか、もうちょっとジリジリ進んでもいいのよ? マヤとはじっくり向き合えたんだから。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • タイコンデロガ級

    今巻でサハラとマヤが完全にメノウの仲間だと分かったいいエピソードでありました。 時の純粋概念、やっぱり使うと…アレですよね…。メノウの浸食速度は普通らしいですが、モモとの記憶が既に飛んでるあたり本当に普通なのかちょっと訝しんでしまいます。そのモモはミシェルの直属部隊に配されて不穏な台詞を残して今巻の締めとしていました。が、モモがメノウを裏切るようなことはしないハズだと信じていますよ。 そして千年前にハクア達が戦っていた相手だったというグリザリカ財閥…。今のグリザリカはその財閥の末裔なのでしょうが…果たして 続きを読む…

    ネタバレあり
  • リュウ

    1巻から7巻までほぼ一気読みしましたが物語もいよいよ新たなフェーズに入ってきました。メノウが恐ろしいまでに記憶を削ってるので、半ば本末転倒気味になってるのがかなり辛い…第一部のアカリの献身を彷彿とさせますが、メノウの方が数段自分を投げ捨ててる気がしてかなり先行きが不安になりました…アビィも良からぬことを企んでいるし、グリザリカ財閥(憑依使ってる防人の人?)は確実にやばいし、「星骸」にもまだ一癖ありそうだし、次の巻が待ち遠しくなりました。 個人的にはラノベらしいラノベにうまーく百合を重ねてくれた良作です。 続きを読む…

    ネタバレあり
powered by読書メーター

関連情報

2022年春 注目のラノベ原作アニメ 大増量試し読みキャンペーン

製品情報

  • レーベル
  • 発売日
    2022/04/15
  • 定価
    704円(本体640円+税)
  • ISBN
    9784815613990

感想をシェアしよう

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える
Close
この作品を評価しよう!
Excellent!!!
Very Good!!
Good!
評価入力した作品の著者とイラストレーターは新刊通知の対象として登録するよ。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
この作品の感想を3つ選択してね!
評価と感想はキミのパートナーが記憶するよ。
たくさん登録をしてね!
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
Close
みんなの感想
Close
注意
この作品の「読んだ」を取り消しますか?
あなたの評価と感想が削除され、
本棚からこの作品がなくなります。
はい。取り消します。
キャンセル
注意
この操作を取り消しますか?
はい。取り消します。
キャンセル
エラー
ログインして下さい。
ログイン
キャンセル
成功
本棚の「読みたい」に追加しました。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
OK