僕らのセカイはフィクションで
読みたい読んだ
読みたい
読んだ

僕らのセカイはフィクションで

自作小説のキャラが現実世界に? 作者の知識で理想のヒロインを守り抜け!
著者: 夏海公司 (著者) / Enji (イラスト)
シリーズ:僕らのセカイはフィクションで(電撃文庫)

  • BOOKWALKER電子版
  • Amazon紙書籍

あらすじ紹介

 学園事件解決人・笹貫文士の高校生活は忙しい。学園内外のトラブルを引き受けながら、創作活動――Webで小説を連載する作家としても人気を博していた。
 最新作『アポカリプス・メイデン』の評価は高く、有名イラストレーターがファンアートを描いてくれるほど。しかし今、文士の筆は止まっていた。この先の展開に詰まっていたのだ。
 定期更新の締切が迫る中、学校からの帰り道でも、ヒロイン・いろはが活躍する山場のシーンに思考を巡らせる。ようやくイメージがまとまりそうになった瞬間──そのいろはが文士の目の前を駆け抜けて行くのだった──。
 超常現象(ファンタジー)と現実(リアル)の境界を超えて、作者知識で無双せよ!? 謎が謎を呼ぶボーイ・ミーツ・ヒロインここに開幕!

パートナーのおすすめレビュー

  • 自作小説の世界が現実に!! まだ見ぬ展開にも立ち向かいます

    つむぎ
    つむぎ
    笹貫文士さんは《学園事件解決人》として学園内外のトラブルを解決する頭脳明晰な高校生。さらにWebで小説を連載する作家としても大人気なんです。最新作『アポカリプス・メイデン』の評価は高く、有名イラストレーターがファンアートを描いてくれるほどなんですよ。三足のわらじ生活は忙しいでしょうが、とっても充実していますね。

    そんなある日のこと。小説の更新日が迫る中で先の展開に詰まってしまい、授業中も下校中も小説のことで頭がいっぱいになった文士さんの目の前を、なんと『アポカリプス・メイデン』のヒロイン・いろはさんが駆け抜けていくんです!

    思わず目を疑ってしまいますが、見れば見るほど小説で描いた理想のヒロインそのもの。さらに《人類の敵アークの民》に狙われているという設定まで一致していて……。

    ……ということは、敵キャラやその異能まで再現されている……? これは、かなり危機的状況です!

    でも、作者だからこそ打てる対策があるはずです。自分が設計した敵の能力や性格を逆手にとって翻弄しながら、身を挺していろはさんを守る文士さんはまさにヒーローそのもの!

    未だ見ぬ展開にもめげずに立ち向かっていく二人の、フィクションを超えた絆に心打たれてしまいます!
  • 現れたのは自作小説の”理想のヒロイン”!?

    綾乃
    綾乃
    理想のヒロインや主人公像を、みんな一度は思い描いたことがあるんじゃないかな? 文士くんが理想のヒロインとして小説で描いたいろはちゃんは、パステルブルーのセーラー服に亜麻色の髪、透き通るような白い肌に紫色の瞳を持つ女の子。これだけですっごく可愛い女の子だって想像できるよね!

    小説のいろはちゃんは主人公と背中を合わせて敵に立ち向かうような、決してあきらめない凛とした性格! ……のはずだけど、文士くんの目の前にいるいろはちゃんは弱気で怖がりで泣き虫な女の子なの。彼が思い描いたヒロインとは少し違うところもあるみたい?

    でもね、文士くんは「ヒロインを守るのは作者の務め」だって、必死に助けようとするんだよ。強力な異能を持つ敵の攻撃を受けたら死んじゃうかもしれないのに……!

    自分の思い描いたヒロインが目の前に現れたら、現実とフィクションの境目が分からなくなっちゃいそう~! けど、そんな体験ができたら絶対楽しいだろうね……。

    必ずしも思い通りの展開にはならないかもしれないけど、「こうだったらいいな」っていう理想、妄想がたくさん詰まったお話になっているよ。10代の学生さんはもちろん、創作好きな人にもぜひ読んでほしいな!

みんなのデータ

  • 1
    評価する
  • 10
    読みたい

みんなからのレビュー

  • わたー

    ★★★★★氏の最新作は、学園のトラブルシューターとして活躍する主人公が、自身がWEBで連載している作品のヒロインと瓜二つの少女と出会うことから始まるボーイミーツガール。突然現れたとはいえ、いわば「娘」のような存在の少女を、持ち前の機転によって救い出す姿は主人公然としていて格好よく、だからこそ終盤の展開が生きていたように思う。というか、後半は何を言ってもネタバレになるので多くは語らないが、世界の構造に対する設定が元SEの著者らしいもので非常に良かった。単巻完結の良作。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • アウル

    笹貫文士の高校生活は忙しい。学園内外のトラブルを解決しながらweb小説小説を書く作家として活動していた。そんなある日、定期更新の締め切りが迫る中、自身が書いているメインヒロインそっくりの少女が駆け抜けていき...な話。序盤の掴みから読ませてくるなと思ったわ。まあ、後半からちょっとごちゃついた感じがして読みにくかったのが残念だったな。それでも全体的には面白かったしちゃんとタイトルの意味も回収してたし良かった。読む人を選びそうだがハマる人にはハマるかも。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • オセロ

    学校で解決した事件を活かしたWeb小説で人気を博していた笹山文士。そんな文士が学校から帰っている時に何故か小説の登場人物のいろはといろはを狙う奇術師が現れる。自作の小説の知識を活かして奇術師と戦う展開にはワクワクが止まりませんね。 果たして文士と奇術師がどんな戦いを見せてくれるのかと思いきや3章から話は急展開。何故〈フィクション〉と〈リアル〉が入り混じってしまったのか。若干難しい内容でしたが、重厚なSFファンタジーを味わうことが出来ました。続刊はあるのかな? 続きを読む…

    ネタバレあり
  • ひぬ

    学園事件解決人、高校生、そしてWeb作家の三足の草鞋を履く主人公・笹貫文士。ある日、学校からの帰り道、ファンタジーとリアルが交錯し、彼は自作のヒロインに遭遇し超常現象に巻き込まれます。文士の設定が序盤からかなり盛られていたと感じましたが、まさかそう来るとは。中盤からの怒涛のどんでん返しには驚きました。終盤は怒涛の勢いで話が進み、色々な設定が複雑に絡み合ったので少し分かりにくかったですが、単巻の物語として綺麗に締め括られ、良い後味が残るラストでした。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • kid

    『なれる!SE』から夏海先生の作品が好きに。笹貫文士の高校生活は忙しい。学園事件解決人をしながら、創作活動…Web小説作家もしていた。最新作の評価は高く学校の帰り道でも、ヒロイン・いろはの活躍シーンに思考を巡らせる。イメージがまとまりそうになった瞬間…そのいろはが文士の目の前を駆け抜けて行く…そんな始まり。自分が書いた小説のキャラが現実世界に…!前半は読みやすく楽しい。中盤には驚いた!まさか逆だとは!終盤も楽しかった!が、読む人によっては難しいような…。タイトルの意味がとても良かったです。次巻も楽しです。 続きを読む…

    ネタバレあり
powered by読書メーター

みんなのラノベまとめ

  • 2021年現代異能バトルベスト!!
    水無月冬弥が作成したまとめ2021年現代異能バトルベスト!!で紹介されています。
    1

製品情報

  • レーベル
  • 発売日
    2021/11/10
  • 定価
    726円(本体660円+税)
  • ISBN
    9784049140316

感想をシェアしよう

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える
Close
この作品を評価しよう!
Excellent!!!
Very Good!!
Good!
評価入力した作品の著者とイラストレーターは新刊通知の対象として登録するよ。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
この作品の感想を3つ選択してね!
評価と感想はキミのパートナーが記憶するよ。
たくさん登録をしてね!
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
Close
みんなの感想
Close
注意
この作品の「読んだ」を取り消しますか?
あなたの評価と感想が削除され、
本棚からこの作品がなくなります。
はい。取り消します。
キャンセル
注意
この操作を取り消しますか?
はい。取り消します。
キャンセル
エラー
ログインして下さい。
ログイン
キャンセル
成功
本棚の「読みたい」に追加しました。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
OK