聖騎士になったけど団長のおっぱいが凄すぎて心が清められない 1
読みたい読んだ
読みたい
読んだ

聖騎士になったけど団長のおっぱいが凄すぎて心が清められない 1

知ってるか? おっぱいって素振りするたびにバルンバルン揺れるんだぜ?
著者: 木の芽 (著) / 雨傘 ゆん (イラスト)
シリーズ:聖騎士になったけど団長のおっぱいが凄すぎて心が清められない

  • BOOKWALKER電子版
  • Amazon紙書籍

あらすじ紹介

剣聖を志すルーガは誠実さと剣の実力をかわれ、聖騎士団へ入団することになった。
配属先は「地獄」と噂される第六番団。
過酷な任務を覚悟したルーガの前に現れたのは、巨乳の美人団長リオン・マイリィ。
「ようこそ、ルーガ。第六番団で唯一の男性聖騎士としてあなたを迎え入れます」

右を向けば巨乳!左を向けば美女だらけ!?
絶対不可避の 騎士団(ハーレム) でルーガの理性は耐えられるのか!!

パートナーのおすすめレビュー

  • 煩悩と戦う主人公が妙にいいヤツっぽくて友だちにいそう!

    ディアナ
    ディアナ
    魔王を倒す"剣聖"になりたいっていう夢の持ち主ルーガ・アルディカは、前途有望な聖騎士ッス。

    そんなルーガが副団長として配属された第六番団は、なんと女性隊員しかいないんス! それもなぜか巨乳ばかりで、野郎にとっては夢のような日々……じゃないんス。彼女たちをいやらしい目で見たら変態として即追放。剣聖への夢は絶たれるんスよ。揺れる巨乳に視線すら向けてはならないという、過酷すぎる試練の日々の始まりッス。「聖騎士として童貞を守り続けている」とうそぶくルーガにとってはなおさらッスね。

    でも、ヤツは鉄の意志でもって巨乳に目を向けまいと頑張り続けるんス。模擬試合の時なんかは、揺れる巨乳を見ないよう、目を閉じて戦うんスよ。そんなことをするもんだから心眼使いだと勘違いされちゃうってのはご愛嬌ッス。

    そんなこんなでいつしか女性隊員たちはルーガが誠実な青年と勘違いし、巨乳団長リオンはじめ仲間達の信頼も獲得していくッス!

    ルーガの天国か地獄かわからない状況は抱腹絶倒ッスよ! 巨乳の圧に耐えながら、剣聖になるために剣の腕も人間性も磨く努力を惜しまないルーガの行く末を見届けたいッス!
  • コミカルさの中にキラリと光る主人公の力。色んな味を楽しめる作品さ!

    レオン
    レオン
    魔王軍から人類を守るルーガたち聖騎士隊は、個々の生まれ持った特殊能力、【加護】の力を使って戦うんだ。団の姉御的ポジションな隊員カルラの加護は《怪力》といったようにね。ちなみに、ルーガの加護は《黒鎧血装》。いかにも凄そうな能力だよね!

    女性隊員ばかりでルーガにとっては目の毒なことを除けば、平和に過ごしてたルーガたち第六番団。でも評判の悪い騎士団もいる。中でも悪名高い第五番団の団長・ミュザークは女性ばかりの第六番団に執拗に絡んできて、伝統ある聖騎士の交流試合で彼女たちを傷付けようとするんだ。

    でも、こういう時こそルーガの加護《黒鎧血装》が発動する時! この能力はルーガが自分の腕に剣を刺したその血を代価にして強大な力の鎧を纏うんだ。その斬撃は一振りで軌道上にあるもの全てを砕く! このルーガの息をのむような強さは、大切な隊員達を護るために全力開放した力!護るべき者のために戦う、これぞ聖騎士の精神だよね!

    ルーガの日々のたゆまぬ努力で磨いた剣の腕、さらにそこへ加護の力で強化されて繰り出される数々の剣技たち! その圧倒的な戦いぶりにはスカっとさせられるよ!

みんなのデータ

  • 4
    評価する
  • 4
    読みたい

みんなからのレビュー

  • 水無月冬弥

    #ラノベ #カクヨム カクヨムで読んでいたけど面白かったので購入。主人公が凄く真面目なのに、おっぱいに関してはベクトルがおかしいのが笑えますね。個人的には団長ファンなのですが、タイトルに出ているのにあまり登場しないのが寂しい……、暴走団長をもっと見てみたい。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • takave

    一発ネタかと思ったがストーリーも楽しめて面白かった。おっぱい。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • 兵頭

    文内にハートマークがなくてもラブコメはできる! という強い意志が感じられる。あと強い乳も感じられる。 続きを読む…

    ネタバレあり
powered by読書メーター

製品情報

  • レーベル
  • 発売日
    2021/11/05
  • 定価
    1320円(本体1200円+税)
  • ISBN
    9784047368149

感想をシェアしよう

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える
Close
この作品を評価しよう!
Excellent!!!
Very Good!!
Good!
評価入力した作品の著者とイラストレーターは新刊通知の対象として登録するよ。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
この作品の感想を3つ選択してね!
評価と感想はキミのパートナーが記憶するよ。
たくさん登録をしてね!
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
Close
みんなの感想
Close
注意
この作品の「読んだ」を取り消しますか?
あなたの評価と感想が削除され、
本棚からこの作品がなくなります。
はい。取り消します。
キャンセル
注意
この操作を取り消しますか?
はい。取り消します。
キャンセル
エラー
ログインして下さい。
ログイン
キャンセル
成功
本棚の「読みたい」に追加しました。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
OK