俺の『全自動支援』で仲間たちが世界最強 そこにいるだけ無自覚無双 1
読みたい読んだ
読みたい
読んだ

俺の『全自動支援』で仲間たちが世界最強 そこにいるだけ無自覚無双 1

自動で発動するユニークスキルで仲間を強化、敵を無力化!
著者: epina (著者) / 片倉 響 (イラスト)
シリーズ:俺の『全自動支援(フルオートバフ)』で仲間たちが世界最強 ~そこにいるだけ無自覚無双~(MFブックス)

  • BOOKWALKER電子版
  • Amazon紙書籍

あらすじ紹介

勇者パーティの荷物持ちをしていたスラッドは、ある日勇者に「サボってばかり」とクビにされてしまう。
ところが、役立たずと言われた彼は、『全自動支援(フルオートバフ)』――そこにいるだけで仲間の能力が上昇するというユニークスキルを持っていたのだった。
スラッドは昔行っていた冒険者稼業を再開するが、仲間のいない彼が単独活動をできるのにはある理由があった。それは、『全自動弱体化(フルオートデバフ)』――敵対する者の能力を著しく低下させるというもう一つのユニークスキル。スラッドは己のスキルを活かして、ギルドで出会った新米冒険者のエルフと、のんびり楽しい冒険者生活を始めるのだった。
一方、スラッドを失った勇者パーティは苦戦を強いられ、彼を独断でクビにした勇者を見限った『義賊』『魔女』『聖女』のメンバーがスラッドと合流して――!?
無敵の一般人が、最強の仲間たちと往く! 無自覚英雄譚、ここに開幕!!

パートナーのおすすめレビュー

  • 「人助け大好き」主人公はスキルも支援系!

    ディアナ
    ディアナ
    主人公のスラッドはスキル《全自動支援(フルオートバフ)》を使って、ひそかに勇者パーティを強化してたんス。けど、それを知らない勇者は、サボってばかりの荷物持ちはいらないと彼を追放するんスよ。

    まあ、でも腐っても勇者ッスからね〜。スキルがなくても大丈夫だろうってことで、スラッドはソロの冒険者ライフに戻るんス。このスラッド、腰を痛めたお婆さんや絡まれている新人冒険者を助けたりして、むちゃくちゃ善人なんスよね。

    実は勇者パーティにいた時も、身を挺して仲間をかばい、モンスターの弱点を見極め、スキルなしでも頼りにされてたんス。そんな仕事っぷりを、勇者以外の仲間はちゃんと知ってたんスよ。だからスキルのことを知らなくても、勇者から離れてスラッドに合流してくれるんス。いやぁ、いいことはしておくもんスね!

    一方、勇者は仲間を手駒扱い、喧嘩や盗みは日常茶飯事の超外道。魔王を倒せる存在だからって、こいつはいけないッスねぇ。自分が本当は弱いことにも気づかない哀れな勇者は、ついにはモンスターに囚われて大ピンチのざまぁ展開ッス!

    でも、こんなやつでもスラッドは助けに行くんスよ。世界のためとはいえ、スラッドは本当に人がよいッス!
  • チート支援スキルで味方をチート化!

    レオン
    レオン
    スラッドのスキル《全自動支援(フルオートバフ)》と《全自動弱体化(フルオートデバフ)》。仲間の能力を底上げしたり、敵の能力を下げたりするスキルなんだ。

    けど、「全自動」ってある通り、スラッドにはこのスキルの調整ができないんだよね。《全自動支援》は支援された人の力を必要以上に引き出してしまい、魔法だったら周囲一帯を巻き込むくらい危険な威力になるんだ。《全自動弱体化》に至ってはスラッドに敵対し続けると、老化までして、最終的には寿命で死んでしまう。そんなむごい能力、おいそれと発動したくはないよね……。

    でもやっぱり、このスキルじゃないとできないこともあるんだ。強敵『ゴブリンハグ』の《道連れの呪い》っていうスキルは、自分を直接殺した相手を殺す効果がある。対抗するには、寿命で倒せるスラッドのスキルが最適ってわけ。

    ま、スラッドのスキルはあくまで支援だからね。超火力の『魔女』に回復役の『聖女』、俊敏が高くてヘイトを集める『義賊』、汎用性に優れる『精霊使い』。仲間たちだけでも強いパーティなんだけど、そこにスラッドのスキルが加われば、どんな敵も一網打尽さ! 仲間がいるからこそ、最強になれるってすごくいいなぁ。

みんなのデータ

  • 0
    評価する
  • 1
    読みたい

製品情報

  • レーベル
  • 発売日
    2021/10/25
  • 定価
    1430円(本体1300円+税)
  • ISBN
    9784046808394

感想をシェアしよう

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える
Close
この作品を評価しよう!
Excellent!!!
Very Good!!
Good!
評価入力した作品の著者とイラストレーターは新刊通知の対象として登録するよ。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
この作品の感想を3つ選択してね!
評価と感想はキミのパートナーが記憶するよ。
たくさん登録をしてね!
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
Close
みんなの感想
Close
注意
この作品の「読んだ」を取り消しますか?
あなたの評価と感想が削除され、
本棚からこの作品がなくなります。
はい。取り消します。
キャンセル
注意
この操作を取り消しますか?
はい。取り消します。
キャンセル
エラー
ログインして下さい。
ログイン
キャンセル
成功
本棚の「読みたい」に追加しました。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
OK