ベノム 求愛性少女症候群 2
読みたい読んだ
読みたい
読んだ

ベノム 求愛性少女症候群 2

かいりきベア本人監修のオリジナル青春ストーリー第二弾!
著者: 城崎 (著者) / のう (イラスト) / かいりきベア (原作・監修)
シリーズ:ベノム(MF文庫J)

  • BOOKWALKER電子版
  • Amazon紙書籍

あらすじ紹介

不満を抱える少女にあらわれる不思議な現象『求愛性少女症候群』。
症状解決の糸口をつかんだナナ、エリムと異なり、どうすれば良いのか悩みのループに陥ってしまったルル。
二人が自分とはかけ離れた存在になってしまったと感じ――。

「私、何か変われているのかな?
もう、どうすればいいか分かんないよ。
やる気も出ないし学校に行くのも、なんだか嫌だなぁ……」

そんな行き詰った状況でルルのとった行動とは……?

「ベノム」「ダーリンダンス」「失敗作少女」。
大人気楽曲をキャラクター化した、悩める少女たちの青春ストーリー第二幕開演!

みんなのデータ

  • 11
    評価する
  • 9
    読みたい

みんなからのレビュー

  • ランドセル太郎

    求愛性少女症候群がまた発症してしまったナナ。それを解決するために再び集結した3人、果たして糸口は見つかるのか…。今回は、3人一緒よりもそれぞれのストーリーが多かったですが、とても面白かったです。お嬢様であるエリムが漫画という新しい趣味を見つけたり、ルルは日常にある些細な友情に気付けたり、ナナは…相変わらずサバサバしていましたが、新しい自分というのを確立していってるなと思いました。ただ、本来の求愛性少女症候群があやふやになっていたので次巻あるとしたら、そこを重点的にやってほしいです。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • 詩花

    ナナ、エリムが症候群克服し1人残るルル。 2人はどんどん前へ進んでいくもまた壁にぶつかり再集結する3人。今作は3人で何をするって言うより1人1人の成長の過程が見られて面白かった。最後の終わり方的に続編でるか...??出た時はまた読もうと思う。 続きを読む…

    ネタバレあり
powered by読書メーター

製品情報

  • レーベル
  • 発売日
    2021/11/25
  • 定価
    682円(本体620円+税)
  • ISBN
    9784046809100

感想をシェアしよう

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える
Close
この作品を評価しよう!
Excellent!!!
Very Good!!
Good!
評価入力した作品の著者とイラストレーターは新刊通知の対象として登録するよ。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
この作品の感想を3つ選択してね!
評価と感想はキミのパートナーが記憶するよ。
たくさん登録をしてね!
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
Close
みんなの感想
Close
注意
この作品の「読んだ」を取り消しますか?
あなたの評価と感想が削除され、
本棚からこの作品がなくなります。
はい。取り消します。
キャンセル
注意
この操作を取り消しますか?
はい。取り消します。
キャンセル
エラー
ログインして下さい。
ログイン
キャンセル
成功
本棚の「読みたい」に追加しました。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
OK