やたらと察しのいい俺は、毒舌クーデレ美少女の小さなデレも見逃さずにぐいぐいいく 5
読みたい読んだ
読みたい
読んだ

やたらと察しのいい俺は、毒舌クーデレ美少女の小さなデレも見逃さずにぐいぐいいく 5

照れ隠しに毒舌が飛び出してしまうクール(?)美少女との
すれ違いゼロの甘々ラブコメディ、第5弾!
著者: ふか田さめたろう (著者) / ふーみ (イラストレーター)
シリーズ:「やたらと察しのいい俺は、毒舌クーデレ美少女の小さなデレも見逃さずにぐいぐいいく」シリーズ(GA文庫)

  • BOOKWALKER電子版
  • Amazon紙書籍

あらすじ紹介

照れ隠しに毒舌が飛び出してしまうクール(?)美少女との
すれ違いゼロの甘々ラブコメディ、第5弾!

許嫁騒動を乗り越えた小雪と直哉は、徐々に二人の将来について深く考えるようになり始めていた。
余命のあるうちに孫娘の晴れ姿を見たいと騒ぐ小雪の祖父もやってきたことで、ますます具体的な未来について意識してしまうようになる。
お互いにもやもやしながら行くことになった修学旅行の京都で、交友関係の広がった小雪の姿を微笑ましく眺める直哉。訪れた縁結びの神社で二人の目の前に現れたのは、“やたらと察しのいい”“銀色の髪”の女の子だった――。
天邪鬼な美少女と、人の心が読める少年の、すれ違いゼロの甘々ラブコメディ、第5弾。

みんなのデータ

  • 8
    評価する
  • 6
    読みたい

みんなからのレビュー

  • 芳樹

    小雪の晴れ姿が見たいと迫る祖父の来日、二人だけのお泊まりからの修学旅行での思わぬ出会いを経て迎える小雪の誕生日。直哉が贈った最高のプレゼントとは…。他人の心が読める直哉と素直になれない小雪の”絶対すれ違わないラブコメ”は、今回で本編の大団円を迎えました。本作に相応しい着地点ですが、そこに至るまでの二人の歩みは全て、きっと小雪と一緒になりたい直哉によって導かれたのでしょう。そんな彼の用意周到さも小雪への一途な愛の形と思うと、とても愛おしく感じてしまいます。次巻は番外編とのことで、そちらも楽しみにしています。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • よっち

    許嫁騒動を乗り越えたことで、徐々に二人の将来について深く考え始めた小雪と直哉。そこに余命のあるうちに孫娘の晴れ姿を見たいと騒ぐ小雪の祖父が襲来する第五弾。襲来前にすでに祖父を攻略して懐柔済みの直哉のそつのなさには苦笑いでしたけど、彼の忍耐力が問われたお試し同居、サプライズプレゼントに修学旅行と二人らしさ全開の微笑ましいイベントに、いかにもそれっぽい少女まで現れて、何というかあまりにも用意周到過ぎて、小雪じゃなくてもつい突っ込みたくなるその大円団的な結末が、とてもこの物語らしいというか良かったと思いました。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • アウル

    許嫁騒動を乗り越えた小雪と直哉は徐々に二人の将来について考えるようになって行き、そして小雪の祖父も登場した事によりそれが加速していく第五巻。小雪と直哉の二人の甘々ラブコメはいつもの事だったんだけれども、朔夜は桐彦に告白するという展開は正直意外な展開だったわ。話的には一区切りついたが奇麗にまとめられていて良かった。番外短編集が果たしてどんな風になるのか楽しみだわ。色々と書けそうだからな~どうなるんだろ。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • 桜庭かなめ

    秋からクリスマス編。小雪の祖父・ジェームズの登場や、直哉と小雪のそれぞれの誕生日話、修学旅行と盛りだくさんの内容。直哉の卓越した察し能力や小雪のポンコツ具合も健在で面白い。誤診ではあるが、ジェームズの余命1年宣告を発端に小雪と直哉の婚約と結婚式まで話が進むとは思わなかった。エピローグでは結婚して小春という娘を設けているが、まだ続刊があるとのこと。直哉と小雪のイチャイチャも見たいけど、朔夜が桐彦に告白していたので、そちらがどういう展開になるのかも気になる。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • ユウ@八戸

    最初から安心感しかなかったラブコメも、ここで一区切り。『なんだか完結みたいな流れだなぁ』とは思ったけども。しかしとてもきれいにまとまったので大満足です。小雪が絡むとポンコツになるチートな直哉と、残念可愛い小雪。甘さと甘さと甘さの暴力。大変美味しくいただきました。じいちゃん襲来から攻略までが早すぎて笑った。番外編がいまから楽しみです。朔夜ちゃんのラブコメとか、一般人視点から見た直哉と小雪の話とか読みたい。 続きを読む…

    ネタバレあり
powered by読書メーター

製品情報

  • レーベル
  • 発売日
    2021/12/15
  • 定価
    704円(本体640円+税)
  • ISBN
    9784815612399

感想をシェアしよう

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える
Close
この作品を評価しよう!
Excellent!!!
Very Good!!
Good!
評価入力した作品の著者とイラストレーターは新刊通知の対象として登録するよ。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
この作品の感想を3つ選択してね!
評価と感想はキミのパートナーが記憶するよ。
たくさん登録をしてね!
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
Close
みんなの感想
Close
注意
この作品の「読んだ」を取り消しますか?
あなたの評価と感想が削除され、
本棚からこの作品がなくなります。
はい。取り消します。
キャンセル
注意
この操作を取り消しますか?
はい。取り消します。
キャンセル
エラー
ログインして下さい。
ログイン
キャンセル
成功
本棚の「読みたい」に追加しました。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
OK