サキュバスとニート やらないふたり
読みたい読んだ
読みたい
読んだ

サキュバスとニート やらないふたり

ニートの青年と居候サキュバスが織りなす、怠惰で楽しい毎日!
著者: 有象利路 (著者) / 猫屋敷 ぷしお (イラスト)
シリーズ:サキュバスとニート(電撃文庫)

  • BOOKWALKER電子版
  • Amazon紙書籍

あらすじ紹介

 サキュバス召喚に成功してしまった童貞かつニートの青年・和友。
『淫魔にエロいことをしてほしい』
 そんな直球過ぎる願望を抱いていた和友だったが、現れたのは一切いうこと聞かない凶暴でワガママなジャージ女。 スケベなことには興味ナシなこの駄淫魔は、あまつさえ和友の部屋に住みつき、食う寝る遊ぶを享受するだけの居候と化してしまい……?

「どうにかしてお前に俺の『願い』を叶えさせるからな」
「やれるものならやってみれば~?」
「それまでの間、お前はここに置いておくだけだ。勘違いするなよ」
「お世話になりま~す」

 絶対に淫魔に搾られたい人間、和友。絶対に人間を搾りたくない淫魔、イン子。相反する二人の、奇妙な共同生活は、こうして幕を開けた――


みんなのデータ

  • 8
    評価する
  • 9
    読みたい

みんなからのレビュー

  • 星野流人

    これめちゃくちゃおもしろかったです。ニートの和友が搾精したがらない落ちこぼれサキュバスのイン子を召喚する話です。ぐうたらで非常識で思考が短絡的かつ暴力的で、けれどそこはかとなく憎めないイン子がとにかく魅力的でした。物語もずっとハイテンションなギャグで突き進みまくり、ありとあらゆる手で笑わせてくる作品でした。その上クライマックスからはシリアス展開もあり、まるでジェットコースターのようなめちゃくちゃな情緒。笑えて泣けて、読み物としてのコスパがハンパないので、続刊めちゃくちゃ希望してます! 続きを読む…

    ネタバレあり
  • スズ

    『シコルスキ・ジーライフシリーズ』でキレッキレのネタを魅せてくれた有象先生が描く、童貞ニートとヤル気ゼロサキュバスが紡ぐホームコメディ。シコルスキー程パロネタはありませんが、それに頼らずともこの作者さんのギャグセンスが物凄くツボで、是非とも続刊が読みたい作品です。誤魔化そうとする度に麻薬の売人や悪徳商法のヤベー奴とかにジョブチェンジされていく茉依や、老害ーズとのクソすぎる草野球にも爆笑の嵐。基本的にはギャグ中心で、シリアスさも含んでいますが、それを上手に両立させていて作者の腕が素晴らしいなと感じました。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • のれん

    前々作のギャグ作風をかもしながらも、その本質は感動ものど真ん中を打ち出していくスタイル。 あらすじから漂うギャグテンションは全キャラに共通するのに、徐々に湧き出す主人公周りの過去が中盤から決壊し、重すぎるストーリーへと変貌する。 母も息子も、サキュバスも皆純粋で寂しがりなのだ。だから踏み出せず燻っている。 世界は一人が一度見渡して退屈するほど、本当は狭くはない。弱くてちょっと異常な4人を見ると、好きに生きても良いという気になる。 尚一番面白かったのは草野球。異様に詳しい上に暴投まみれなのがリアル感ある。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • ひぬ

    願いを叶えてもらうため、サキュバスを召喚し、成功したニート青年・和友。しかし、彼の目の前に現れたサキュバス・イン子は、彼のいうことを全く聞かない自分勝手なサキュバス。しかも、彼女は和友の家で食べて、寝て、遊ぶだけの居候になってしまいます。中盤まではドタバタ喜劇っぽい展開ですが、終盤で伏線は綺麗に回収され、王道ではありますが、少し爽やかな感じで物語は終わりました。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • わたー

    ★★★★★電撃文庫が誇る風雲児、有象利路による新シリーズ。ヒキニートの主人公が搾精されて死ぬためにサキュバスを召喚するも、現れたのはジャージ姿で煎餅かじり、淫語を見ると卒倒するようなサキュバス失格なイン子さんだったことから始まるコメディ。シコルスキから下ネタとKADOKAWAへの憎悪を削って「暴力」を煮詰めたような作品だったため、前者がないことに一抹の寂しさを覚えたものの、ドタバタコメディとして作品のまとまりは高かったように思う。傍若無人ながらどこか憎めないイン子さんのキャラも強烈で好み。 続きを読む…

    ネタバレあり
powered by読書メーター

みんなのラノベまとめ

  • 2021年ベストオブラノベ
    ヘキカイいおが作成したまとめ2021年ベストオブラノベで紹介されています。
    0
  • 2021年発売のさいつよ作品
    笹木おはぎが作成したまとめ2021年発売のさいつよ作品で紹介されています。
    0

製品情報

  • レーベル
  • 発売日
    2021/11/10
  • 定価
    737円(本体670円+税)
  • ISBN
    9784049140347

感想をシェアしよう

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える
Close
この作品を評価しよう!
Excellent!!!
Very Good!!
Good!
評価入力した作品の著者とイラストレーターは新刊通知の対象として登録するよ。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
この作品の感想を3つ選択してね!
評価と感想はキミのパートナーが記憶するよ。
たくさん登録をしてね!
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
Close
みんなの感想
Close
注意
この作品の「読んだ」を取り消しますか?
あなたの評価と感想が削除され、
本棚からこの作品がなくなります。
はい。取り消します。
キャンセル
注意
この操作を取り消しますか?
はい。取り消します。
キャンセル
エラー
ログインして下さい。
ログイン
キャンセル
成功
本棚の「読みたい」に追加しました。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
OK