ユア・フォルマ 3 電索官エチカと群衆の見た夢
読みたい読んだ
読みたい
読んだ

ユア・フォルマ 3 電索官エチカと群衆の見た夢

過ちと分かってなお手放せない感情には、どんな醜い名がつくだろうか――。
著者: 菊石 まれほ (著者) / 野崎つばた (イラスト)
シリーズ:ユア・フォルマ(電撃文庫)

  • BOOKWALKER電子版
  • Amazon紙書籍

あらすじ紹介

★第27回電撃小説大賞《大賞》受賞のSFクライムドラマ・第3弾★!

 ――あの日、自分は選択を間違えた。
 エチカ自らの意思で抱えた、ハロルドの敬愛規律にまつわる秘密。その重圧からか、電索能力が突如急低下してしまう。
 電索官としての復帰が絶望的な状況の中、一般捜査員として新事件の捜査に臨むエチカ。そこで目にしたのは、新たな「天才」と組むハロルドの姿で――。
 エチカとハロルドが別々の場所で追うのは、「思考をのぞける人間」を自称するハッカー〈E〉。ネット掲示板に国際刑事警察機構の秘匿事項を次々書き込み、
【真実を追求せよ】とユーザーを扇動する〈E〉の真の標的とは――!? 


【STORY】
序 章 仮面
第一章 千切れた糸
第二章 交錯する夜
第三章 火の花
第四章 群衆の見た夢
終 章 虚構

★コミックス単行本第1巻も好評発売中★

みんなのデータ

  • 6
    評価する
  • 3
    読みたい

みんなからのレビュー

  • よっち

    自らの意思で抱えた、ハロルドの敬愛規律にまつわる秘密。その重圧からか、電索能力が突如急低下してしまうエチカ。電索官としての復帰が絶望的な状況の中、一般捜査員として新事件の捜査に臨む第三弾。新たな「天才」と組むハロルドの姿を目の当たりにして複雑な思いを隠せないエチカ。エチカとハロルドが別々の場所で追うのは、「思考をのぞける人間」を自称するハッカー「E」。離れ離れになったからこそ、相手を意識していることを自覚してゆく二人の関係性がなかなか良かったですけど、先送りにした問題はいつか向き合うことになりそうですね。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • なっぱaaua

    まさかのエチカの最大の武器である電策能力が失われる。その原因がハロルドの秘密から不安定になったからなのか。そんなスタートから捜索支援課に再配属されるエチカ。ハロルドの相棒は別な者へ。1~2巻とはまた違った不安定さのエチカとアミクスでありながら高性能なRFモデルという事でエチカとの関係に悩むハロルド。ユア・フォルマの負の部分を明確に映し出し敬愛規律の問題もはらみながら、AIの運用に纏わる事件も絡みSFでありサスペンスの要素が深くなってきて俄然面白くなってきた。~続く~ 続きを読む…

    ネタバレあり
  • のれん

    この作者の文章は明瞭だ。もどかしいと書きながら、その感情は嫌と言うほどに何度も伝わる。 台詞や小道具をリフレインさせて読者を誘導するのは劇中のAIのようで、基本に忠実な実直さは本編の初心な心情を倍増させている。 バディものではあるのだけど、やはり男女たるもの甘酸っぱい恋心は隠しきれない。犯人もさもありなんという感じだったし。 二人の仲を裂くヤツは悪なのだ(笑)。 ただ今回は冒険サスペンスとSFを軸とすると羽根休め程度で進展は薄い。キャラ毎に変化は訪れてはいるのだけど、中心の二人が牛歩だからなぁ。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • どんぐり@今日もいい日だっ

    確固たる近未来の世界観とガジェット。ユア・フォルマ、電索官、アミクス。作りこみに隙のない作品だが、今巻はいきなり電索官としての能力の急激な低下に襲われたエチカ。電索官から一般捜査官に異動となる中で、ハロルドとの関係は、彼女の能力は。そんな中インターポールはハッカーの攻撃を受ける。改めて電索官としての格の違い、真の天才ぶりが発揮されるエチカ。ハロルドとは何というか、もう彼氏やん、、いずれ向かい合うお互いの想いという感じです。キャラのネーミング、ホントセンスいいな。ビガとか最高。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • なみ

    エチカが電策能力の低下により、ハロルドと離ればなれになってしまうシリーズ3作目。 電子犯罪捜査局の秘匿情報を知るハッカー〈E〉の正体に迫るエチカたちだが、敵の罠によりピンチに陥ってしまう。 反撃に出たエチカたちと意外な人物との対決では、ヒリヒリした緊張感が味わえました。 ラストでは事件が解決したかと思いきや、大きな謎が残されて、続きがとても気になります。 エチカとハロルドの掛け合いも相変わらず最高でした。 新キャラのフォーキンさんがすごく好きです。 次巻以降も彼の活躍が見たい! 続きを読む…

    ネタバレあり
powered by読書メーター

製品情報

  • レーベル
  • 発売日
    2021/11/10
  • 定価
    748円(本体680円+税)
  • ISBN
    9784049140019

感想をシェアしよう

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える
Close
この作品を評価しよう!
Excellent!!!
Very Good!!
Good!
評価入力した作品の著者とイラストレーターは新刊通知の対象として登録するよ。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
この作品の感想を3つ選択してね!
評価と感想はキミのパートナーが記憶するよ。
たくさん登録をしてね!
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
Close
みんなの感想
Close
注意
この作品の「読んだ」を取り消しますか?
あなたの評価と感想が削除され、
本棚からこの作品がなくなります。
はい。取り消します。
キャンセル
注意
この操作を取り消しますか?
はい。取り消します。
キャンセル
エラー
ログインして下さい。
ログイン
キャンセル
成功
本棚の「読みたい」に追加しました。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
OK