後宮彩妃伝 その寵妃、天賦の筆で初恋を隠す
読みたい読んだ
読みたい
読んだ

後宮彩妃伝 その寵妃、天賦の筆で初恋を隠す

忌まわしき私の才を欲した皇子の目的は――秘密の契約から始まる後宮絵巻!
著者: たちばな 立花 (著者) / べっこ (イラスト)
シリーズ:後宮彩妃伝(角川ビーンズ文庫)

  • BOOKWALKER電子版
  • Amazon紙書籍

あらすじ紹介

身体に絵を描き人を癒す彩絵医術、その才を忌み嫌われた小鈴は独り嵐南国へ渡る。
しかし第二皇子・夏涼に能力を知られ、彼の寵妃に!
「これからよろしく。愛おしい我が妃」
小鈴の力を切り札に皇太子の座を狙う――不敵に笑う夏涼が見せるのは、国を憂う為政者の顔。
そんな時、皇位を争う兄皇子・黄準の罠が!? 
「ずっと普通に憧れて生きてきた、でも今は……」
嘘と秘密で染まった後宮で知る真心の色。恋が彩る後宮絵巻!

みんなのデータ

  • 0
    評価する
  • 0
    読みたい

みんなからのレビュー

  • 八朔

    初読。作家さんのデビュー作が好きでこちらも購入。前作よりも甘さ強めで、面白い。可愛らしいパンダもいい味。 続きを読む…

    ネタバレあり
powered by読書メーター

製品情報

感想をシェアしよう

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える
Close
この作品を評価しよう!
Excellent!!!
Very Good!!
Good!
評価入力した作品の著者とイラストレーターは新刊通知の対象として登録するよ。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
この作品の感想を3つ選択してね!
評価と感想はキミのパートナーが記憶するよ。
たくさん登録をしてね!
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
Close
みんなの感想
Close
注意
この作品の「読んだ」を取り消しますか?
あなたの評価と感想が削除され、
本棚からこの作品がなくなります。
はい。取り消します。
キャンセル
注意
この操作を取り消しますか?
はい。取り消します。
キャンセル
エラー
ログインして下さい。
ログイン
キャンセル
成功
本棚の「読みたい」に追加しました。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
OK