家で無能と言われ続けた俺ですが、世界的には超有能だったようです 3
読みたい読んだ
読みたい
読んだ

家で無能と言われ続けた俺ですが、世界的には超有能だったようです 3

ジークに危機迫る!? 聖女出陣!コミカライズ企画進行中!「小説家になろう」発の無自覚最強ファンタジー第3弾!
著者: kimimaro (著者) / もきゅ (イラストレーター)
シリーズ:「家で無能と言われ続けた俺ですが、世界的には超有能だったようです」シリーズ

  • BOOKWALKER電子版
  • Amazon紙書籍

あらすじ紹介

ライザとシエル、二人の姉に認められたジーク。徐々に明らかになるその実力を見込んで、ギルドから重要な依頼がもたらされる。向かう先は、人類と敵対する“魔族”の領地。ライザらとともに、危険な冒険に出発するのだが、同行者の“聖騎士”がトラブルの種に……。
一方、ジークの近くに危機が迫っていることを掴んだ三女・聖女ファム。弟を救うため、そして家に連れ戻すために出発する。その護衛任務に駆り出されたのはクルタやニノら、ジークの仲間たちだった。
無能なはずが超有能な、規格外ルーキーの無双冒険譚、第3弾!

みんなのデータ

  • 3
    評価する
  • 1
    読みたい

みんなからのレビュー

  • 真白優樹

    魔王の後を追いジークとライザが魔界へ向かう中、クルタ達が聖女である三女、ファムの護衛任務を受ける今巻。―――見せてやれ、聖なる力を纏った輝く素質。 いつもの仲間と別れ魔界へ向かう中、人と魔族、それぞれの歪みに触れていく巻であり、ジークの活躍が更に広まり、注目株となっていく巻である。ファムから課された彼女の課題、その前に立ち塞がるは最強の長女、アエリア。果たしてジーク達の向かう先、冒険者の聖地である迷宮都市で待っている冒険とは。期限付きの試練をクリアすることは出来るのか。 次巻も勿論楽しみである。 続きを読む…

    ネタバレあり
powered by読書メーター

製品情報

  • レーベル
  • 発売日
    2021/11/15
  • 定価
    704円(本体640円+税)
  • ISBN
    9784815612092

感想をシェアしよう

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える
Close
この作品を評価しよう!
Excellent!!!
Very Good!!
Good!
評価入力した作品の著者とイラストレーターは新刊通知の対象として登録するよ。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
この作品の感想を3つ選択してね!
評価と感想はキミのパートナーが記憶するよ。
たくさん登録をしてね!
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
Close
みんなの感想
Close
注意
この作品の「読んだ」を取り消しますか?
あなたの評価と感想が削除され、
本棚からこの作品がなくなります。
はい。取り消します。
キャンセル
注意
この操作を取り消しますか?
はい。取り消します。
キャンセル
エラー
ログインして下さい。
ログイン
キャンセル
成功
本棚の「読みたい」に追加しました。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
OK