好きな子にフラれたが、後輩女子から「先輩、私じゃダメですか・・・・・・?」と言われた件 1
読みたい読んだ
読みたい
読んだ

好きな子にフラれたが、後輩女子から「先輩、私じゃダメですか・・・・・・?」と言われた件 1

叶わぬ恋だとしても絶対に諦めない女の子の略奪純愛劇(ラブコメディ)
著者: 柚本悠斗 (著者) / にゅむ (イラストレーター)
シリーズ:「好きな子にフラれたが、後輩女子から「先輩、私じゃダメですか……?」と言われた件」シリーズ(GA文庫)

  • BOOKWALKER電子版
  • Amazon紙書籍

あらすじ紹介

高校に入学した直後のこと――。
私、椋千彩乃はずっと片想いしている男の子、成瀬鳴海先輩が初めて恋に堕ちる瞬間を見てしまった。
落ち込む間もなく鳴海先輩から恋を応援して欲しいと頼まれた私……でも、これはチャンスだと思った。
相談相手というポジションを利用して、鳴海先輩との距離を縮めて横恋慕を狙ってやろうと決意。
私のやり方はずるいかもしれない。でも、好きな人と結ばれるためならなりふり構っていられない。
鳴海先輩の初恋が叶うより先に、私のことを好きにさせてみせる。

恋する女の子は素直で一途で、恐ろしい――これは、先に好きだった私が恋を叶えるまでの略奪純愛劇(ラブコメディ)。

みんなのデータ

  • 6
    評価する
  • 18
    読みたい

みんなからのレビュー

  • 芳樹

    【BW】初恋は、毒。初恋を諦めない。初恋を諦める。初恋を思い出したい。三者三様の『初恋』が描かれる青春ラブストーリーでした。「好きな子にフラれた」というけれど、告白する前に勝手に諦めてしまっているように思えてなりません。一歩踏み出したら関係は変わったのでは?…。さて、あらすじには「私が恋を叶えるまでの略奪純愛劇」とあるので、きっとそれが物語の終着点なのでしょう。となれば、そこに至るまでにどんなドラマが繰り広げられるのか。続きがとても楽しみです。あと表紙イラストがタイトルを良く表現していて素晴らしい。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • よっち

    片想いの相手・鳴海先輩が初めて恋に堕ちる瞬間を見てしまった椋千彩乃。落ち込む間もなく鳴海から恋を応援して欲しいと頼まれた彼女が秘めた思いを胸に協力する青春ラブコメディ。相談相手として先輩との距離を縮めて横恋慕を狙う彩乃。彼らの関係を知って自分が恋人役になりたいと訴える鳴海先輩の初恋相手・雨宮先輩が抱える事情。恋心を知らなかったはずの雨宮先輩との関係の変化は劇的でしたけど、だからこそそんな初恋相手に鳴海もちょっと押しが足りなかったかな感…。でも最後の最後で面白くなりそうな予感もあって、これは続巻に期待です。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • アウル

    ずっと片想いしていた成瀬鳴海が恋に堕ちる瞬間を見てしまった彩乃だったが落ち込む間もなく恋を応援して欲しいと頼まれてしまい...な話。色々な初恋の模様が絡まりあいなんだかドロドロな感じになっていきそうで個人的には凄く好みの作品だわ。あらすじには彩乃が恋を叶えるまでの略奪純愛となってるから最終的にはそういう結果になるのかどうかも気になるわ。鳴海があまりにも初恋を簡単に諦めてるのが少々気になったがまあその辺りはサラッと流しとこう。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • nishiyan

    『監督兼カメラマンとしてドラマを作り、動画サイトで配信すること』を目指して親友の司、その従妹の彩乃とともに映像制作チームを組む鳴海。演劇部の公演で主演を務める雨宮楓に一目惚れしたことから、彼に片想いする彩乃との三角関係に陥る略奪純愛劇。超絶鈍感な鳴海は置いておくとして、彩乃、楓と続く二つの恋愛レッスンが初恋の呪縛に絡め取られたこの物語に緊迫感と深みを与えているのが興味深い。楓の抱えていた事情が明らかになるにつれ、感情があらわになる彩乃が不憫であり、ここから彼女の逆転劇が始まるのかと思うと…。次巻が楽しみ。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • nawade

    ★★★☆☆ イラストとのシンクロ率が高い。小説の台詞をイラストの中で表現することによって、そのシーンに強いインパクトを与えていることに成功している。ただ、主人公の映画、そして、初恋に対する情熱が感じられなかったのは残念。えっ、そこで退いちゃう!?と思うところがしばしば。そんな諦めの良さでは大成しないぞ。この巻でも横連語を狙って結構攻めてきていた彩乃が決意を新たにして次巻以降、更にどう仕掛けてくるのか楽しみだ。 略奪純愛劇にふさわしい内容を期待している。 続きを読む…

    ネタバレあり
powered by読書メーター

製品情報

  • レーベル
  • 発売日
    2021/11/15
  • 定価
    704円(本体640円+税)
  • ISBN
    9784815609627

感想をシェアしよう

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える
Close
この作品を評価しよう!
Excellent!!!
Very Good!!
Good!
評価入力した作品の著者とイラストレーターは新刊通知の対象として登録するよ。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
この作品の感想を3つ選択してね!
評価と感想はキミのパートナーが記憶するよ。
たくさん登録をしてね!
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
Close
みんなの感想
Close
注意
この作品の「読んだ」を取り消しますか?
あなたの評価と感想が削除され、
本棚からこの作品がなくなります。
はい。取り消します。
キャンセル
注意
この操作を取り消しますか?
はい。取り消します。
キャンセル
エラー
ログインして下さい。
ログイン
キャンセル
成功
本棚の「読みたい」に追加しました。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
OK