ブラックな騎士団の奴隷がホワイトな冒険者ギルドに引き抜かれてSランクになりました 5
読みたい読んだ
読みたい
読んだ

ブラックな騎士団の奴隷がホワイトな冒険者ギルドに引き抜かれてSランクになりました 5

無双の戦士を凌駕せよ
著者: 寺王 (著者) / 由夜 (イラスト)
シリーズ:「ブラックな騎士団の奴隷がホワイトな冒険者ギルドに引き抜かれてSランクになりました」シリーズ(オーバーラップ文庫)

  • BOOKWALKER電子版
  • Amazon紙書籍

あらすじ紹介

無双の戦士を凌駕せよ

女神の神託で【勇者】に選ばれたSランク冒険者のジード。
ところがジードは【勇者】になることを拒否し、女神を信仰する多くの民衆から反感を買ってしまう。
そんな折に託されていた聖剣の紛失騒ぎが発生。
行方を追うジードは獣人族領へたどり着くが、聖剣は獣人族の王“最高戦士”オイトマの手に渡ってしまい!?
聖剣返却の条件としてオイトマに提示されたのは「次代の“最高戦士”を見定める大会“成祭(せいさい)”における娘のロニィの勝利」であった。
ジードはロニィに協力を申し出るが、“成祭”は民衆の投票で勝敗を決する。
嫌われ者のジードが協力しても逆効果だと拒絶されて……!?
超弩級サクセスファンタジー、第5巻!

みんなのデータ

  • 3
    評価する
  • 3
    読みたい

みんなからのレビュー

  • ランドセル太郎

    聖剣が流れに流れて渡った場所は獣人族領だった。聖剣を回収するために獣人族領へ向かったジードとクエラは、ロニィとツヴィスという2人の敵対勢力に呑まれ、「成祭」でロニィが勝つと聖剣を渡してもらえることに。しかし、前巻で勇者を断ったジードの評価は地の底になり、ツヴィスが優勢となった…。ロニィの、力を持ってない獣人を大切にする気持ちや、ツヴィスの妹を想う気持ちなど、両者全く憎めないなと思いました。そして獣人族の王オイトマからジードへ「お前は必ず殺される」という忠告。まさかギルマスのリフが?次巻に期待です。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • 真白優樹

    獣人族領に渡った聖剣を追う中、最強を決める大祭にセコンドの立場として関わる事になる今巻。―――最強が生むは希望の光、そして同時に嫉妬の黒い影。 獣人族領を舞台に今までとは違う戦いへとジードが挑む巻であり、いつも通りの勧善懲悪な展開が繰り広げられる中、彼の周りにシリアスの種が蒔かれる、世界的な面白さが更に深まっていく巻である。ジードに告げられた死の預言、最強である彼を殺しうるのは誰か。そして、世界の全てを裏で操っているのは誰になるのか。そんな敵と、いつかジードは戦うのか。 次巻も須らく期待である。 続きを読む…

    ネタバレあり
powered by読書メーター

製品情報

感想をシェアしよう

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える
Close
この作品を評価しよう!
Excellent!!!
Very Good!!
Good!
評価入力した作品の著者とイラストレーターは新刊通知の対象として登録するよ。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
この作品の感想を3つ選択してね!
評価と感想はキミのパートナーが記憶するよ。
たくさん登録をしてね!
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
Close
みんなの感想
Close
注意
この作品の「読んだ」を取り消しますか?
あなたの評価と感想が削除され、
本棚からこの作品がなくなります。
はい。取り消します。
キャンセル
注意
この操作を取り消しますか?
はい。取り消します。
キャンセル
エラー
ログインして下さい。
ログイン
キャンセル
成功
本棚の「読みたい」に追加しました。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
OK