亡びの国の征服者 魔王は世界を征服するようです 4
読みたい読んだ
読みたい
読んだ

亡びの国の征服者 魔王は世界を征服するようです 4

安全なはずの旅路。しかし戦争が少年達に牙を剥く――
著者: 不手折家 (著者) / toi8 (イラスト)
シリーズ:「亡びの国の征服者」シリーズ(オーバーラップノベルス)

あらすじ紹介

安全なはずの旅路。
“戦争”が少年達に牙を剥く――

家族の愛を知らぬまま死に、二つの人類が生存競争を繰り広げる世界で新たな生を受けた少年ユーリ。
彼は騎士院で学ぶかたわらでホウ社の事業を拡大し、いずれ来たる祖国の亡びを見越して“新大陸”の発見を目指していた。
そんな中、隣国のキルヒナ王国と“もう一つの人類”であるクラ人の遠征軍――“十字軍”との戦争がついに始まろうとしていた。
そしてユーリは女王の要請により、王女キャロルをはじめとした学生からなる観戦隊を率いて、前線を視察しに行くことに。
隊長として初めて隊を率いるユーリは、単身で下見も行い、万一のことが無いよう万全を期していた。
前線とはいえ、王鷲による上空からの視察。
この旅路には本来、大きな危険など無いはずだったが……!?
のちに「魔王」と呼ばれる男が、初めて戦場を目の当たりにしようとしていた――。
「小説家になろう」で話題の超本格戦記譚、戦争の恐怖を知る第4幕!

みんなのデータ

  • 3
    評価する
  • 1
    読みたい

みんなからのレビュー

  • サケ太

    ハードな逃走劇。味方の不一致。敵の隠し玉。大ピンチ。二人の逃走は成功するのか。周囲の不安、行動は今後の展開にどのようにつながるのか。めっちゃ次が楽しみ。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • アウル

    女王の要請によりキャロルをはじめとした学生からなる観戦隊を率いて前線に視察に行く事となったユーリだったが...な巻。やっぱり一応は安心だとか言ってても不測の事態は起きるよね。まさかの秘密兵器の登場だが、あんなん予想出来んだろ普通。ユーリとキャロルが二人きりで前線に取り残され絶体絶命のピンチだが機転を利かして何とかやり過ごしてるユーリが凄い。王鷲との別れがしんみりしたわ。どんどん追い詰められていっているが無事に生き延び本国へと戻る事が出来るのか次巻が楽しみだわ。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • hisa_NAO

    なろう系、転生モノ。 中世ヨーロッパ風パラレルワールドに転生した主人公。人生2回目経験と現世知識を活かし、斜陽の国で頭角を現す。 隣国の戦場へ従軍観戦隊隊長として派遣された主人公。から始まる怒涛のハードモード。 6巻読んでからの、再読。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • 八岐

    ★★★★ 観戦隊の事前準備から隊員への意識付けや訓練、行動計画に至るまで非常に綿密かつ慎重丁寧に行い万端整えて前線に赴いたものの、やはりどれほど準備をしても想定外は起こるもの。それも拠点にする予定だった宿の主が夜逃げしていた、というならまだ安いもの。やはり戦場でこそ予想外は起こり、そしてそれは致命となる。と言っても流石にあれを予測しろ、というのは無理筋だろう。敵中に取り残され、脚を怪我したキャロルとの絶望的な二人きりの逃避行。追いつかれた時は死ぬしか無いという覚悟を決めた二人はだからこそお互いが無二と知る 続きを読む…

    ネタバレあり
  • dorimusi

    観戦隊の出発からドラゴンに落とされて脱出行の途中まで。 気になってWeb版先に読んじゃったので、ここまでしか進まないかーーって感じ。 しかし、ケガして戦えないことでふがいなさに震える王女ってのも珍しい。かな。まぁ助けてもらうだけってのもしんどいよね。だんだん追い詰められていく感じなんだけどユーリが淡々としているし、あんまり恐怖感ないかな。まぁキャロルは最後かもってことで思いを伝えるまでになったんだろうけど。 続きを読む…

    ネタバレあり
powered by読書メーター

製品情報

感想をシェアしよう

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える
Close
この作品を評価しよう!
Excellent!!!
Very Good!!
Good!
評価入力した作品の著者とイラストレーターは新刊通知の対象として登録するよ。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
この作品の感想を3つ選択してね!
評価と感想はキミのパートナーが記憶するよ。
たくさん登録をしてね!
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
Close
みんなの感想
Close
注意
この作品の「読んだ」を取り消しますか?
あなたの評価と感想が削除され、
本棚からこの作品がなくなります。
はい。取り消します。
キャンセル
注意
この操作を取り消しますか?
はい。取り消します。
キャンセル
エラー
ログインして下さい。
ログイン
キャンセル
成功
本棚の「読みたい」に追加しました。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
OK