身代わり婚約者なのに、銀狼陛下がどうしても離してくれません!
読みたい読んだ
読みたい
読んだ

身代わり婚約者なのに、銀狼陛下がどうしても離してくれません!

「俺はお前に撫でられたい」獰猛な銀狼陛下がわんこのように懐いてきます!
著者: くりたかのこ (著者) / くまの柚子 (イラスト)
シリーズ:身代わり婚約者なのに、銀狼陛下がどうしても離してくれません!(ビーズログ文庫)

  • BOOKWALKER電子版
  • Amazon紙書籍

あらすじ紹介

国王の婚約者である妹が失踪し、急遽身代わりとして王宮へ上がった伯爵令嬢アイリ。銀狼の血を引き、暴君と噂される国王に正体がバレたらお家没落!? 何とかやり過ごそうとするも、流れで一夜を共にすることになってしまう! 絶体絶命のアイリだったが――「気持ちいい、もっと撫でてくれ」獰猛なはずの彼がなぜかわんこのように懐いてきて!?

パートナーのおすすめレビュー

  • 虐げられてきた少女が本当の愛を知るシンデレラストーリー☆

    エムリス
    エムリス
    幼い頃に両親を亡くし、誰にも愛されずに育った伯爵令嬢のアイリ。養父には罵られ、使用人の仕事を押し付けられる日々……。さらには、精神的錯乱状態に陥っていると噂される国王と婚約するはずだった義妹の身代わりとして、王宮へ送り込まれてしまうのです!

    そんなアイリが謁見の間で対面したのは《銀狼陛下》と呼ばれる美しき国王ギルハルト。噂のせいかどうか、彼は終始不機嫌な様子……アイリには目もくれず、早々に対面を切り上げてしまうのです。先行きが思いやられる展開ですが、さらなる試練がアイリを襲います。なんと、国王の寝室に連行されてしまうのです! なんでも正式な婚約者になるには儀式が必要なのだとか。初対面の二人が夜を共にする……なんと刺激的なのでしょうね……。でも、これがきっかけでアイリはギルハルトの秘密を知り、二人の距離は見事に縮まります。

    その儀式というのは全部で七つ。正餐を共にし、手料理を手ずから食べさせる。愛情たっぷりのブラッシングに手を繋いだお散歩……おやおや、なんだかドッグトレーナーを思わせる内容ですねぇ。ですが、犬の世話のような儀式を進めていくうちに、国王はすっかりアイリの虜になってしまうのです!

    虐げられてきた少女が、国王の寵愛を賜る……まさにシンデレラストーリーの本作。甘い言葉で愛を囁かれ溺愛されては、彼女じゃなくても胸キュンしてしまうでしょう☆
  • 暴君と噂された国王は婚約者にメロメロ! アイリ、気づいてあげて!!

    宙
    ギルハルトは人狼の血を引く国王。満月の夜には人狼になっちゃうんだって。そのせいで気性も荒く……臣下からは「暴君になり果てた」って噂されているんだ。

    ある日、人狼化した彼が向かったのは自分の寝室。誰もいないはずのそこには、なんと婚約者だという少女がいたんだ! しかも、その日はちょうど満月で彼は凶暴化状態に! このままじゃ、彼女が危ないっ……って、あれ? なんでギルハルトってば彼女に擦り寄ってるの!? それに彼女もナデナデしてあげてるしっ。でも、そのお陰なのかな、彼は心が穏やかになって、正気を取り戻すんだ。 

    この一件でギルハルトは少女にメロメロ! 食事時には彼女を見つめたり、膝枕をしてもらって頭を撫でてって甘えちゃうんだ! でも、鈍感な彼女にはなかなかギルハルトの気持ちが伝わらないんだよね~。そのせいで、彼女が飼い犬や馬に優しくする姿を見るだけでギルハルトは嫉妬しちゃうんだ。飼い主に構ってもらえない犬みたいだね(笑)

    ちなみにギルハルトは甘いだけの男じゃない。攫われた少女を颯爽と助けて、彼女を虐げて来た人達を断罪するっていう、締めるべきところは締められる男なんだ。大切な人を守るギルハルトはすっごくカッコイイな!

みんなのデータ

  • 0
    評価する
  • 0
    読みたい

みんなからのレビュー

  • 黒ごま

    銀狼陛下チョロ……でもそれが良い。ワンコにはチョロくあってほしい。あっという間に身代わりヒロインちゃんに手懐けられとる。役割の部分を抜きにしても必要な組み合わせだったんだな……という背景は後で出てくる。お強くてかっこいい人狼陛下がヒロインちゃんのことを身代わりとわかってても唯一の存在として絶対離さない構えでよかった。逃亡した妹のことはなんか最後ズルいな~と思ったけど。陛下は狼のケモ耳だけどそれ以外のモフみは無し。ちぇっ。でも安心して読めるお話で甘さもほどよく満足。イラストもかわいい。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • かなで

    建国した初代王が、月の聖女と呼ばれる女性により狼の姿から人狼となって賢君として治めたという神話が残るルプス国。現在の王ギルハルトと義妹クリスティーナの謁見前日、義妹が逃亡したという話を聞いて呆然とするアイリ。従姉妹でもある義妹を心配するも、義父によって王宮にて義妹の身代わりとなれという無茶振りに耐えるしかなかった。しかもその王はここ半年暴君となっているようで──。→虐げられた末のシンデレラストーリー。ヒーローも呪いのように虐げられたというのが珍しい……のか?少し文章がおかしい部分もあったが概ね楽しく読了。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • nishiyan

    国王の婚約者である義妹クリスティーナが失踪し、急遽身代わりとなった伯爵令嬢のアイリ。銀狼の血を引き、暴君の噂があるギルハルトと儀式の一環で一夜を共に過ごしたことから始まるラブストーリー。両親を早くに亡くし、養父の伯父に虐げられていたアイリと、ある秘密から心に傷を負っていたギルハルトが互いに惹かれていく姿は尊い。最大の難関を突破してからの儀式は甘く、まるで犬と戯れるようで楽しい。二人に横たわった問題の解決とともに語られた義妹の想いが率直で彼らが自らの手で未来を選び取ったことを強調していてよかった。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • つき

    そこそこ楽しめた。先代伯爵の娘であるアイリは、爵位を継いだ叔父夫婦に養女として引き取られるが、叔父夫婦から虐げられていた。国王の婚約者である義妹が失踪し、アイリが身代わりに。婚約者になるには7つの儀式を行うことを知る。1つ目の儀式で狼化した陛下をなだめたことで、周囲から婚約者として認識。陛下もアイリに惹かれていくけどアイリが鈍い。身代わりはすぐにバレたけど、陛下から逃げようとする。叔父がアイリ父がアイリに遺していた遺産を横領していて、処罰されたのはスッキリ。妹はちょっとモヤモヤした。その後がみたい。続く? 続きを読む…

    ネタバレあり
  • 雪苺

    試し読みは面白そうに感じたのに半年放置して最初から読み直したらイマイチだった。アイリに共感できず陛下の好感度が右肩上がりだったのに対してアイリの好感度が下がっていった。祖母と叔父一家には不快感しかない。義妹の最後、姉想いのいい子アピールが受け入れがたい、叔父の様に悪者に徹していれば後腐れなく嫌えるのになんだか中途半端に感じる。陛下とサイラス以外良い印象無かったので私には合わないんだと思う。 続きを読む…

    ネタバレあり
powered by読書メーター

製品情報

  • レーベル
  • 発売日
    2021/09/15
  • 定価
    748円(本体680円+税)
  • ISBN
    9784047367555

感想をシェアしよう

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える
Close
この作品を評価しよう!
Excellent!!!
Very Good!!
Good!
評価入力した作品の著者とイラストレーターは新刊通知の対象として登録するよ。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
この作品の感想を3つ選択してね!
評価と感想はキミのパートナーが記憶するよ。
たくさん登録をしてね!
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
Close
みんなの感想
Close
注意
この作品の「読んだ」を取り消しますか?
あなたの評価と感想が削除され、
本棚からこの作品がなくなります。
はい。取り消します。
キャンセル
注意
この操作を取り消しますか?
はい。取り消します。
キャンセル
エラー
ログインして下さい。
ログイン
キャンセル
成功
本棚の「読みたい」に追加しました。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
OK