加護なし令嬢の小さな村 さあ、領地運営を始めましょう! 4
読みたい読んだ
読みたい
読んだ

加護なし令嬢の小さな村 さあ、領地運営を始めましょう! 4

領主ライフを断念!? 元・加護なし令嬢ツェリシナが選んだ運命とは!?
著者: ぷにちゃん (著者) / (イラスト)
シリーズ:加護なし令嬢の小さな村(カドカワBOOKS)

  • BOOKWALKER電子版
  • Amazon紙書籍

あらすじ紹介

 運命の女神の加護を持つ元・加護なし令嬢ツェリシナ。ツェリン村の運営も絶好調で平和な日々――も束の間、王国に災いをもたらす《咲かずの大樹》の出現で体調不良者が続出! 大樹の性質に詳しい神殿長リュカーリアに助けを求めたところ、事態を対処する条件として正式に結婚を申し込まれてしまう。予想しなかった形で王太子ソラティークとの婚約破棄が決まり、努力してきた領地運営も断念することになったツェリシナ。し
かし、その決断を運命の女神はなぜか許してくれなくて……!?

みんなのデータ

  • 0
    評価する
  • 0
    読みたい

みんなからのレビュー

  • rozeriy

    BW購入。最終巻。本宅の庭に生えた不気味な木。 それは災いを呼ぶ木で切る事も焼く事もできない。処置に困ったヒロインが大神殿に頼ると神殿長が見返りの求婚。 受けざるを得なくなったが、意外な人物にハッパを掛けられる事に。最後全部片付いてハピエンだけど、後半早足過ぎて、つまらない。4巻も続けて書き下ろしSSまで付けるなら、本編もっとちゃんと書いて欲しい。面白かったので、 最後のつじつま合わせが定番の終わりでも、余韻もなくて すごく残念。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • 虚と紅羽

    ないわ~、ない。これは真顔になるのも仕方ない超ご都合主義ハッピーエンド。冷めるわぁ。 話の導入がまず唐突で、あとはヘルの設定とか。結末を描くためだけに無理矢理詰めたかのような扱いの雑さが目立つ。そんでもってツェリシナの責任感の無さがもうダメ。流され過ぎだし『自由に~』とか言ってるけど、自由と責任の放棄は別物なんだよ。交換条件は果たすものだろ?女神のチート能力で自由(責任放棄)に生きます、とか結局最後は女神の力濫用でハッピーエンド笑ですかそうですか、って気分。 こんなんだったら無い方がマシ。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • つき

    最終巻。ゲームのラスボスの運命を変えるため、ソラティークとの婚約を解消し、神官と結婚しようとするツェリ。見かねた女神さまに促され、悪役令嬢の運命から自由になった2年後ソラティークと結ばれる。良かったんだけど、急に終わった感がある。 続きを読む…

    ネタバレあり
powered by読書メーター

製品情報

  • レーベル
  • 発売日
    2021/09/10
  • 定価
    1430円(本体1300円+税)
  • ISBN
    9784047367302

感想をシェアしよう

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える
Close
この作品を評価しよう!
Excellent!!!
Very Good!!
Good!
評価入力した作品の著者とイラストレーターは新刊通知の対象として登録するよ。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
この作品の感想を3つ選択してね!
評価と感想はキミのパートナーが記憶するよ。
たくさん登録をしてね!
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
Close
みんなの感想
Close
注意
この作品の「読んだ」を取り消しますか?
あなたの評価と感想が削除され、
本棚からこの作品がなくなります。
はい。取り消します。
キャンセル
注意
この操作を取り消しますか?
はい。取り消します。
キャンセル
エラー
ログインして下さい。
ログイン
キャンセル
成功
本棚の「読みたい」に追加しました。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
OK