一瞬で治療していたのに役立たずと追放された天才治癒師、闇ヒーラーとして楽しく生きる
読みたい読んだ
読みたい
読んだ

一瞬で治療していたのに役立たずと追放された天才治癒師、闇ヒーラーとして楽しく生きる

「今さら戻ってこいと言われても、治療は高額になるけどおたくら払えますか?」
著者: 菱川さかく (著者) / だぶ竜 (イラストレーター)
シリーズ:「一瞬で治療していたのに役立たずと追放された天才治癒師、闇ヒーラーとして楽しく生きる」シリーズ(GAノベル)

  • BOOKWALKER電子版
  • Amazon紙書籍

あらすじ紹介

「お前、最近何もやってないよな。ぶっちゃけもういらないんだ」

仲間のため必死に腕を磨き、パーティメンバーが少しでも傷つけば一瞬で治療、
さらには皆が傷を負いにくいように防護魔法や能力強化魔法まで併用していた
天才治癒師ゼノス。だが、その貢献を認めない仲間たちにより、彼は理不尽に
パーティから追放された。
失意のゼノスは街中で大怪我をしたエルフの奴隷少女リリと出会い、その命を
助けるが――

「私、生きてる……? 絶対死んだと思ったのに」
「ははは、これくらいはかすり傷だろ」
「……すごいっ」

その出会いをきっかけに、ライセンスを持たない闇ヒーラーとして治療院を
ひらくことになったゼノス。弱きを助け、強き者からは大金をせしめる凄腕
治癒師の噂は口コミで広がり、いつしか王宮にまで届くようになっていく!

一方、ゼノスが抜けたパーティは、優秀な治癒師が抜けたことで、満身創痍の
状態にあった。でも、今さら戻ってこいと言われても、気にいらない相手からは
高額の治療費を受け取るようにしたので……おたくら払えますか?

「小説家になろう」四半期総合ランキング第1位獲得を獲得した、大人気ファンタジーついに登場!

※「小説家になろう」は、株式会社ヒナプロジェクトの登録商標です。

みんなのデータ

  • 0
    評価する
  • 0
    読みたい

みんなからのレビュー

  • 絵美

    類稀な才能でパーティーを支えてきた治癒師のゼノス。しかし、貧民街出身の彼は搾取され続けた挙げ句、その能力に気付かぬメンバーにパーティーを追放されてしまう。貧民街に帰った彼は、その才能を発揮し闇ヒーラーとして治療院を始め……。 一応、ストーリーとしてはこの1冊で完結してるけど、王宮や王立治療院が今後ちょっかいかけて来そうな雰囲気だしまだ続くのかな……?という終わり方。ザマァ目的で読み始めたが、鈍感系ハーレムものでもあった。現段階で6人の女の子に囲まれていて、王立治療院のあの子も 続きを読む…

    ネタバレあり
  • ささきち

    作者の別作品はそこまで嫌いでは無かったんだけど、今回のは微妙たったかな。追放物で回復役というかヒーラーは資格職で孤児だった主人公は資格を持っておらず、その腕前は聖女すら超えるのでは?というレベルなのだが、資格がなければまともな職に付けない、ならばと貧民街で医者代わりとして働いて稼いでやる!となったとさ。貧民街には3つの組がしのぎを削っていたのだが頭が全員ゼノスに即落ちしてあれなんかやっちゃいましたか?で物語が終わっちまってるのがね〜正直読んでて感想がなんも無かったんですわ。どれも落ち方が同じで面白くなく 続きを読む…

    ネタバレあり
  • いくら丼

    最近Webが毎日更新なので、釣られて……。そういえばこんなことあったなあと。ハーレム展開が安易な感じですが、格好良い台詞やシチュエーションは良いなと思う、そんな作品。つまり、恋愛要素は割とどうでも良いので、ただただ活躍を見たい読者です。ゼノスは他人との交流がごく限定的で囲いこまれていて、その一部が悉く軽んじてバカにしてくるので、そりゃ自己認識も狂う。しかしアストンたちは、残念すぎるんだよな……ww治癒にこだわるが聖人でもない、わかりやすい性格と振る舞いが魅力なのかな。和気藹々とした雰囲気で安心して読めた。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • 貧民街出身の主人公がパーティーから追放され生計を立てるために闇ヒーラーへ。後ろ暗い仕事は貧民街、ということで貧民街が物語の中心となります。能力を傘に着ない、というか自覚がないためあっさりポジティブな性格であるがゆえか人が勝手に集まってくるような善人のため周囲もそれに感化されがち。イラストもいい仕事してます。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • 菊地

    「一瞬で直していたから有能さを理解されていなかった」という部分、さすがに強引すぎた。タイトルの時点で多少の強引さは覚悟していたけど、もうちょっと上手く捌くのかと思っていただけに、ここまで強引だと僕には合いませませんでしたね。 続きを読む…

    ネタバレあり
powered by読書メーター

製品情報

  • レーベル
  • 発売日
    2021/10/15
  • 定価
    1320円(本体1200円+税)
  • ISBN
    9784815610203

感想をシェアしよう

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える
Close
この作品を評価しよう!
Excellent!!!
Very Good!!
Good!
評価入力した作品の著者とイラストレーターは新刊通知の対象として登録するよ。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
この作品の感想を3つ選択してね!
評価と感想はキミのパートナーが記憶するよ。
たくさん登録をしてね!
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
Close
みんなの感想
Close
注意
この作品の「読んだ」を取り消しますか?
あなたの評価と感想が削除され、
本棚からこの作品がなくなります。
はい。取り消します。
キャンセル
注意
この操作を取り消しますか?
はい。取り消します。
キャンセル
エラー
ログインして下さい。
ログイン
キャンセル
成功
本棚の「読みたい」に追加しました。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
OK