魔界帰りの劣等能力者 7
読みたい読んだ
読みたい
読んだ

魔界帰りの劣等能力者 7

闇夜之豹が計画する異界の盟主の降臨を阻止せよ!!
著者: たすろう (著) / かる (イラスト)
シリーズ:魔界帰りの劣等能力者(HJ文庫)

  • BOOKWALKER電子版
  • Amazon紙書籍

あらすじ紹介

闇夜之豹が計画する異界の盟主の降臨を阻止せよ!!

祐人と止水の激闘は極まり、そこに闇夜之豹の女幹部ロレンツァが介入することで戦いの行方は予想がつかないことになっていた。
そして、互いの信念を賭した戦いが終着を迎えた時、学院に残っていた茉莉の方にも異変が起こって……。
ついに異界の盟主を呼び出そうとするロレンツァたちのおぞましい思惑が明かされる。それを聞いた祐人が下した決断とは―― 
「お前らはね……この劣等能力者の僕に呪われたんだよ」

最弱劣等の魔神殺しが無双する、大人気異能アクション第7弾!!

みんなのデータ

  • 0
    評価する
  • 1
    読みたい

みんなからのレビュー

  • こも 零細企業営業

    帰国したら知らぬ間にお嬢様学校を退学処分にされてしまう。ヒロイン達。ヤツれてる一吾、、いったい何が起こった?wそして、包帯まみれの謎の教師、止水が主人公たちの学校に赴任。この学校、ホントに大丈夫か? 続きを読む…

    ネタバレあり
  • 水無月冬弥

    たすろう先生(@tasuro_style)の #ラノベ #キミラノ 第3章完結編ということで、俺TUEEEが満載でした。祐人だけではなく、瑞穂やマリオンも強さを見せつけたのがいいですね、瑞穂もイラスト込みでメインヒロインだし……。しかし、学校でなにがあったのだろう。な武南無 続きを読む…

    ネタバレあり
  • 真白優樹

    止水との激闘の決着も束の間、明かされるロレンツァ達の思惑の真実を前に、祐人が一つの決断を下す今巻。―――祝福か呪いか、それはただ、一つの願いの為に。 激闘に次ぐ激闘、その中で交わされるそれぞれの想いと下される決意。一つの大乱の決着編となる今巻。前巻の衝撃の引きから待たされた分、面白さの溢れる正に拍手喝采を送りたくなる巻である。乗り越えた戦いで失ったものと得たもの。そして日常に戻った祐人を待つのは、今までとは毛色の違う戦い。果たして祐人はこの戦いを無事に勝ち抜けるのか。 次巻も勿論楽しみである。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • ハレタ

    7巻読了。 発売を楽しみにしていたこの作品、今回もとても面白かったです。 初めて出てきた時は相当な敵だなと感じた燕止水との戦いにも幕が下り、色々と過去の出来事も語られる中一つの区切りを迎えた今巻ですが、やはりここでシリアス展開のまま終わらないのがこの作品の好きなところ。主人公の周りにいつもいる可愛いヒロイン達のまさかの事態、そして死闘を繰り広げた燕止水がなぜか!更に四天寺家では何やらヒロイン争いが過熱しそうな催しが行われる雰囲気もあり、まだまだ楽しい物語が続くようなので、8巻の発売も楽しみにしています。 続きを読む…

    ネタバレあり
powered by読書メーター

みんなのラノベまとめ

  • 2021年度上半期に出たオススメ現代異能バトルラノベ
    水無月冬弥が作成したまとめ2021年度上半期に出たオススメ現代異能バトルラノベで紹介されています。
    1

製品情報

  • レーベル
  • 発売日
    2021/09/01
  • 定価
    737円(本体670円+税)
  • ISBN
    9784798625782

感想をシェアしよう

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える
Close
この作品を評価しよう!
Excellent!!!
Very Good!!
Good!
評価入力した作品の著者とイラストレーターは新刊通知の対象として登録するよ。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
この作品の感想を3つ選択してね!
評価と感想はキミのパートナーが記憶するよ。
たくさん登録をしてね!
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
Close
みんなの感想
Close
注意
この作品の「読んだ」を取り消しますか?
あなたの評価と感想が削除され、
本棚からこの作品がなくなります。
はい。取り消します。
キャンセル
注意
この操作を取り消しますか?
はい。取り消します。
キャンセル
エラー
ログインして下さい。
ログイン
キャンセル
成功
本棚の「読みたい」に追加しました。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
OK