エステルドバロニア 3
読みたい読んだ
読みたい
読んだ

エステルドバロニア 3

どうかお元気で。私の勇者様
著者: 百黒 雅 (著者) / sime (イラスト)
シリーズ:エステルドバロニア

  • BOOKWALKER電子版
  • Amazon紙書籍

あらすじ紹介

神都ディルアーゼルを支配下に置いた魔物国家エステルドバロニア。未だ残る多くの問題に頭を悩ませていた人間の王カロンのもとに、リフェリス王国より使者が神都にやって来るという報告が上がってくる。
配下のフィルミリアを使って王国との関係性を構築する策を進めていたのだが、カロンはこの世界特有の病に罹り臥せってしまう。そして魔物たちがカロンの身を案じる中、"晦冥白狐"梔子姫が治療のためにと独断でカロンを連れ去ってしまうのだった!
カロンと梔子姫が行方不明になり、エステルドバロニア内部が混乱する一方で王国からは勇者の血を引く騎士ミラ・サイファーが神都に向かってきて――!?

みんなのデータ

  • 0
    評価する
  • 0
    読みたい

みんなからのレビュー

  • nas

    戦争シーンは変わらず良かったけど、こんなに誰がどういう情報を持ってるのか分かりづらい作りだったっけか? ミラと出会うシーンがかなり不親切な作りになってるような。謁見シーン以降は元々こんな感じだった気がするが、「その情報どっから手に入れたんだっけ?」って止まるシーンが多い。まあまだ想像は出来る範疇だけど流石に一言でももうちょっと作中で説明がほしかったな。web版はここまでじゃなかった気がするんだけど、もう一回見てみるかな 続きを読む…

    ネタバレあり
  • ぽち

    WEB版ともはや別物(笑)。どっちかというとWEB版のほうが好きかな。カロン様の活躍は書籍版のほうが多いけど。グラドラとミラの絡みとか、見せ場がまるっと無くなったのが寂しい。だから四巻も出してほしい。WEB版との違いがこの先どう影響していくか見てみたい。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • 翔猫

    王国の描写が増えて特にミラの優しい?描写のおかげで彼女に対するに対する印象は少し変わった。しかしその分バロニア側の描写が削られたので、そこは非常に残念。正直バロニアの方が好きだし。カロンの侍女してるリーレは良かった、しかも挿絵あり。フィルミリアも活躍、アホ可愛かった。王国側では二人のおっさん勇者が良かったな。特に大賢者が良いキャラだった。戦争ではまたもやパワーアップでwebよりも盛り上がる展開、文句なしの面白さだった。巻末の設定資料集、今回ないのはとても残念だった。アレ好きだったのに。4巻では付けてほしい 続きを読む…

    ネタバレあり
  • 棚川彼方

    こんな微妙だったっけか 無駄な描写も多いし、オバロのリザードマン編より微妙 続きを読む…

    ネタバレあり
powered by読書メーター

製品情報

  • レーベル
  • 発売日
    2021/08/30
  • 定価
    1430円(本体1300円+税)
  • ISBN
    9784047367012

感想をシェアしよう

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える
Close
この作品を評価しよう!
Excellent!!!
Very Good!!
Good!
評価入力した作品の著者とイラストレーターは新刊通知の対象として登録するよ。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
この作品の感想を3つ選択してね!
評価と感想はキミのパートナーが記憶するよ。
たくさん登録をしてね!
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
Close
みんなの感想
Close
注意
この作品の「読んだ」を取り消しますか?
あなたの評価と感想が削除され、
本棚からこの作品がなくなります。
はい。取り消します。
キャンセル
注意
この操作を取り消しますか?
はい。取り消します。
キャンセル
エラー
ログインして下さい。
ログイン
キャンセル
成功
本棚の「読みたい」に追加しました。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
OK