俺の『運命の赤い糸』に繋がってたのは、天敵のような女子だった件
読みたい読んだ
読みたい
読んだ

俺の『運命の赤い糸』に繋がってたのは、天敵のような女子だった件

素直になれない二人の、焦れったくも甘々なラブストーリー
著者: 赤金武蔵 (著者) / ゆきうなぎ (イラスト)
シリーズ:俺の『運命の赤い糸』に繋がってたのは、天敵のような女子だった件(富士見ファンタジア文庫)

  • BOOKWALKER電子版
  • Amazon紙書籍

あらすじ紹介

 16歳になる年の4月22日に、左手薬指に現れる赤い糸。それは、世界のどこかにいる運命の人に繋がっており、その相手と結ばれれば必ず幸せになれるという。

 真田暁斗の赤い糸が繋がっていたのは、顔を合わせれば喧嘩ばかりのクラスメイト・久遠寺梨蘭。互いに“嫌われている”と思い込む二人の関係は、赤い糸で結ばれても何一つ変わらない……はずだった。
「アンタは一生ッ、私だけを見てればいいのよ!」
 赤い糸の力で、隠していた好意がダダ漏れに!? 実は、これまでの言動は全て照れ隠し! 運命の人になったことで、素直になれない梨蘭の本当の想いを知ることに……。
「…暁斗、暁斗。いつか、名前で呼んでほしいな……」
 不器用な美少女とちょっと鈍感な少年が織りなす、“大好き”が溢れて止まらない、甘くて焦れったい恋の物語。

みんなのデータ

  • 12
    評価する
  • 6
    読みたい

みんなからのレビュー

  • 芳樹

    【電子】16歳になる年に運命の相手と繋がる赤い糸が左手の薬指に現れる。そんな世界線でのラブコメ。主人公・暁斗のお相手は、顔を合わせば口喧嘩という天敵のような梨蘭。お互い相手から嫌われているのではと思い込んでいる二人ですが、二人とも不器用すぎてとても焦れったい、そんな、「ああもう、ほんとに!」というじれじれ感が楽しめる作品でした。続きがあれば嬉しい限り。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • よっち

    16歳になる年の4月22日に左手薬指に現れる赤い糸。相手と結ばれれば必ず幸せになれるという真田暁斗の赤い糸が、顔を合わせれば喧嘩ばかりの天敵・久遠寺梨蘭と繋がるラブストーリー。赤い糸で結ばれても何一つ変わらないはずだった、お互いに嫌われていると思い込んでいた二人の関係。けれど赤い糸の中でも稀有な力によって、隠していたはずの好意がダダ漏れになって、素直になれない梨蘭の本当の想いが明らかになっていって、そんな彼女を暁斗も可愛いと思うようになってゆく二人の関係がこれからどうなるのか、続巻に期待の新シリーズです。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • わたー

    ★★☆☆☆16歳の4/22に繋がっている当人同士にのみ運命の赤い糸が見えるようになった世界を舞台に、顔を合わせれば喧嘩ばかりだった宿敵の二人が恋に落ちるラブコメ。ギミックは面白いし、主人公カップルをくっつけるのには上手く働いていたように思うが、テーマを描くためだけの舞台装置に成り下がっていたのは残念。年の差カップルは運命の相手にならないとか、ちょっとなあ。また、主人公に好意を持つサブヒロインを登場させていることが致命的。案の定、あっさり身を引いちゃったし、設定に踊らされているだけのように感じて可哀想。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • TERU

    16歳になる年に左手薬指に現れる赤い糸。それは、世界のどこかにいる運命の人に繋がっており、その相手と結ばれれば必ず幸せになれるという。 主人公『真田暁斗』の赤い糸が繋がっていたのは、顔を合わせれば喧嘩ばかりのクラスメイトの『久遠寺梨蘭』だと!? 運命の赤い糸が実際に見える世界の物語。 何というロマンチック...いや、残酷な世界なのだろうか。赤い糸で結ばれた相手とは必ず幸せになれる。しかも、繋がっている人同士は恋愛感情に補正がかかってより魅力的に見えてしまう。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • nishiyan

    16歳を迎える年の4月22日に『運命の赤い糸』が現われ、結ばれると幸せになるという世界。真田暁斗と赤い糸で結ばれていたのは天敵といえるクラスメイト久遠寺梨蘭だったことから始まるラブコメディ。『運命の赤い糸』に翻弄される少年少女の悲喜こもごもが描かれているのだが、同性にも現れるのなら百合カップルとかもう一組は欲しかったかなと。暁斗と梨蘭のツンデレ漫才にひよりが挑む展開は、思ったよりもあっさりとした顛末。運命の強制力が強すぎるのかしら。暁斗が全て悪いので仕切り直した二人がどう関係を構築するのか。次巻が楽しみ。 続きを読む…

    ネタバレあり
powered by読書メーター

製品情報

感想をシェアしよう

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える
Close
この作品を評価しよう!
Excellent!!!
Very Good!!
Good!
評価入力した作品の著者とイラストレーターは新刊通知の対象として登録するよ。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
この作品の感想を3つ選択してね!
評価と感想はキミのパートナーが記憶するよ。
たくさん登録をしてね!
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
Close
Close
注意
この作品の「読んだ」を取り消しますか?
あなたの評価と感想が削除され、
本棚からこの作品がなくなります。
はい。取り消します。
キャンセル
注意
この操作を取り消しますか?
はい。取り消します。
キャンセル
エラー
ログインして下さい。
ログイン
キャンセル
成功
本棚の「読みたい」に追加しました。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
OK