痴漢されそうになっているS級美少女を助けたら隣の席の幼馴染だった 5
読みたい読んだ
読みたい
読んだ

痴漢されそうになっているS級美少女を助けたら隣の席の幼馴染だった 5

シリーズ累計10万部突破!隣に幼馴染がいる。それだけでいい恋物語、第5弾
著者: ケンノジ (著者) / フライ (イラストレーター)
シリーズ:「痴漢されそうになっているS級美少女を助けたら隣の席の幼馴染だった」シリーズ(GA文庫)

  • BOOKWALKER電子版
  • Amazon紙書籍

あらすじ紹介

一歩ずつ、一歩ずつ。

幼馴染とのすれ違い恋物語(ラブコメ)、第5弾。

「諒くーん、ワカちゃんがアイスキャンディ差し入れしてくれたよ」
 学校のS級美少女と噂される伏見姫奈を主役に、夏休みから始まった自主映画制作の撮影も残りわずか。
 夏の思い出として、自主映画製作メンバーと共に、花火大会が行われる夏祭りに数年ぶりに行く約束をした高森諒だったが、祭りの前日に姫奈が抱える悩みに触れることに――。
「こういうことがしたかったの?」
「わたしなりに、色々考えてるもん……」
 不器用な二人の本気のぶつかり合いは、姫奈と諒の距離をさらに縮めていくきっかけになり……。
 歯がゆくてもどかしい、幼馴染との甘い恋物語、第5弾。

みんなのデータ

  • 9
    評価する
  • 12
    読みたい

みんなからのレビュー

  • 芳樹

    前回一気に諒との距離を詰めた藍の密着取材を通じてさらに二人の関係が近くなる今回は、一歩退きがちな静香の頑張りも光っていました。一方、姫奈はオーディションがダメなせいかちょっと元気がない感じですね。そんな姫奈と上から目線の藍のマウントの取り合いが微笑ましく読んでいて楽しい。さて鈍感な諒も姫奈のことを少しは意識しだしたのかな、というところでまた爆弾。本当にこの作者はヒキが上手い。今後の展開が気になってなりません。続きを楽しみにしています。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • よっち

    姫奈を主役に、夏休みから始まった自主映画制作の撮影も残りわずか。夏の思い出として皆と夏祭りに数年ぶりに行く約束をした諒が、祭りの前日に姫奈が抱える悩みに触れる第五弾。脚本を手伝ってくれる鳥越が抱える事情、松田さんから依頼されたヒメジ絡みの仕事、そして姫奈が抱える複雑な悩み。相変わらず自らに向けられた想いには鈍い諒に、ヒロインたちのアプローチが空回りがちな展開には苦笑いでしたけど、一方で彼女たちの迷いや悩みにしっかりと向き合おうとするのが彼らしいですね。最後の展開は今後に大きく影響しそうで続巻が楽しみです。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • kid

    第5巻、伏見姫奈を主役に、夏休みから始まった自主映画制作の撮影も残りわずか。さらにヒロイン達と諒がそれぞれ向き合う。脚本をサポートしてくれる鳥越が抱える事情。松田さんから依頼された藍の密着取材とPV編集。夏の思い出として、自主映画制作メンバーとともに、花火大会が行われる夏祭りに数年ぶりに行く約束をした高森諒だったが、祭りの前日に姫奈が抱える悩みに触れることに…。ヒロイン達から向けられた想いに相変わらず鈍感な諒。彼女達の迷いや悩みに向き合う諒。最後に姫奈の母親が…今後の展開が気になります!次巻も楽しみです! 続きを読む…

    ネタバレあり
  • 桜庭かなめ

    引き続き夏休み編。クラスでの映画撮影と、ヒメジのドキュメンタリー撮影を通して、姫奈とヒメジ、鳥越さんの3ヒロインとの関わりが描かれる。特に家族や家出があった鳥越さんと、ドキュメンタリー撮影をしたヒメジとのやり取りが多かった印象。姫奈とも2人きりでプールに行ったり、彼女の部屋でホラー映画のDVDを観ていたりするので、ヒロインレースはまだまだ分からない印象。結構面白かった。姫奈の母親はどういう人なんだろうな。個人的には彼女とヒメジの芸能事務所の社長の松田さんが今後のキーパーソンになりそうな気がする。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • わゆ

    幼馴染2人とクラスメイトとの恋愛模様が描かれる。5巻も舞台は夏。文化祭に向けての映画作り、主人公のアルバイト先での映像制作、夏祭り等が描かれる。今巻では各ヒロインそれぞれにボリュームを持ってフォーカスが当たっており、各ヒロインと主人公の距離感にも変化が。主人公が段々と本格的に夢に向かえている展開にも楽しみがある。ストーリーとしては高校生組以外のそれぞれの親やバイト先などの「大人」の登場シーンも増えて、物語の厚みが増した。そして恒例の「爆弾」は今巻にも。とてつもなく予想を掻き立てられ、次巻が待ち遠しい。 続きを読む…

    ネタバレあり
powered by読書メーター

製品情報

  • レーベル
  • 発売日
    2021/10/15
  • 定価
    704円(本体640円+税)
  • ISBN
    9784815610050

感想をシェアしよう

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える
Close
この作品を評価しよう!
Excellent!!!
Very Good!!
Good!
評価入力した作品の著者とイラストレーターは新刊通知の対象として登録するよ。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
この作品の感想を3つ選択してね!
評価と感想はキミのパートナーが記憶するよ。
たくさん登録をしてね!
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
Close
みんなの感想
Close
注意
この作品の「読んだ」を取り消しますか?
あなたの評価と感想が削除され、
本棚からこの作品がなくなります。
はい。取り消します。
キャンセル
注意
この操作を取り消しますか?
はい。取り消します。
キャンセル
エラー
ログインして下さい。
ログイン
キャンセル
成功
本棚の「読みたい」に追加しました。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
OK