本能寺から始める信長との天下統一 6
読みたい読んだ
読みたい
読んだ

本能寺から始める信長との天下統一 6

1590年、信長――ハワイ上陸!?
信長の留守を狙い、朝廷の罠が真琴を襲う!?
著者: 常陸之介寛浩 (著者) / 茨乃 (イラスト)
シリーズ:「本能寺から始める信長との天下統一」シリーズ(オーバーラップ文庫)

  • BOOKWALKER電子版
  • Amazon紙書籍

あらすじ紹介

1590年、信長――ハワイ上陸!?
信長の留守を狙い、朝廷の罠が真琴を襲う!?

炎上中の本能寺にタイムスリップして織田信長の命を救い、歴史を変えてしまった俺、黒坂真琴。
安土幕府の力を削ぎたい朝廷は、大納言である俺を標的に定めた。
敢えて罠に飛び込んだ俺は関白・近衛前久と対峙することになったけど、そこにハワイ帰りの信長が乱入してきて……!?
また、樺太を任せていた北条氏からの要請を受け、信長の頼みもあって俺も現地へ行くことに。
アイヌ民族との確執が深刻そうだけど、なんとか手を取り合えるよう頑張らないと!
信長生存ルートを描く戦国歴史ファンタジー、共存の道を掴む第6幕!!

みんなのデータ

  • 1
    評価する
  • 3
    読みたい

みんなからのレビュー

  • T

    本能寺の変から信長を救い、歴史を変えた黒坂真琴。信長がハワイへ赴く中、信長の時代を良しとしない朝廷が、信長がいない隙を見て動策を巡らす。さらには、樺太の北条氏からの救援要請によって真琴は現地へ赴くことに。歴史改変ファンタジー、第六弾。日本という枠組みを超え、世界に足を踏み出した信長。一方で真琴は、アイヌ民族との共存のため樺太へ赴く。朝廷とのいざこざや新ヒロインの登場など今巻も面白かったです。世界をも巻き込む歴史改変がどのような影響を与えていくのか。次回も楽しみです。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • 真白優樹

    ハワイに遠征した信長不在の隙を狙いちょっかいをかけてきた朝廷と対峙したりする中、北条氏の救援の為樺太に向かう今巻。―――変化と共存、変わる世界で生き延びるために手を取り合え。 触れない訳にもいかぬ朝廷との対峙、そして史実よりも随分と早く始まる樺太開拓。世界が広がるからこそ、新たな変化と共存を求め始められる巻であり、円熟した面白さに新たな味が本格的に加えられていく、更に面白さ深まっていく巻である。果たして、アイヌの民族との共存はうまくいくのか。次に真琴の前に立ち塞がる問題とは。 次巻も須らく期待である。 続きを読む…

    ネタバレあり
powered by読書メーター

製品情報

感想をシェアしよう

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える
Close
この作品を評価しよう!
Excellent!!!
Very Good!!
Good!
評価入力した作品の著者とイラストレーターは新刊通知の対象として登録するよ。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
この作品の感想を3つ選択してね!
評価と感想はキミのパートナーが記憶するよ。
たくさん登録をしてね!
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
Close
みんなの感想
Close
注意
この作品の「読んだ」を取り消しますか?
あなたの評価と感想が削除され、
本棚からこの作品がなくなります。
はい。取り消します。
キャンセル
注意
この操作を取り消しますか?
はい。取り消します。
キャンセル
エラー
ログインして下さい。
ログイン
キャンセル
成功
本棚の「読みたい」に追加しました。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
OK