陰からマモル!
読みたい読んだ
読みたい
読んだ

陰からマモル!

陰守マモルはグルグル眼鏡とぼさぼさ頭がトレードマークの高校生。しかし、その正体はお隣の紺若家を守る忍者一家の長男なのだ。
著者: 阿智太郎 (著者) / まだらさい (イラスト)
シリーズ:陰からマモル!(MF文庫J)

  • BOOKWALKER電子版
  • Amazon紙書籍

あらすじ紹介

陰守マモルは16歳。ルックスダメ! 勉強ダメ! 運動ダメ! のダメダメ三銃士の高校生。グルグル眼鏡とぼさぼさ頭がトレードマークだ。しかし、その正体は、人知れずお隣の紺若家を守る忍者一家の長男なのだ。幼なじみで紺若家の長女・ゆうなが危機にさらされると、ビシッと忍装束で、守っちゃう! 紺若家が危機にさらされると、陰守家も一家総出で守っちゃう! しかも、密かに守っちゃう! それが陰守家に400年も伝わる掟なのだから。

みんなのデータ

  • 2
    評価する
  • 2
    読みたい

みんなからのレビュー

  • 碧海いお

    コミックアライブの新刊を調べると、まだこれのコミカライズが完結をしていない。新刊が出ているということを知って驚き。アニメを放送をしていたのは2006年。 所謂、アンパンマン的に話が進められるということを覚えていたんですが、記憶のままでした。 忍者の主人公のマモルがヒロインのゆうなを毎回、危険から回避する為に守るというもの。 こんにゃくが好きなお殿様が忍者に「こんにゃく作りの名人を陰から守るのじゃ」と命じられて、400年続いた設定。歴代がずっと忍者だったのだろうか? 続きを読む…

    ネタバレあり
  • ロック

    戦国時代のとある殿様が好物だったコンニャク、「美味しいから絶対絶やすな」という命令を受けた忍者たちはコンニャク屋を400年過ぎた現代までお隣で陰から見守り続けていた。コンニャク屋の亭主は主人公の父が奥さんは母が、そして主人公マモルは幼馴染のヒロインゆうなを陰から守っていたという物語。今読むとそれなりに古く時事ネタもあるので厳しいかもしれないけど、このノリがこの頃めっちゃ流行ってたなと思いだした。言ってしまえばバカな作品なのだけど考える必要のない作品なので気軽に読めるのでしょうもないけど面白かった。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • どぼくこうじ

    冴えない感じの高校生、陰守マモルは実は凄腕の忍者。先祖代々伝わる掟に従い、お隣の紺若家の長女ゆうなを人知れず守っている。生まれつき不運を呼び寄せてしまう体質のゆうなには、ヤンキーにからまれたり、偶然麻薬取引の現場を目撃して命を狙われたりと厄介事が絶えない。天然な性格のゆうなは自分が危険にさらされていることにも気づかずにのほほんと暮らしているが、そんな彼女の日常を守るため、マモルは得意の忍法を駆使して陰で奮闘する。ゆうなの天然発言が時々クスッと笑えた。マスコット的存在の忍犬、ぶる丸がかわいかった。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • ヨシツネ

    こういうのでいいの 続きを読む…

    ネタバレあり
  • ルイルカ

    正にライトノベルってかんじ。この人のはじめて読んだや 続きを読む…

    ネタバレあり
powered by読書メーター

製品情報

  • レーベル
  • 発売日
    2003/07
  • 定価
    638円(本体580円+税)
  • ISBN
    9784840108386

感想をシェアしよう

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える
Close
この作品を評価しよう!
Excellent!!!
Very Good!!
Good!
評価入力した作品の著者とイラストレーターは新刊通知の対象として登録するよ。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
この作品の感想を3つ選択してね!
評価と感想はキミのパートナーが記憶するよ。
たくさん登録をしてね!
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
Close
みんなの感想
Close
注意
この作品の「読んだ」を取り消しますか?
あなたの評価と感想が削除され、
本棚からこの作品がなくなります。
はい。取り消します。
キャンセル
注意
この操作を取り消しますか?
はい。取り消します。
キャンセル
エラー
ログインして下さい。
ログイン
キャンセル
成功
本棚の「読みたい」に追加しました。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
OK