カノジョの妹とキスをした。 3
読みたい読んだ
読みたい
読んだ

カノジョの妹とキスをした。 3

どうして俺は、晴香と出逢う前に、時雨と出逢えなかったんだろう。
著者: 海空りく (著者) / さばみぞれ (イラストレーター)
シリーズ:「カノジョの妹とキスをした。」シリーズ(GA文庫)

  • BOOKWALKER電子版
  • Amazon紙書籍

あらすじ紹介

「晴香のこと、忘れさせてくれ」

あの日、恋人・晴香の拒絶にショックを受けた俺は、
時雨にとんでもないことを言ってしまった。
 留守電に残された、結婚すら視野に入れた晴香の
覚悟に恥ずかしくなる。反省した俺は時雨に言葉の
取り消しと謝罪を申し出る、が――
「後戻りなんてさせない。絶対に。忘れさせてやる」
 時雨は俺たちの今までの関係をネタに脅迫してきた!
 晴香とやり直したいのに、逆らえず時雨にキスをする
俺。でもそれが不思議と嫌でもなくて――

 毒々しいまでの純愛。『崩壊』の第三巻!

みんなのデータ

  • 21
    評価する
  • 24
    読みたい

みんなからのレビュー

  • 芳樹

    ついに博道が本当の気持ちに気が付いてしまった…。時雨を出会わなくても博道と晴香はいずれ破綻していたことでしょう。思いがかけ離れているし、何より晴香が博道に要求するだけで博道へ何も返せてない。苦しいときに愛情を注いでくれる時雨が近くにいれば、「なぜ晴香と出逢う前に時雨と出会えなかったのか」という考えに至るのは必然の成り行き。そして、そう思うことにさえ苦悩する博道の心情を思うととても苦しくなる。ハッピーエンドなんて望めない状況下、三人の関係はどんな結末を迎えるのだろう。続きを楽しみにしています。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • ナギ

    出会った順番が間違っていた。純粋だが不純な三角関係にもいよいよ本当の気持ちに気づく時が来ましたね。次回最終らしいですが、もっと長く読みたかったかな。今巻は、彼女が本当に好きなのは過去の彼氏であり、そこに気づいた主人公が自分の気持ちに気づくという普通の恋愛小説なら王道でもありますよね。ただそこに順番が違うというアクセントが入るだけでこれだけ違ってくるんですよね。ただ自分の気持ちに気づいたのが早くてハッピーエンドにはなりそうですよね。こういう場合に多いのはどっちとも結ばれないのがバッドエンドですから。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • よっち

    あの日、恋人・晴香の拒絶にショックを受けた博道が、時雨に言ってしまった言葉。留守電に残された晴香の覚悟に反省した博道が、時雨に言葉の取り消しと謝罪を申し出る第三弾。博道の思いに配慮しない晴香の言動に憤りを隠せない時雨。今までの関係をネタに脅迫する時雨を拒めなかった博道。彼なら分かってくれるはず…そんな一方的な思い込みが、彼が絞り出した辛い想いの見落としに繋がって、どこまでも真っ直ぐな思いは博道の心を大きく揺さぶって、気づいてしまった思いにどう結論を出すのか、この三角関係はどうなるのか、これは最終巻に期待。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • ランドセル太郎

    不純愛だねぇ…。初恋である晴香と、晴香と双子で顔もそっくり、腹黒いとこはあるけど博道を一番近くで見ている時雨、もし自分が博道の立場だったらどっちに行くのか。そんな想像をしながら読みましたが、自分は時雨にいくかな。理由は、晴香が好きな博道が、小さな時の博道で止まっているから。そこから博道の魅力に気づいていない晴香は、“理想の博道”という認識しかしてないわけです。それに対して時雨は、日々博道の人間性を理解し、更新しています。“理想”か“現実”、自分は現実を見てくれる人のほうがいいなと思います。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • わたー

    ★★★★★待望の新刊。現実の彼の頑張りを見ようともしない晴香と、彼の弱さを受け入れて共にあろうとする時雨。2人のスタンスの違いが浮き彫りになった前巻ラストだったが、続く今回はその違いがより鮮明になっていた。片方からただ与えられるのみという歪な関係が生み出した隙間に、愛情という名の劇薬を注ぎ込む。やっていることは倫理観的に赦されざる行為かも知れないが、私にとってはこちらの方が、「真実の愛」という綺麗事を強制するよりも純愛なのではないかと思う。主人公が早い者勝ちという理由で選ばなかったことも評価に値する。 続きを読む…

    ネタバレあり
powered by読書メーター

みんなのラノベまとめ

  • 2021上半期はコレ!
    コロロ少尉が作成したまとめ2021上半期はコレ!で紹介されています。
    1
  • 【2021年度上半期に出たオススメラノベ】
    sasukeが作成したまとめ【2021年度上半期に出たオススメラノベ】で紹介されています。
    1

製品情報

  • レーベル
  • 発売日
    2021/09/15
  • 定価
    726円(本体660円+税)
  • ISBN
    9784815612252

感想をシェアしよう

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える
Close
この作品を評価しよう!
Excellent!!!
Very Good!!
Good!
評価入力した作品の著者とイラストレーターは新刊通知の対象として登録するよ。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
この作品の感想を3つ選択してね!
評価と感想はキミのパートナーが記憶するよ。
たくさん登録をしてね!
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
Close
Close
注意
この作品の「読んだ」を取り消しますか?
あなたの評価と感想が削除され、
本棚からこの作品がなくなります。
はい。取り消します。
キャンセル
注意
この操作を取り消しますか?
はい。取り消します。
キャンセル
エラー
ログインして下さい。
ログイン
キャンセル
成功
本棚の「読みたい」に追加しました。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
OK