味方が弱すぎて補助魔法に徹していた宮廷魔法師、追放されて最強を目指す
読みたい読んだ
読みたい
読んだ

味方が弱すぎて補助魔法に徹していた宮廷魔法師、追放されて最強を目指す

「小説家になろう」の大人気ファンタジー! アプリ「マガポケ」でのコミカライズも決定!
著者: アルト (著) / 夕薙 (イラスト)
シリーズ:味方が弱すぎて補助魔法に徹していた宮廷魔法師、追放されて最強を目指す(Kラノベブックス)

  • BOOKWALKER電子版
  • Amazon紙書籍

あらすじ紹介

「補助魔法しか使えない能無しの魔法師はこのパーティーには必要ない。お前はクビだ、アレク・ユグレット」
それはある日突然、王太子のダンジョン攻略パーティーの付き添いをしていた宮廷魔法師アレクに突き付けられた追放宣告。
そして王太子の嫌がらせにより、アレクはパーティーどころか、宮廷からも追放されてしまう。
そんな彼に声を掛けたのは、4年前を最後に別れを告げたはずの、魔法学院時代のパーティーメンバーの少女・ヨルハだった。
「――――ねえ、アレク。ボク達と一緒にまた、ダンジョン攻略をする気はない?」
かくして、かつて伝説とまで謳われたパーティー“終わりなき日々を”は復活し。
やがてその名は、世界中に轟く――!
――これは、飼い殺し状態であった元宮廷魔法師の冒険譚。

みんなのデータ

  • 0
    評価する
  • 0
    読みたい

みんなからのレビュー

  • アウル

    個人的には普通といった所かな。宮廷魔法師のアレクは王太子のダンジョン攻略パーティーの付き添いをしていたが能無しは必要がないという事で追放されてしまう。しかも宮廷からも追放されてしまい無職に。そんな彼に声をかけてきたのは学園時代のパーティーメンバーのヨルハだった。かつての仲間達と再びパーティーを組み伝説を再開していく物語。王太子はクソやし親父も大概のような気がせんこともない気がするけども。アレクやパーティーメンバーのキャラや個人的にはロキのキャラが良かったわ。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • 菊地

    ベタな追放ものであまりコメントはないけど、ザマァが読みたい人の需要からは少し外れるかなぁ、とい感じ。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • しゃしゃ

    割り引いた上にポイント還元でかなーりお安くなっていたので購入。 パーティから無能の烙印押されて追放されたけど無能は追放した方で後悔してももう遅いザマァ的な事になってる。意趣返しするのかと思えばそういう訳でもなくなんか…はぁ…まぁ…みたいな感じで続きは最強メンバーの冒険譚になりそう。次巻からはタイトル変えた方が良くない? 戦闘シーンにわくわくしないので次はもういいかな。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • おかず台

    一応読んでみたけど、「追放物の範疇内」、としか言えないかな。 続きを読む…

    ネタバレあり
powered by読書メーター

製品情報

感想をシェアしよう

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える
Close
この作品を評価しよう!
Excellent!!!
Very Good!!
Good!
評価入力した作品の著者とイラストレーターは新刊通知の対象として登録するよ。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
この作品の感想を3つ選択してね!
評価と感想はキミのパートナーが記憶するよ。
たくさん登録をしてね!
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
Close
みんなの感想
Close
注意
この作品の「読んだ」を取り消しますか?
あなたの評価と感想が削除され、
本棚からこの作品がなくなります。
はい。取り消します。
キャンセル
注意
この操作を取り消しますか?
はい。取り消します。
キャンセル
エラー
ログインして下さい。
ログイン
キャンセル
成功
本棚の「読みたい」に追加しました。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
OK