たとえばラストダンジョン前の村の少年が序盤の街で暮らすような物語 13
読みたい読んだ
読みたい
読んだ

たとえばラストダンジョン前の村の少年が序盤の街で暮らすような物語 13

アニメ版大好評配信中!シリーズ200万部突破の大人気シリーズ第13弾!
著者: サトウとシオ (著者) / 和狸ナオ (イラストレーター)
シリーズ:「たとえばラストダンジョン前の村の少年が序盤の街で暮らすような物語」シリーズ(GA文庫)

  • BOOKWALKER電子版
  • Amazon紙書籍

あらすじ紹介

イブの企みを暴くべく、国境監獄ジクロックの調査を進めるアザミ王国の面々。
凶悪犯勢揃い、大陸最大の地獄とさえ言えるそこへ、なぜかロイドが収容されてしまい・・・・・・
「ここが心を鍛える修行場ですね!」
劣悪環境もなんのその、前向きに獄中生活を楽しむ様子に監獄騒然!?
あまりのタフさに極悪囚人たちをも恐れさせ、遂にならず者の頂点へ!
「そうだ、ちょっと家に帰らなきゃ」
さらにお出かけ感覚でふらっと脱獄も成功させちゃって、もう誰にも彼を止められない!
陰謀渦巻く凶悪監獄で繰り広げる、 勇気と再会の物語。
うっかり無自覚プリズンブレイク編、第13弾!

みんなのデータ

  • 0
    評価する
  • 1
    読みたい

みんなからのレビュー

  • niz001

    『13』巻で刑務所なのは狙ってるのかw。懐かしい面子を更生させる話みたい。本筋はちょろっとだけしか進まない。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • なぎ

    監獄に内部調査に行くはずのガストンの代わりに手違いでロイドが監獄へ行くことに。アミジン・ザルコ・ミノキなどかつてロイドによって罪を暴かれた者達と再会することになる。ストーリー自体はあまり進まなかったもののロイドの勘違いが絶好調で面白いのは相変わらず。ザルコのロイドに対しての怯えっぷりが傑作でした。ロイドの純粋な真っ直ぐさにウルグドの悪辣さも効かずで、周囲がそれによって改心して一致団結していく展開が熱かった。そして諸悪の根源・イヴは本当に卑劣でヴリトラの無事を祈るばかり…。 続きを読む…

    ネタバレあり
powered by読書メーター

製品情報

  • レーベル
  • 発売日
    2021/09/15
  • 定価
    770円(本体700円+税)
  • ISBN
    9784815609900

感想をシェアしよう

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える
Close
この作品を評価しよう!
Excellent!!!
Very Good!!
Good!
評価入力した作品の著者とイラストレーターは新刊通知の対象として登録するよ。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
この作品の感想を3つ選択してね!
評価と感想はキミのパートナーが記憶するよ。
たくさん登録をしてね!
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
Close
みんなの感想
Close
注意
この作品の「読んだ」を取り消しますか?
あなたの評価と感想が削除され、
本棚からこの作品がなくなります。
はい。取り消します。
キャンセル
注意
この操作を取り消しますか?
はい。取り消します。
キャンセル
エラー
ログインして下さい。
ログイン
キャンセル
成功
本棚の「読みたい」に追加しました。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
OK