祈りの国のリリエール
読みたい読んだ
読みたい
読んだ

祈りの国のリリエール

『魔女の旅々』公式スピンオフ、再始動!!
著者: 白石定規 (著者) / あずーる (イラストレーター)
シリーズ:「祈りの国のリリエール」シリーズ(GAノベル)

  • BOOKWALKER電子版
  • Amazon紙書籍

あらすじ紹介

『魔女の旅々』公式スピンオフ、再始動!!

著・白石定規、イラスト・あずーるの『魔女の旅々』コンビが紡ぎだす完全新作。発売即重版した話題作。
『魔女の旅々』の世界に存在する、祈りが呪いに変わってしまう国を舞台にした少女たちの物語。
「灰の魔女」イレイナも登場します!!


ここは小さな島国「祈りのクルルネルヴィア」。
魔法が封じられた代わりに、人の祈りを叶える道具「祈物」が生まれる謎な都市です。
「……ボクにしかできないことをやって生きたいです」
ボクことマクミリアは不思議な女性リリエールさんに助けられ、
危険な祈物を扱う専門店、古物屋で助手としてせっせと働くとになりました。
運命を変える香水、喋る花瓶、謎の生物を収めた鞄。視界に映るものを操る道具などなど。
祈物が起こす怪事件に、ボクとリリエールさんの名コンビ+灰の魔女が挑みます!!

「急にどうしたんですかリリエールさん。お仕事は?」
「ああ、仕事ね……今日休みでも良い……?」
『魔女の旅々』シリーズの公式スピンオフ、再始動です。

※本作はGA文庫『リリエールと祈りの国』を、新たに一から創り直して、GAノベルの新シリーズとして刊行する完全新作となります。

みんなのデータ

  • 0
    評価する
  • 1
    読みたい

みんなからのレビュー

  • ソラ

    魔女の旅々のスピンオフ作品。イレイナさんは少し出てくるぐらいだが全然楽しめたので、魔女の旅々じゃなくても白石定規作品なら今後も読んでいこうと思った。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • maqiso

    重いエピソードが多いけどリリエールとイレイナがゆるくて面白い。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • 魔女の旅々が旅ならば、こちらは拠点を持つ形の物語。同じ世界であり、魔法はあれども魔法使いはいないという国を舞台にしていると言うのはなかなか興味深い。こういう形式の話は好きですねえ。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • リース

    忘れた頃に来る後味の悪い話もあるけど基本的にはゆるーい話 1巻ごとに完結してくかと思ったらちゃんと続くみたいなので今後も楽しみ 続きを読む…

    ネタバレあり
  • warimachi

    出版の経緯がよくわからんなあと思いつつ読み始めたが、リブートということだったらしい。以前のものと内容が大分違っていて、特に前作を占めていたあまりにも強い社会への不信感が、今回はある程度ポジティブなものに変わっていた点。全体として大味だし、なんだかんだ前作の存在を頼りにしているのか人物の掘り下げも甘いが、その姿勢だけは好感を持ってもいいと思った。 続きを読む…

    ネタバレあり
powered by読書メーター

製品情報

  • レーベル
  • 発売日
    2022/01/15
  • 定価
    1320円(本体1200円+税)
  • ISBN
    9784815610685

感想をシェアしよう

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える
Close
この作品を評価しよう!
Excellent!!!
Very Good!!
Good!
評価入力した作品の著者とイラストレーターは新刊通知の対象として登録するよ。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
この作品の感想を3つ選択してね!
評価と感想はキミのパートナーが記憶するよ。
たくさん登録をしてね!
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
Close
みんなの感想
Close
注意
この作品の「読んだ」を取り消しますか?
あなたの評価と感想が削除され、
本棚からこの作品がなくなります。
はい。取り消します。
キャンセル
注意
この操作を取り消しますか?
はい。取り消します。
キャンセル
エラー
ログインして下さい。
ログイン
キャンセル
成功
本棚の「読みたい」に追加しました。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
OK