Babel 4
読みたい読んだ
読みたい
読んだ

Babel 4

言葉と人間を巡るロードファンタジー、堂々完結。
著者: 古宮 九時 (著者) / 森沢晴行 (イラスト)
シリーズ:Babel

  • BOOKWALKER電子版
  • Amazon紙書籍

あらすじ紹介

 キスクでの激動を経てファルサスに帰還し、子供用の言語教材を作成する仕事についた雫。エリクと協力して引き続き日本帰還の手立てを探り続けていたが、その鍵となるはずの外部者の呪具、秘された歴史を記した本の一冊が予想外な場所から見つかることに。
 一方、もう一冊の呪具を保持する邪悪な魔法士アヴィエラは、突如として大陸全土に向けて宣戦布告する。

「私の名はアヴィエラ。七番目の魔女。時代の終わりと始まりでお前を待っている」

 決戦の地は、禁呪によって異界化した亡国ヘルギニス跡地。ファルサス王ラルス率いる連合軍が結成され、呪具の片割れを所持する雫も否応なく戦いに巻き込まれていく。

 神話の時代に遡る言語の由来、子供達が言葉を失う流行病、この世界を観測する外部者の存在、そして現代日本からやってきた雫が言葉を解する意味。その全ての謎が一点に収束して明かされていく。長い長い旅の果てに、少女が知る真実とは――。

 言葉と人間を巡るロードファンタジー、堂々完結。

みんなのデータ

  • 0
    評価する
  • 0
    読みたい

みんなからのレビュー

  • よっち

    キスクでの激動を経てファルサスに帰還し、子供用言語教材を作成する仕事についた雫。一方、邪悪な魔法士アヴィエラが突如として大陸全土に向けて宣戦布告する第四弾。子供に言語を教えながらエリクと帰還の手立てを探り続ける雫、意外な場所から見つかった秘された歴史を記す一冊の本を巡る因縁、そして七番目の魔女を名乗るアヴィエラとの決戦。相変わらず雫は無茶するな…と思いながら読んでましたけど、これまで積み重ねられてきた伏線が徐々に収束して明らかになるひとつの真実は鮮烈で、長い旅の果てに下した雫の決断が印象に残る物語でした。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • かなで

    旅の終わりは唐突に。三冊の本は外の呪物だった。そして、雫が何度も死の危機にひんしていたのに、死ななかったのは、雫の魂を呪物が寄生したから。統一言語にすることにより、人の進化を止めるというのは観察者たちからすれば良かったのかな。観察者たちは結局この世界の何を知りたいのか。三冊の本と雫が揃ったとき、魂の欠損だと思われていた言語の喪失は病ではないと分かったけれど、今度は雫の魂に呪物の核があるだなんて本当に皮肉な展開。全ての伏線が雫が呪物という真実に向かっていて、雫がどう選択するかの道筋もできていた。(続 続きを読む…

    ネタバレあり
  • まお

    シリーズ完結。言語障害の謎から始まり、出張した異国での魔物襲撃に“七番目の魔女”と、怒涛の展開が続いていく。メアやエリクと一緒だからⅢより安心なんてことは全然なかった。緊張感すごい。web版既読だけど加筆もあってまさに圧巻だった。細やかな伏線が収束してラストシーンへ繋がっていく様子は鳥肌もの。譲れないものを胸に抱いて踏み出していく雫が、ただもう眩しい。またしても遭遇したカイトとの会話で気づきを得て率直に詫びと御礼を言えるのが実に彼女らしい。単独で上位魔族を打倒しちゃう王様も、さすがファルサス直系って感じ。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • kitten

    図書館本。言語学がメインの異世界ファンタジーBabelの最終巻。前を読んでからかなり時間が経ったので忘れているところも多い(特にリースフェンの関係)。いやぁ、最後の展開は二転三転ですごかったわ。雫の最後の決断とエピローグまで含めて素晴らしかった。基本、ネタバレは書きたくないのでこの巻の感想は書きづらいが、いくら何でもそれはありなのか?という展開だった。うーん、最初から読み返してみたくなるのは、UnnamedMemoryと同じだけど、最初から読み返すにはあまりにも長すぎるのも同じ。評価、星3 続きを読む…

    ネタバレあり
  • ユウ@八戸

    完結。ファルサスに帰還した雫に最後の謎が迫る。半分読んで『これ終わるの?』と思いさらに半分読んで『これほんとに終わるの!?』と思いクライマックスで『そういうことかぁ!』とめっちゃスッキリした。回収が見事すぎる。アンメモを完結まで読んでるとわかるとこもあるし、またアンメモ読みたくなりますね。こういう繋がりのある物語大好き。諦めず地道に頑張れる雫がとても好きです。あと毎回ここぞというときに決めるエリク。1巻から一気読みしたい。タイトルの回収もされてとてもよかったです。ラストのエピソードがまたいいよね。 続きを読む…

    ネタバレあり
powered by読書メーター

製品情報

  • レーベル
  • 発売日
    2021/07/16
  • 定価
    1540円(本体1400円+税)
  • ISBN
    9784049138276

感想をシェアしよう

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える
Close
この作品を評価しよう!
Excellent!!!
Very Good!!
Good!
評価入力した作品の著者とイラストレーターは新刊通知の対象として登録するよ。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
この作品の感想を3つ選択してね!
評価と感想はキミのパートナーが記憶するよ。
たくさん登録をしてね!
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
Close
みんなの感想
Close
注意
この作品の「読んだ」を取り消しますか?
あなたの評価と感想が削除され、
本棚からこの作品がなくなります。
はい。取り消します。
キャンセル
注意
この操作を取り消しますか?
はい。取り消します。
キャンセル
エラー
ログインして下さい。
ログイン
キャンセル
成功
本棚の「読みたい」に追加しました。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
OK