竜王女は天に舞う
読みたい読んだ
読みたい
読んだ

竜王女は天に舞う

魔術士養成学校に通うシグが見つけ出した古い棺。蓋に刻まれた言葉を詠唱すると棺の中から一糸まとわぬ怜悧な美少女が現れた。
著者: 北元あきの (著者) / 近衛乙嗣 (イラスト)
シリーズ:竜王女は天に舞う(MF文庫J)

キミの評価を教えてね!

作品を購入する

  • BOOKWALKER電子版
  • Amazon紙書籍

あらすじ紹介

魔術士養成学校に通うシグは、学校から盗み出された「あるもの」をとり戻すため、チームメイトのロッテと飛行船に乗り込む。他のメンバーと合流し、犯人をとらえたシグたちが見つけ出した「あるもの」は、古い棺だった。シグがその蓋に刻まれた古い言葉を詠唱した途端、棺の中から一糸まとわぬ怜悧な美少女が現れた。彼女は、魔術によって七人に分割されたリンドブルムの一人、竜王女ルノアだった! シグはルノアとの契約により、伝説の叡智を求める戦い・ヴァルハラ舞踏会に巻き込まれていく。交差する魔術と陰謀と恋心。新人賞<佳作>受賞の蒼天世界ファンタジー、開幕!

みんなからのレビュー

  • 瀬愁

    意外と面白かった。主人公が例にもれずハーレム状態だが、キャラがそれぞれきちんと立っており、昨今のハーレムにありがちな空気キャラもおらず、地味ながら好印象を受けた。反面細部の作り込みが甘く、それでいいのか?と思う点も多々あった。前半は多発する矛盾と無駄なラブコメ路線に読み進めるのが若干苦痛だったが、後半からの勢いは良かった。それぞれのキャラに読者として納得できる行動原理があるので、感情移入もしやすかった。終章は若干お約束的な感じもしたが、全体的な流れは悪くなく、今後の展開も興味深いので続刊は購入予定。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • 彩雲

    展開や後始末などに色々微妙なものを感じる。特に魔法なのに一人一芸という点に強い違和感を感じてしまった。だが、空と雲に彩られた世界観は今後の活用が楽しみ。3人娘も可愛らしい。中でも、こんな幼馴染なら是非欲しい。独特の口調もなんか良い。それにしても竜王女たちの契りの言霊は実に素晴らしい遊び心。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • みどり

    随分と昔の本を引っ張り出してきた。一応完結していて、 全巻そろっていたので。 まぁ、新人さん(当時の)とはこの程度かな。悪くはないと思うけど。その後この人の作品を知らない。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • コリ

    設定や世界観が自分にとっては新鮮で、これからの展開が楽しみなシリーズ。ただシャルのキャラは個人的にあまり好きじゃないため、ルノアとリラの活躍に期待したい。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • シゲ

    ほぼジャケ買い。けしてつまらなくはないものの、今一歩。というよりもこういった完全異世界ものは長ければ長いほどおもしろいことが多々あり、これもまたおそらくその例に漏れない。というわけで次巻以降の展開に期待。 続きを読む…

    ネタバレあり
powered by読書メーター

製品情報

  • レーベル
  • 発売日
    2012/07/02
  • 定価
    580円+税
  • ISBN
    9784840130882

この作品についてる#タグ

感想をシェアしよう

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える
Close
この作品を評価しよう!
Excellent!!!
Very Good!!
Good!
評価入力した作品の著者とイラストレーターは新刊通知の対象として登録するよ。
1日1回集計してみんなのデータに反映するよ。
この作品の感想を3つ選択してね!
評価と感想はキミのパートナーが記憶するよ。
たくさん登録をしてね!
1日1回集計してみんなのデータに反映するよ。
Close
みんなの感想
Close
注意
この作品の「読んだ」を取り消しますか?
あなたの評価と感想が削除され、
本棚からこの作品がなくなります。
はい。取り消します。
キャンセル
注意
この操作を取り消しますか?
はい。取り消します。
キャンセル
エラー
通知登録するにはログインして下さい。
ログイン
キャンセル