恋は双子で割り切れない 2
読みたい読んだ
読みたい
読んだ

恋は双子で割り切れない 2

割り切れないからこそラブコメは続く? 双子姉妹の誕生日、どうする!
著者: 高村 資本 (著者) / あるみっく (イラスト)
シリーズ:恋は双子で割り切れない(電撃文庫)

  • BOOKWALKER電子版
  • Amazon紙書籍

あらすじ紹介

 わたしの妹は昔から賢くて、変わり者で、自由だった。
 純と付き合うよう仕向けたわたしの狙いにも容易く勘付き、結果、那織の策略によって三人のこじれた関係がリセットされるに至ったのが先日のこと。
 那織曰く、「単純明快な三角関係でしょ? 私はもう手加減しないからね」
 だからこれからは正々堂々の勝負……なはずだけど、やっぱりこじれてばかり。
 友達の慈衣菜は純に勉強教えて欲しいとか言い出すし、那織は機嫌が悪いみたいだし、純は恋愛そのものから距離を置こうとするし。わたしはと言えば、まだこの状況を素直に飲み込めなくて。
 そんな中、わたしたち姉妹の誕生日が近づいてくる。……だからちょっとだけわがままを言ってみたい。昔みたいに、キスをして、って。

みんなのデータ

  • 12
    評価する
  • 12
    読みたい

みんなからのレビュー

  • 海月

    2巻は自分の中で流行りのKindleにて読了。 相変わらず最高の物語でした(笑)と言うかそこで繋がるかーって何故か気持ちよく追われるこのストーリー展開は自分の知ってるラノベではこの作品だけですね。 とりま、今回のあらすじは双子の誕生日が近づきつつある中誕生日のプレゼント探しつつ新たなキャラのこの追試を主人公が教えてあげて恋が若干もつれつつも…いいとこなのでこれ以上は秘密だし自分も読み返すように全ては語りません。 ただ3巻確定のエピローグは期待大ですね☆次の巻は年末あたりかなぁ?これは応援します! 続きを読む…

    ネタバレあり
  • 芳樹

    会話劇をを中心にキャラクタそれぞれが持つ魅力を大いに引き出しここまで読者を惹きつける、作者の力量に唸らされます。今回も面白かった!三人の関係はリセットされたけど、やっぱり那織と琉実は純一筋で。一方純は二人が気になるけど恋愛から距離を置こうとして。そんな中に琉実の友人・慈衣菜が放り込まれるものだから一騒動。このやり取りが実に楽しい。部長の存在感も大きくなって、これからも物語にアクセントを加えてくれことでしょう。さて那織が何やら企んでいるようですが、これがこの先どう効いてくるのか。続きを楽しみに待っています。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • よっち

    昔から賢くて変わり者で自由だった那織の策略によっていったんリセットされた三人のこじれた関係。そこに流実の友人慈衣菜が純に追試の勉強を教えて欲しいと言い出す第二弾。思わぬ伏兵の出現に戸惑う流実、相変わらず機嫌の悪い那織、恋愛から距離を置こうとする純、そして彼らの関係にするりと入り込んできた慈衣菜の真意。リセットはされても双子が意識しているのは純で、一方どうすればいいか戸惑いはしても純にとって双子が大切な存在なのは間違いなくて、そんな三人の関係を知り尽くした上での慈衣菜を巡る深謀遠慮には唸らされました(苦笑) 続きを読む…

    ネタバレあり
  • なっぱaaua

    部長凄い。お隣さんでもあり面倒くさい双子姉妹と優柔不断サブカル男子の関係を描くラブコメ第二弾。琉実を通じてモデルの慈衣菜から勉強を教えて欲しいと頼まれ仕方なく対応する純。慈衣菜は奔放に見えながら心遣いが出来る一面があり、趣味は純や那織に近い事が分かる。琉実はバスケの試合が近く勉強には付き合えない。琉実は慈衣菜との相性が悪かろうと勉強の話を那織に隠す。そりゃ那織はイライラするよね。双子の心はしっかり純に向いているのにアプローチが全く違う。短い高校3年間をどう過ごすのか。~続く~ 続きを読む…

    ネタバレあり
  • アウル

    那織の策略により三人の拗れた関係が一応はリセットされたのだが事は早々簡単に収まることもなく、新たな火種も見られる第二巻。琉実の友人でモデルをしているギャルの慈衣菜が勉強を教えて欲しいと純に急接近していき那織は気が気でもなくなって暴走しそうになってるし、琉実は付き合っていたのモロバレだったし周りの話が結構語られた事により更に面白くなってきた印象。那織のサブカルな言い回しも少なくなり読みやすくなった感じ。個人的に慈衣菜のキャラ好きだな~。純とはええ友達関係・那織にお熱やろうだから今後も出番ありそうでありがたい 続きを読む…

    ネタバレあり
powered by読書メーター

関連情報

電撃文庫『恋は双子で割り切れない』

製品情報

  • レーベル
  • 発売日
    2021/08/06
  • 定価
    748円(本体680円+税)
  • ISBN
    9784049139419

感想をシェアしよう

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える
Close
この作品を評価しよう!
Excellent!!!
Very Good!!
Good!
評価入力した作品の著者とイラストレーターは新刊通知の対象として登録するよ。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
この作品の感想を3つ選択してね!
評価と感想はキミのパートナーが記憶するよ。
たくさん登録をしてね!
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
Close
Close
注意
この作品の「読んだ」を取り消しますか?
あなたの評価と感想が削除され、
本棚からこの作品がなくなります。
はい。取り消します。
キャンセル
注意
この操作を取り消しますか?
はい。取り消します。
キャンセル
エラー
ログインして下さい。
ログイン
キャンセル
成功
本棚の「読みたい」に追加しました。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
OK