負けヒロインが多すぎる!
読みたい読んだ
読みたい
読んだ

負けヒロインが多すぎる!

達観ぼっちの温水和彦は、クラスの人気女子・八奈見杏菜が男子に振られるのを目撃する。「私をお嫁さんにするって言ったのに、ひどくないかな?」これをきっかけに、あれよあれよと負けヒロインたちが現れて――?
著者: 雨森たきび (著) / いみぎむる (イラスト)
シリーズ:負けヒロインが多すぎる!(ガガガ文庫)

  • BOOKWALKER電子版
  • Amazon紙書籍

あらすじ紹介

「え? マケインって誰のこと?」

クラスの背景である俺――温水和彦は、あるとき人気女子・八奈見杏菜が男子に振られるのを目撃する。

「私をお嫁さんにするって言ったのに、ひどくないかな?」
「それ、いくつの頃の話?」
「4、5歳だけど」

それはノーカンだろ。
これをきっかけに、陸上部の焼塩檸檬、文芸部の小鞠知花など、負け感あふれる女子たちが現れて――?

「温水君。女の子は2種類に分けられるの。幼馴染か、泥棒猫か」
「なるほど、大胆な分類だ」

負けてこそ輝く彼女たちに、幸いあれ。
負けヒロイン――マケインたちに絡まれる謎の青春が、ここに幕を開ける!

みんなのデータ

  • 5
    評価する
  • 3
    読みたい

みんなからのレビュー

  • 芳樹

    こりゃ傑作。前評判通りの面白さでした。いみぎむる先生のイラストも最高。本作品にピッタリですね。さて、幼なじみの関係一つとってもそれぞれ違って、また負けパターンも色々で(負けた方には申し訳ないが)楽しく読ませてもらいました。「マケイン」たちのその後、という切り口が新しくて良いですね。読み進めて行って終着点がなかなか見えてこず、どうなっちゃうのと思いましたが、上手いことオチが付いて最後にくすりともうひと笑い。負けてから始まる青春だって良いじゃない。続編があれば嬉しい限りです。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • 星野流人

    めちゃくちゃおもしろかったです! 主人公とヒロインの恋物語の前に、儚くも散っていった負けヒロイン……そんな彼女たちにスポットライトを当てたラブコメ。まず負けヒロインたちが負けヒロインとは思えないくらい可愛くて魅力的で、だけど負けヒロイン故にどこか残念なところもあって。そんな彼女たちとのコミカルなやり取りは、読んでいてとても楽しいものでした。合宿に行ったりと楽しいイベントをこなしながら、一方で恋の切なさもしっかり描いているのが良かったです。負けヒロインもストーリーもイベントも全てが楽しい、最高のエンタメ作品 続きを読む…

    ネタバレあり
  • rotti619

    登場ヒロインが全員目の前で振られて、誰一人主人公に気持ちが一切向かっていないという、こんなコンセプトのラノベは初めて読んだ。まさに異色。でも、気持ちは向かっていないけど繋がっている。その関係を悪くないと思っている。その辺のさじ加減が素晴らしい。短期間なのに、主人公とヒロイン達と間に生まれた、思いを共有する仲間意識のような空気はこの作品を読む上でとても心地よいものにしている。最も主人公自身は誰にも告白していないし、振られてもいないのだが。その辺の不憫さも含めて、絶妙なバランスで成り立つ素晴らしい作品だった。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • かんけー

    読了♪冒頭?お約束のラノベとポテチ&コーラで読書シンキングタイム♪の筈が、どうやらここはファミレスの片隅。まず一敗目のプロ幼馴染み八奈見杏菜の負けっプリから(ー_ー;)...あら筋は飛ばして、二敗目焼塩檸檬[約束された敗北]wんで?三敗目、戦う前から負けてwいる小毬知花の撤退戦、個性的な振られヒロイン満載な今作♪特に八奈見、自分のペースに巻き込み?何時の間にか主導権握ってボッチ主人公を貶める(^_^;)温水和彦、完璧妹の手のひらで右往左往。八奈見の食欲旺盛さ、焼塩のズレたポジティブさ、小毬の拗らせイジイジ 続きを読む…

    ネタバレあり
  • kid

    達観ぼっちの温水和彦は、クラスの人気女子・八奈見杏菜が幼馴染・袴田草介に振られるのを目撃する。これをきっかけに、陸上部の焼塩檸檬、文芸部の小鞠知加など、個性豊かな負けヒロインたちに絡まれることに!温水くんと負けヒロイン達は、想いを共有する感じがとても良いです。それにしても温水くんは誰にも告白していないし、振られてもいないのだが…。負けてこそ輝く彼女たちに、幸あれ。負けヒロイン…マケインたちに絡まれる謎の青春が、ここに幕を開ける!今までにない不思議な物語。次巻も様々な負けヒロインが登場するのか?楽しみです。 続きを読む…

    ネタバレあり
powered by読書メーター

製品情報

  • レーベル
  • 発売日
    2021/07/21
  • 定価
    704円(本体640円+税)
  • ISBN
    9784094530179

感想をシェアしよう

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える
Close
この作品を評価しよう!
Excellent!!!
Very Good!!
Good!
評価入力した作品の著者とイラストレーターは新刊通知の対象として登録するよ。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
この作品の感想を3つ選択してね!
評価と感想はキミのパートナーが記憶するよ。
たくさん登録をしてね!
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
Close
みんなの感想
Close
注意
この作品の「読んだ」を取り消しますか?
あなたの評価と感想が削除され、
本棚からこの作品がなくなります。
はい。取り消します。
キャンセル
注意
この操作を取り消しますか?
はい。取り消します。
キャンセル
エラー
ログインして下さい。
ログイン
キャンセル
成功
本棚の「読みたい」に追加しました。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
OK