ぼくたちのリメイク 9
読みたい読んだ
読みたい
読んだ

ぼくたちのリメイク 9

いま何かを頑張っているあなたの為にある青春作り直しストーリー、第9巻!
著者: 木緒なち (著者) / えれっと (イラスト)
シリーズ:ぼくたちのリメイク(MF文庫J)

  • BOOKWALKER電子版
  • Amazon紙書籍

あらすじ紹介

「福岡に――いっしょに来てくれん?」体調を崩し倒れてしまったシノアキの付き添いとして福岡の実家へと向かった僕、橋場恭也。彼女が生まれ育った故郷を見て、家族と触れ合い、知らなかった一面を少しずつ知っていく。夜、連れてこられたのは彼女の亡くなったお母さんのアトリエだった。絵を描くことに向き合ってきたシノアキと家族との本当の関係性を知った僕は、一つの決断を下すことに――。大芸大では貫之、ナナコ、河瀬川、九路田、皆が一人一人で夢を追っていくなかシノアキを追い続けてきた斎川はとある異変に気付き……。青春作り直しストーリー、失ってしまったものを取り戻すための第9巻。

みんなのデータ

  • 14
    評価する
  • 8
    読みたい

みんなからのレビュー

  • 芳樹

    【電子】体調を崩し福岡に帰省することになったシノアキ。彼女に同行した恭也はそこでシノアキのルーツを知るのだが…。今回も熱い。本作品は巻を追う毎にどんどん熱量が上がってきますね。さて今回は、次のステップへ向けて舵を切るための重要な山場を迎えたように感じました。表現者たちが背負う業は重く時に自分自身を傷つける。でもそれがあるから人の心を動かす作品を作れるのだと改めて思いますね。チームメンバーを独り立ちさせ、次は自分の番と覚悟を決めた恭也は何を創り出すのか。これからの展開も目が離せません。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • よっち

    体調を崩し倒れてしまったシノアキの付き添いとして福岡の実家へと向かった橋場恭也。絵を描くことに向き合ってきたシノアキと家族の関係性を知った恭也が一つの決断を下す第九弾。シノアキの実家で知る彼女が抱える悩みの本質、恭也なしで作品を作り上げようとあがく貫之、ナナコの苦悩、新しいやり方を始めた恭也とシノアキに会いに来た斎川の想い。クリエイターとしてどうあるべきか、正論や理想なんて吹き飛ばしてしまう心揺さぶるその本質を突きつけられたら、目をそらすことなんてできないですよね…覚悟を決めたこれからの展開が楽しみです。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • アウル

    体調を崩した折れてしまったシノアキの付き添いとして福岡へ行く事となった恭也。そこでシノアキの家族と触れ合い、彼女の絵に対しての思いを知る事となる。一方その頃、貫之は二巻のプロットで苦しんだり周りでも色々と問題が起きており...な巻。今回はプラチナ世代の苦悩が書かれていて、確かに頼ったら楽やもんなと思いながらそれでも自らの力で切り開こうとする姿が良かったし、恭也もクリエイターとの向き合い方を新たに決意したな。道を違えた康の闇には触れることあるのかな?恭也のプロジェクトもどうなるか楽しみだわ。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • ひぬ

    シノアキと共に彼女の実家へと向かう事にな李、彼女のクリエイターとしての原点に触れる事になった恭也。シノアキの実家からの帰り道で方針を固めた恭也の苦渋の決断は少し切ない反面、やはりその決断はシノアキのある異変に繋がってしまいます。彼女の後ろ姿を見て走り続けていたからこその斎川の失望には抉られましたが、その言葉を受けての「秋島シノ」が目覚めます。「普通」から離れ、クリエイターとして成長を再び始めたシノアキとは得体の知れない何かを感じます。距離は近付いたけれども、同時に離れたと実感せざるを得ません。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • オセロ

    シノアキと共に福岡に向かった恭弥はシノアキがイラストレーターを志す理由と共にその危うさを知った一方で、ナナコと貫之もクリエイターとして自立する為に足掻いていた。プロデューサーとしてシノアキの健康を考えながら絵の仕草を提供する恭弥と、クリエイターとして自らの絵でシノアキの心を動かした斎川。やはりクリエイターを動かすのはクリエイターなんだなと。そして動きだしたプラチナ世代の皆と一緒に地獄の道を進むことを決めた恭弥の今後が楽しみです。 続きを読む…

    ネタバレあり
powered by読書メーター

製品情報

  • レーベル
  • 発売日
    2021/07/21
  • 定価
    704円(本体640円+税)
  • ISBN
    9784046806086

感想をシェアしよう

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える
Close
この作品を評価しよう!
Excellent!!!
Very Good!!
Good!
評価入力した作品の著者とイラストレーターは新刊通知の対象として登録するよ。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
この作品の感想を3つ選択してね!
評価と感想はキミのパートナーが記憶するよ。
たくさん登録をしてね!
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
Close
Close
注意
この作品の「読んだ」を取り消しますか?
あなたの評価と感想が削除され、
本棚からこの作品がなくなります。
はい。取り消します。
キャンセル
注意
この操作を取り消しますか?
はい。取り消します。
キャンセル
エラー
ログインして下さい。
ログイン
キャンセル
成功
本棚の「読みたい」に追加しました。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
OK