義妹生活 3
読みたい読んだ
読みたい
読んだ

義妹生活 3

兄妹として、初めての夏休み。一歩ずつ歩み寄っていく二人の、大切な日々。
著者: 三河ごーすと (著者) / Hiten (イラスト)
シリーズ:義妹生活(MF文庫J)

  • BOOKWALKER電子版
  • Amazon紙書籍

あらすじ紹介

悠太と沙季が義理の兄妹になって初めて迎える夏休み。
何故か悠太が働く書店に履歴書を出した沙季は、アルバイトの後輩として働き始めることに。
兄ではなく、先輩として彼女と接していくにつれて、悠太は今まで見えていなかった、沙季の新たな一面に気づいていく。
そんなある日、同じシフトで働く読売栞が、沙季の様子にひとつの不吉な兆しを見出す。
「あの子の真面目で自分に厳しい、甘えられない性格は、いつかあの子自身を壊してしまうかも」
決断を迫られる悠太。
期待しない、干渉しすぎない――その約束を破り、彼女の在り方に影響を与えてしまうような介入をすべきか、否か。
兄として選んだ“選択”とその結末は……? 


初回限定版特典 綾瀬沙季(CV.中島由貴)&読売栞(CV.鈴木みのり)ASMR『義妹と先輩に挟まれて』付き!
※初回版限定特典は紙本のみに付属します。
※特典は無くなり次第終了となります。

みんなのデータ

  • 22
    評価する
  • 14
    読みたい

みんなからのレビュー

  • 皐月

    『兄妹として、初めての夏休み。一歩ずつ歩み寄っていく二人の、大切な日々。』悠太と沙季が義理の兄妹になって初めて迎える夏休み。何故か悠太が働く書店に履歴書を出した沙季は、アルバイトの後輩として働き始めることに。兄ではなく、先輩として彼女と接していくにつれて、悠太は今まで見えていなかった、沙季の新たな一面に気づいていく。ある日、同じシフトで働く読売栞が、沙季の様子にひとつの不吉な兆しを見出す。物語のターニングポイントになる3巻。タイトルである「義妹生活」に籠められた本当の意味が明らかになります。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • ヒロロシ33

    電子版で読みました 夏休みも残り少ない8月後半、友達の奈良坂真綾からプールに行こうと誘われる綾瀬沙希、浅村悠太も一緒にと。 沙希は勉強やバイトでそんな暇はないと悠太に言うが、沙希が無理をしているのではないかと悠太が思い始め、なんとかプールに行くことを説得する。結果楽しめて良かった。 真綾は面倒見が良いよね。 もう沙希?の日記は読めなくなるのかなぁ?お互い想いを寄せているのに、関係性壊したくないので我慢 沙希が髪を切り、義妹として自分の気持ちを殺してお兄さんと呼ぶ事にした。これからどうなるか楽しみ 続きを読む…

    ネタバレあり
  • 芳樹

    あとがきにある通り、まさに『神回』と言える今回でした。明らかになった標題の意味に震えが来ます。悠太への気持ちに気が付いてしまった沙季はその初めての想いを封印し、沙季へ向ける感情に名前を付けた悠太はそれを鎮める決意をする。「兄さん」とあえて悠太を呼ばなければならない沙季の葛藤が心に突き刺さる。義兄妹として二人は自分の本当の気持ちにどう向き合っていくのか。続きが待ち遠しいです。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • よっち

    何故か悠太が働く書店にアルバイトの後輩として働き始めることになった沙季。そんな二人が義理の兄妹になって初めての夏休みを迎える第三弾。バイトを通じて沙季の新たな一面に気づいていく悠太、同じシフトで働く読売栞が指摘する一見優秀に見える沙季の危うさ。共有する時間が増えて、お互い意識していることを自覚してゆく展開でしたけど、やはり今までの距離感を踏み越えれば、それが転機に繋がるのは必然で、義理の兄妹だからこそ抱く危機感と、思い切った彼女の決断がどんな展開に繋がるのか…もどかしい二人の今後が気になって仕方ないです。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • なっぱaaua

    素晴らしい。お互いへのリスペクトをきっかけに今度は悠太が恋心に気付く巻。今度は沙季が心に蓋をする。両片想いではあるのだが、義兄妹であるからこそ両親の幸せを願いたい。よって恋心は封印する。悠太が陰キャだと自己評価しているけど、沙季が感じる様に悠太はコミュ力高いと思うよ。「気くばり力」があって社会人としては優秀ではないかな。読売先輩の大学生としての意外な一面も見れて楽しかったし、悠太の初めての恋の感じ方は素敵だった。そして沙季の「兄さん」というセリフにはグッときました。~続く~ 続きを読む…

    ネタバレあり
powered by読書メーター

製品情報

  • レーベル
  • 発売日
    2021/07/21
  • 定価
    682円(本体620円+税)
  • ISBN
    9784046806079

感想をシェアしよう

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える
Close
この作品を評価しよう!
Excellent!!!
Very Good!!
Good!
評価入力した作品の著者とイラストレーターは新刊通知の対象として登録するよ。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
この作品の感想を3つ選択してね!
評価と感想はキミのパートナーが記憶するよ。
たくさん登録をしてね!
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
Close
Close
注意
この作品の「読んだ」を取り消しますか?
あなたの評価と感想が削除され、
本棚からこの作品がなくなります。
はい。取り消します。
キャンセル
注意
この操作を取り消しますか?
はい。取り消します。
キャンセル
エラー
ログインして下さい。
ログイン
キャンセル
成功
本棚の「読みたい」に追加しました。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
OK